みんなのお金事情 生活費

妻からのひとこと次第!? 旦那の年収をググっと上げる秘訣

投稿日:2018-12-31 更新日:

旦那の年収,夫婦
専業主婦はもちろん、共働きの家庭でも旦那の年収がいくらか気になる人は少なくありません。

多額の年収をGETできている雰囲気があるなら良いのかもしれませんが、問題なのは得ている年収がイマイチな雰囲気を漂わせているケース。

ニュースでは色々な報道がなされていますが、すんなり年収が上がる世の中だとは思えませんよね。
しかし、一緒に生活をしている妻からの「さりげないひとこと」が旦那の年収アップに繋がるようです。

上手く使えば簡単に旦那の年収をググっと上げられるかもしれません。

どのようなひとことが効果的なのか、具体的に見ていきましょう。

年収アップひとこと1「お小遣いは年収に比例ね!」

旦那の年収,夫婦
どんなに頑張ってもお小遣いが定額だなんて…家族のためとはいえ、あなたがそうだったらイヤなのでは?

例えば、お小遣いを年収の10%など比例制度にしてみるのはいかがでしょうか。

頑張った分だけお小遣いが増えますから、家族のためだけではなく自分の為にも、年収を上げようと旦那も気合いが入るはずです。

年収アップひとこと2「今日は1日ゴロゴロしていてね!」

旦那の年収,夫婦
カリフォルニア大学ロサンゼルス校で2004年~2006年にかけて行われた研究があります。

その研究結果によると、男性は女性が頑張って家事をしている姿を見ていると、ストレスに反応して分泌される『コルチゾール』という物質が減るそうです。

つまり男性は女性が頑張っている姿を見るとストレスが減るのです!

女性としては家事をパートナーと一緒にやりたいと思うかもしれません。

しかし、旦那にゴロゴロする時間を明確に与えてこそ、旦那にストレスが軽くなり、年収が伸びていくのかもしれません。

年収アップひとこと3「私も嬉しい!」

旦那の年収,夫婦
日頃、家庭内で仕事の話をしない旦那も、良いことがあれば、あなたに報告するはず。

そんな時には「すごいね!」「おめでとう!」という言葉と一緒に「私も嬉しい!」と伝えてみて下さい。

男性には、自分が好きな人が喜ぶ姿を見ることで「もっと喜ばせたい」と気合いを入れて頑張る性質があります。

喜ぶ姿を見たいために旦那は更に仕事にまい進し、結果、年収が上がりやすくなります。

四柱推命

いかがでしたか?

どれもすぐに取り入れられそうな、そして、とても簡単なひとことでしたよね。
男性は子供と同じで褒めた方が成長すると言われています。

出来る旦那は妻次第!?あなたのひとことで旦那の年収をググっと上げてみて下さい!

【参考】GIGAZINE,AllAboutなど


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 生活費
-

関連記事

【アンケート】お子さんのために、月にいくら貯金している?

将来、進学するときに必要になってくるお金。 学費の総額は私立・公立どちらを選択するかによって大きく変わってきますが、幼稚園~大学までオール公立を選択しても1,000万円ほど、オール私立だと2,000万 …

専業主婦と共働き、貯蓄が多いのはどっち?

専業主婦世帯と共働き世帯、どちらの貯蓄が多いと思いますか? 「ふたり分の収入がある共働き世帯の方が貯蓄は多いにきまっている」 そう思っている方が多いのではないでしょうか? ところが、金融広報委員会の『 …

お金持ちも夢じゃない!年収をアップする方法

今より年収をアップさせたい。 とはいっても、今の会社では年功序列が慣習になっていて、そんなに簡単には今すぐ年収を上げることはできない。 諦めかけているそこの皆さん!実は、今からでもきちんと基礎を学びス …

2018年貯金事情

みんなの“貯金事情”気になる! 2018年はお金貯まった? 使った?

お金のことって、人にはなかなか聞けないことですよね? 「貯金いくらある?」なんて言葉が出たら、その場が凍りつくかも……。 でも、正直気になる、みんなの貯金事情。 そんな中、2018年11月に、金融広報 …

日本の消費税が10%へ!世界と比較してみる消費税事情は?

日本の消費税が10%へ!世界と比較してみる消費税事情は?

2019年10月から日本の消費税は8%から10%へと変わりました。 2014年に8%へと引き上げてから約5年ぶりの増税となります。日本の消費税は徐々に上がり続けているために、どことなく「高額」なイメー …