【子供の偏食】簡単に改善できる3つの方法

投稿日:2018-04-16 更新日:

【子供の偏食】簡単に改善できる3つの方法

「きゅうりキライ!」
「ピーマン嫌い!」
「トマト食べたくない!」
「ニンジンもイヤ!」
「お魚じゃなくてお肉がいい!」

子供の偏食に悩まされているママ、本当に多いですよね。

そんなママのお悩みが3つの簡単な方法で解決するかもしれません。

忙しいママであってもスグにできる3つの方法を試すことで、子供の偏食は改善できる可能性があるのです!

その簡単な3つの方法とはどのようなものがるのでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

偏食対策1:親が子にプレッシャーをかけない

偏食対策1:親が子にプレッシャーをかけない
「ちゃんと食べなさい!」
「お菓子ばかり食べちゃダメ!」

子供にこのようなプレッシャーを与えると、短期的には食べるようになっても、長期的には子供の好きな食べ物の数が少なくなるという研究結果が出ています。

今、ご飯を食べる時、子供にプレッシャーをかけていませんか?

ママのその一言が、子供の偏食を悪化させているのかもしれません。

偏食対策2:食べ物を身近に置いておく

偏食対策2:食べ物を身近に置いておく
これは嫌いな野菜がある2歳~6歳の子供に行った研究結果なのですが、食事の際に目の前に置くだけで、その野菜が好きになったというのです。

食べるように催促したり、その食べ物のことを話題にあげたりしていません。

目の前に置くだけ!

「本当?」と思うかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

意外と簡単に子供の偏食が直りやすくなるかもしれません。

偏食対策3:食べ物は食べやすく

偏食対策3:食べ物は食べやすく
食べ物がすぐに食べられる状態に準備されていると、子供はその食べ物を食べる量が増えるという研究結果があります。

そういえば。

ゴボウやジャガイモが嫌いという子供のママ(私の友人)は、時間がある時にゴボウやジャガイモの皮を使って野菜チップスを作り続けたところ、どちらも食べられるようになったと言っていました。

野菜チップス

「すぐ食べられる」って、子供には偏食が改善するほど魅力的なことなのかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

子供にとってプラスになるような食環境を与えてあげることが偏食対策になる

野菜や果物を食べる量に関する研究において、子供は今までに食べたことのないものを嫌う傾向があることも分かっています。

これらの方法を使いながら、子供にとってプラスになるような食環境を与えてあげたいものですね。

 

【参考】ママニティ大百科, 内閣府ホームページなど


ライター:美郷(misato)
お酒&お肉LOVEの妊活中ライター。2つ年上の旦那と東京で2人暮らし。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子供を妄想しつつ世界各国の育児ノウハウを収集中!


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-ライフスタイル
-,

関連記事

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング内容料金

離婚へ進む前の砦≪夫婦カウンセリング≫とは? ~内容・料金~

夫婦関係に悩み、限界を感じたとき、「離婚しかない……」という考えに進むのはちょっと待って。 離婚の前に、試してほしいことがあります。 それが「夫婦カウンセリング」です。 「夫婦仲に悩んでいる」 「夫婦 …

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

子供と過ごす時、絵本はとても手軽に楽しめます。 たった1冊でも、ほんの数分でも、読んでいる間だけはその絵本の世界に旅をして、再び現実に戻ってくるような満足感があります。子供にとっては発見の連続。 好奇 …

この決断に至ったとき、次はなにをしなきゃいけない?(photo by Africa Studio/fotolia)

子供には悪いがそれでも離婚したい、というあなたへ

厚労省が出している人口動態統計によると2014年における国内の離婚件数は約22万件強、そのうち20歳未満の子がいる離婚件数は約13万件にのぼります(参考:e-Stat上の人口動態統計)。 離婚は子供に …

静かに出来る子と出来ない子の差は”ここ”にあった!

「静かにしなさい!」この言葉を何度我が子に言ってきた事か。 小さい頃は言う事はきかない。特に、男の子は元気でやんちゃ。それは当然の事にように思っていました。 が、あるVTRを撮影する時に、もしかしたら …