しつけ 子育て

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

投稿日:2018-04-05 更新日:

子供を叩かない3つの極意

しつけのため?
言うことを聞かないから?

頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。

スウェーデンストックホルム

一方で、育児支援の世界的なモデルとなっているスウェーデンでは子供を叩かない子育てが浸透しつつあります。

子供を叩かなくてもうまくいく子育てとは、どのようなものなのでしょうか。

今回はスウェーデンでの子育てをお手本に、子供を叩かずに育てる際の極意3つを紹介します。

叩かない極意1:ママ自身が落ち着く

叩かない極意1:ママ自身が落ち着く

子供を叩いてしまう時って、ママ自身の衝動が抑えきれなくなって咄嗟に……ということ、ありませんか?

ですから、子供を叩きそうになったら、まずは子供から少し離れましょう。

そして、大きく深呼吸をしてみましょう。

子供の記憶力が未熟で覚えていられない

ママに怒られるようなことを子供が繰り返してしまうのは、子供の記憶力が未熟で覚えていられないという可能性もあります。

子供に悪気はないのです。

まずは、ママが冷静になりましょう。

叩かない極意2:子供に伝わる口調で叱る

叩かない極意2:子供に伝わる口調で叱る
ママが子供を叱る時に、伝えたい思いが強いせいか、どうしても大声になりがちです。

しかし、特に男の子にとっては、大声よりも効き目がある叱り方があります。

それは何かというと、目を合わせ、低い声で最初のひとことで叱ること。

男の子の場合には、こちらのほうが効果的です。

女の子の叱り方

ちなみに、女の子はどうすると伝わりやすやすいかというと、「自分が悪いことは分かっているのよね?」という前提であることを示しながら優しい口調で叱ること。

女の子の場合には、こちらのほうが効果的です。

この叱り方を続けていくことで、子供の理解が進み、ママが叩かなければならないというシーンも徐々に減っていくでしょう。

叩かない極意3:指摘をする時には具体的に

叩かない極意3:指摘をする時には具体的に
「ダメ」という結論を繰り返し子供に伝えても、伝わらずに繰り返されることが少なくありません。

ですから、子供を叱る時には、どうして欲しいのかということを具体的に子供に言いましょう。

そうすることで、子供は自分の力で「こうすれば怒られない」という方向性を考えるようになります。

学習するきっかけを与えるということです。

子供の健やかな成長
いかがでしたか?

最初は難しいものもあるかもしれませんが、意識的に取り入れることで、叩かずに子育てできるようになっていくのではないでしょうか。

とはいえ、最初のうちは子供を叩いてしまうこともあるでしょう。

そんなときには、すぐに子供を抱きしめましょう。

そして、子供を抱きしめながら「ごめんなさい」「ママはあなたが大切よ」と伝えてあげてください。

子供が健やかに成長するためにも叩かない子育て実践していきたいものですね。

 

【参考】ママニティ大百科, 日経DUALなど


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-しつけ, 子育て

関連記事

子どももママも楽しい♪困った時は●●選手権で切りぬける!

子どもと一緒にいると困ることってありませんか? 例えば、掃除。 掃除をしているそばからおもちゃを出したり、部屋を汚したり。。 お母さんにとっては結構ストレスだったりしますよね。 「片づけているんだから …

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。 知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。 え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子ども …

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

隠れてオマタを触る娘…。親としては少し受け入れがたいものですよね。 オマタへの興味は成長の証ですが、ばい菌が入ったりなどトラブルがあっては困ります。 親としてはどのように対応すれば良いので …

子どもの「これ買って」攻撃は”選択をさせる”で解決!

子育て中の方が経験する、子どもの「これ買って」攻撃。 これ、本当に困りますよね。 おもちゃ売り場、スーパー、場所をわきまえず子どもが攻撃してくる。 いつもは可愛い我が子が嵐のように泣き、岩のように動か …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …