つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

投稿日:2019-03-05 更新日:

流産死産体験談
流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。
日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりますよね。
決して人ごとではなく、誰に起きてもおかしくないことなのです。

姉妹サイトママニティで、497人もの流産・死産経験者が、つらい体験を話してくださいました。
本当にありがとうございました。

やり場のない悲しみ、怒り、喪失感…この気持ちを少しでも、みなさんと分かち合えればと思います。

※ショッキングな内容もありますので、ご了承の上、読み進めてください。

Q.流産・死産時の週数をおしえてください
Q.受診前に、出血や痛みなど自覚症状や兆候はありましたか?
Q.流産死産をどのように医師・看護師から告げられましたか?
Q.流産・死産の後はどのように過ごしましたか?

Q.流産・死産時の週数をおしえてください

流産死産周数

  • [~11週/流産] 80%
  • [12~21週/流産] 11 %
  • [22~27週/死産] 4%
  • [28~43週/死産] 5%

医学的には、妊娠11週までの流産を「早期流産」、12~21週を「後期流産」、22週以降を「死産」といいます。
多くの人が、妊娠11週までの「早期流産」でした。しかし、さらに週数が進んでからの流産・死産も、思っている以上に多いようです。

一般的に、11週までの「早期流産」の原因でもっとも多いのは、胎児の染色体異常。21週までの「後期流産」は染色体異常の他、子宮内感染も多いそう。一方、死産は、母体のトラブル、胎盤・臍帯のトラブル、胎児の疾患と、原因は多岐にわたります。

ただし実際は、原因不明が圧倒的多数。胎児の病理解剖をしても、わからないケースも多いようです。

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)は20代後半~30代の女性向けメディアサイトです。
ちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。
35style編集部では一緒にメディアを盛り上げてくれるライターさんを随時募集しています。応募や詳細は各SNSのDMでも受付けております!
1/3ページ

関連記事

【第4話】コロナで緊急事態宣言が出されても…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 当たり前ですが365日を淡々と過ごすって簡単なようでとても大変なことだと思います。 特に今はコロナウイルスの影響で普通の生活 …

人間関係ツラくない?「自分が我慢すればいい」の考えが引き起こすこと

みなさんは人間関係で悩み、自分を抑えていることはありますか? イヤだなあと思いながらも、事を荒立てさせたくないから、「自分が我慢すれば」という思考になっていませんか? そんな「自分さえ我慢すればいい」 …

【第4回】これぞ究極の時短料理!? 義母が作る“おふくろの味”が突っ込みどころ満載

こんにちは!シャーミーです。 満を持して、義母の登場です。 夫の母、私にとっては義母。電車で40分くらいのところに住んでいて、月に一回会う程度。 とってもパワフルで明るくて面白い人です。 例えるなら、 …

冷え性改善、ダイエットにも!?生姜(しょうが)の嬉しい健康効果5つ

みなさん、生姜(しょうが)は好きですか? 生姜は生のままだと食べづらいので、普段はあまり食べないという人も多いかと思われます。 生姜は体を温める効果があり、風邪が流行る時期には生姜キャンディー、生姜湯 …

ウル得マンで子どもや主婦に大人気!犬の心いけやさんインタビュー

犬の心 いけや賢二さん (写真右) バイト時代に培った料理テクニックは、超一流。 テレビではその腕を生かし、たった30分で何品もの絶品料理を作り出す「ウル得マン」としておなじみの「犬の心」・いけや賢二 …