家事ノート

凍ったフロントガラス、熱湯かけると危険? 効果的な除去方法は

投稿日:2018-11-27 更新日:

寒い日の朝、停めていたクルマのフロントガラスに霜がつくことがありますが、お湯をかけてこれを溶かすのは危険です。効果的に除去するにはどのような方法があるのでしょうか。

傷のあるフロントガラスならば、もっとヤバイ!

真冬の朝などには、屋外に停めていたクルマのフロントガラスに霜がびっしりつくことがあります。

よく晴れた冬の朝には、放射冷却の影響でフロントガラスに氷がつきやすい(画像:Albertus Engbers/123RF)。

お湯をかけて溶かそうと考える人もいるかもしれません。しかし、カー用品量販店「オートバックス」を展開するオートバックスセブン(東京都江東区)によると。この方法は危険だといいます。同社に話を聞きました。

――フロントガラスにお湯をかけてはいけないのはなぜでしょうか?

割れる可能性があります。すぐに溶かしたいと熱湯をかける人もいるかもしれませんが、ガラスは急激な温度変化に弱いものです。なかでもクルマのフロントガラスは面が大きく厚みがないので、割れやすいといえます。たとえば、飛び石などで少しダメージを受けているようなガラスに熱湯をかければ、そこからピキピキと、ひび割れが全体に広がる可能性があります。

――効果的な除去方法はどのようなものでしょうか?

液体やスプレータイプの解氷剤を使って落とすことでしょう。スクレイパー(へら)を使ってこそげ取っていくのも一般的です。この方法は、傷がつくなどの理由で避ける人もいますが、最近ではメガホン型のスクレイパーなど、やりやすさを考慮したものもあります(編集部注:メガホン型は円筒のふちをガラスにあて、円を描くようにして広い範囲の霜を除去できる)。

お金をかけずに霜を取る方法は?

――お金をかけない方法としては、どのようなものがあるでしょうか?

湿らせたタオルやマイクロファイバーで少しずつこすっていくことは、大変かもしれませんがクルマには優しい方法です。あとは、夜のうちにフロントガラス用のカバーや、使わなくなった毛布などをかけて、なるべく凍らせないことでしょうか。

クルマのデフロスター(霜取り)で溶かしていくことも、時間はかかりますが、エンジンが暖まっていない状態から徐々に温度を上げていきますので、お湯をかけるよりはよい方法です。ただ、暖気が当たらない部分との境目でガラスに温度差が生じ、場合によってはひび割れの原因になるともいわれます。

※ ※ ※

熱湯がダメでも、ぬるま湯ならば、と思う人もいるかもしれません。しかし、「ぬるま湯でもガラスに温度変化を与えるのは変わりなく、ガラスにどこかしらダメージがあった場合などには割れる懸念があるといえるでしょう」(オートバックスセブン)といいます。また、ウインドーウォッシャーを使ってワイパーでふき取ることも、そもそもワイパーが凍っているので「ビビり」(ふき取る際に異音が出ること)の原因になるそうです。

【了】

【写真】氷はスクレイパーでこそげ落とす

スクレイパーはへら状のものから、柄の長いほうきのようなもの、メガホン状のものまでさまざまな形状がある(画像:sima/123RF)。

 

 


 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

そうだったのか! 「卵」と「玉子」の使い分け方

「卵かけご飯」は「卵」なのに「玉子丼」は「玉子」――。毎日の食卓に欠かせない「たまご」にはどうして2つの漢字が存在し、どのように使い分けられているのでしょうか。今回は、たまごの「謎」に迫ります。 「卵 …

「卵」は冷蔵庫に入れるべき? それとも、常温保存すべき?

日々の料理に欠かせない「卵」。皆さんは、冷蔵庫の専用ポケットで保存していますか、それとも常温保存していますか。スーパーなどでは、常温に置かれているのをよく目にしますが、そもそも卵は常温保存できるのでし …

幼稚園選びは「運動会」を見学すると失敗しない…その“理由”に共感の声、専門家に聞く

「幼稚園を選ぶ時は、運動会を見学すると保護者の雰囲気がわかる」との投稿がSNS上で話題に。「保護者までは見てなかった」「送り迎えしてるママの観察もオススメ」などの声が上がっていますが、専門家の見解はど …

抜け毛が気になる…原因は太陽かも!? 春から注意したい「紫外線ハゲ」とは

肌のシミやシワの原因として知られる紫外線。実は、抜け毛の一因でもあることをご存じでしょうか。紫外線量が増えるこの季節、髪や頭皮に必要な紫外線対策を解説します。   紫外線で薄毛になる原因と対 …

「入院1日あたり○○円」のがん保険に潜む“困窮”という落とし穴

がんになって長期の治療をする割合は3割程度。このリスクに対し、これまでは「入院1日○○万円」という保険が主流でしたが、「入院の短期化」が進んだことで異なるタイプの保険が登場しています。がんへの備えは万 …