非行の種は3歳までに植えられる!? 防止策は……

投稿日:2021-02-06 更新日:

非行の種は3歳までに植えられる?

「イラっ」とした時、ついつい表情に出してしまうことってありませんか?

そんな時、よく「ひと呼吸おいて笑顔にすると気持ちが落ち着く」と言われます。

…が、イライラしてる時はイライラする!
ママだって人間だし、いつもニコニコしていられませんよね。

そんな時、私は声を出してわざと笑います。

大げさに笑うと楽しくなって子供も私も笑顔になる

わざと声に出して、大げさに笑うと楽しくなってきて、いつの間にか子供も私も笑顔になります。

そして、そこから話をするのです。「ごめん。ママ忙しくてイライラしてたね。」と。

大概、私がイラっとする時は私に理由があります。

イライラがピークの時は素直に笑顔になれない自分がいます。

そこで声に出して笑うのです。効果抜群です。

子供が親の愛情を感じる時は笑顔の時!

非行の種は3歳までに植えられる?
子供は親からの笑顔で愛情を感じると言われています。

ご飯を作ったり一緒に遊んだりしていても、表情が険しいと子供のためにやってるのに子供は愛情を感じないそうです。

怒った顔で子供と遊んでいても、お互い楽しくないですよね。。。

笑顔は安心感を与え信頼関係を増幅し免疫力も増やす

笑顔は安心感を与え、信頼関係を増幅し、免疫力も増やすとか。そして笑顔は愛を生みます。

愛されて育った子供は人を愛することのできる人に成長し、人を愛することができる人は愛のある家庭を築くことができるようです。

笑顔って本当に魔法なんです!

今からでも間に合う! ママの笑顔が非行防止に

ママの笑顔が非行防止につながる
非行の種は3歳までに植えられるそうです。

この種を持ってる子はいつか芽が出て……。

そんな非行の種を防ぐことができるのも笑顔だそうです。

「うちはもう3歳を過ぎちゃったから手遅れかも…。」と思っていますか?

大丈夫です!

非行の種から芽が出ないように笑顔

非行の種から芽が出ないように笑顔の水を与え続ければいいんです。

非行の芽が出ていても花を咲かせないようにすればいいんです。

ママの笑顔は子供の成長には欠かせないものです。たくさん笑って、お子さんをたくさん抱きしめてあげてください。

親がよく笑っている家庭は、子供が笑顔になる機会も増えます。また、子供が成長していくにつれて抱きしめる機会は減っていきます。

いまという瞬間を大切に過ごしてくださいね。笑顔に溢れた幸せな家族が増えますように!


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

ハーブティー風邪予防

風邪のひき始めにハーブティーとアロマでケアをしよう

冬本番の時期が近づいていますが、この季節は乾燥が気になる季節でもあり、風邪をひきやすくなる原因でもあります。 風邪はひき始めの予防が良いと言われてますが、ハーブやアロマでも予防が可能です。 日本では風 …

0歳でも1歳でも大丈夫! 赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん☆ねんねトレーニングBOOK

春からの保育園入園&復職のカギ! 「ねんねトレーニング」がママを救う

新年度が始まり、保育園にお子さまがご入園されたパパ・ママ、おめでとうございます! 子どもの入園を機に復職し、自分自身も新生活が始まったというママも多いでしょう。久しぶりの会社での仕事の準備、病気のとき …

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

【第4話】コロナで緊急事態宣言が出されても…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 当たり前ですが365日を淡々と過ごすって簡単なようでとても大変なことだと思います。 特に今はコロナウイルスの影響で普通の生活 …

これで解決!ママのイライラを笑いに変換する方法

どうしていいかわからないイライラ。 体調不良、嫌な事があった、疲れたなど、いつもと違う自分に寛大になれない。 いつもは許せる子どもの行動もイライラーーー!と・・・。 子どもに当たってしまう事もあります …