しつけ 子育て

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

投稿日:2018-04-05 更新日:

子供を叩かない3つの極意

しつけのため?
言うことを聞かないから?

頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。

スウェーデンストックホルム

一方で、育児支援の世界的なモデルとなっているスウェーデンでは子供を叩かない子育てが浸透しつつあります。

子供を叩かなくてもうまくいく子育てとは、どのようなものなのでしょうか。

今回はスウェーデンでの子育てをお手本に、子供を叩かずに育てる際の極意3つを紹介します。

叩かない極意1:ママ自身が落ち着く

叩かない極意1:ママ自身が落ち着く

子供を叩いてしまう時って、ママ自身の衝動が抑えきれなくなって咄嗟に……ということ、ありませんか?

ですから、子供を叩きそうになったら、まずは子供から少し離れましょう。

そして、大きく深呼吸をしてみましょう。

子供の記憶力が未熟で覚えていられない

ママに怒られるようなことを子供が繰り返してしまうのは、子供の記憶力が未熟で覚えていられないという可能性もあります。

子供に悪気はないのです。

まずは、ママが冷静になりましょう。

叩かない極意2:子供に伝わる口調で叱る

叩かない極意2:子供に伝わる口調で叱る
ママが子供を叱る時に、伝えたい思いが強いせいか、どうしても大声になりがちです。

しかし、特に男の子にとっては、大声よりも効き目がある叱り方があります。

それは何かというと、目を合わせ、低い声で最初のひとことで叱ること。

男の子の場合には、こちらのほうが効果的です。

女の子の叱り方

ちなみに、女の子はどうすると伝わりやすやすいかというと、「自分が悪いことは分かっているのよね?」という前提であることを示しながら優しい口調で叱ること。

女の子の場合には、こちらのほうが効果的です。

この叱り方を続けていくことで、子供の理解が進み、ママが叩かなければならないというシーンも徐々に減っていくでしょう。

叩かない極意3:指摘をする時には具体的に

叩かない極意3:指摘をする時には具体的に
「ダメ」という結論を繰り返し子供に伝えても、伝わらずに繰り返されることが少なくありません。

ですから、子供を叱る時には、どうして欲しいのかということを具体的に子供に言いましょう。

そうすることで、子供は自分の力で「こうすれば怒られない」という方向性を考えるようになります。

学習するきっかけを与えるということです。

子供の健やかな成長
いかがでしたか?

最初は難しいものもあるかもしれませんが、意識的に取り入れることで、叩かずに子育てできるようになっていくのではないでしょうか。

とはいえ、最初のうちは子供を叩いてしまうこともあるでしょう。

そんなときには、すぐに子供を抱きしめましょう。

そして、子供を抱きしめながら「ごめんなさい」「ママはあなたが大切よ」と伝えてあげてください。

子供が健やかに成長するためにも叩かない子育て実践していきたいものですね。

 

【参考】ママニティ大百科, 日経DUALなど


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-しつけ, 子育て

関連記事

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …

【朝の支度が遅い】ADHDやアスペルガー症候群の「過集中」が原因かも?

子どもの支度が遅い、と悩んだことはありませんか? 保育園や幼稚園、小学校の登校前やおでかけの時など、支度が遅くなかなか準備が進まない…。 遅刻しては困りますし、その様子を見ている親もだんだ …

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …