日本と「子どもが世界一幸せな国」にはこんな違いが!?

投稿日:

日本は、育児がしやすい国ですか?

仕事がしやすい国ですか?

それぞれの国の文化の違いはありますが、海外では「日本は育児がしにくい国」と言われる事が多いそう。

例えば、日本とアメリカの育児ではこんな違いがあるそうですよ。

日本とアメリカの育児の違い

ベビーシッターの活用

アメリカでは12歳以下の子供だけで留守番をさせることは違法になるので、多くの家庭は、「ナニー」と呼ばれるベビーシッターを雇っています。

子どもと四六時中一緒にいる日本とは違い、自然に母親だけの時間が作れる環境にあるようです。

子連れでの電車

子どもが車内で泣いていると、周りの冷たい視線が気になってしまう時がありますよね。

アメリカでは、車内では静かにするという習慣がない為、子どもの泣き声を気にする人はあまりいないようです。

常に周りを気にする

日本では、「公共の場では周りの迷惑にならないように」と子どもをしつけている家庭が多いのではないでしょうか。

それに対してアメリカでは、子どもは子どもらしく、公共の場でも自由にさせている事が多いようです。

これだけでも日本とアメリカの育児は大きく違う事が分かりますよね。

さらに、日本と海外では働き方でも大きな違いがあるようです。

「子どもが世界一幸せな国」の働き方

例えば、オランダは「子どもが世界一幸せな国」と言われており、その要因の1つとして、柔軟な働き方が多様化している事が挙げられます。

在宅勤務や週3~4日勤務、リモートワークといった場所と時間に縛られず柔軟に働けるので、家族との時間を大切にする事が可能です。

また、日本とは違いほとんど残業はなく、管理もしっかりしている為、サービス残業のような事にはならないそうです。

いかがでしたか?

住む場所が変われば、育児環境も変わるものですが、それぞれの良い面に目を向けて楽しく育児が出来ると良いですね!

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

子どもを「赤ちゃん返り」から救う魔法の言葉とは?

2人目の妊娠~出産で心配すること。それは1人目の「赤ちゃん返り」。 「もしかしたら凄いワガママになってしまうのではないか」と不安になる方も多いと思います。 でも、大丈夫です。 赤ちゃん返りは親からの言 …

たった「1分」に、言いたいことをまとめる技術

話は短いほうが伝わる! (photo by dronepc55/photoAC) 「話の途中で頭が真っ白になる」「どんな順番で話せばいいかわからない」 このような悩みをもつ、ビジネスパーソンは少なくな …

子育て中のママに聞いた!イヤイヤ期の乗り越え術10選

2歳頃に突如としてやってくるイヤイヤ期。 今となれば笑顔で話ができる思い出ですが、その当時の私はイライラが爆発しそうなこともありました。 「やろう!」と言えば「やらない!」と言い、「じゃあ、やらない! …

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<2~3歳編>

前回0~1歳編として書きましたが、今回は2~3歳です。 この時期の子どもたちは、おしゃべりも出来るようになってきますが、まだまだ、言葉で伝える事がうまく出来ません。 思わず、お友だちのおもちゃを横取り …

子どもに無理して理由を聞かない育児

子どもが泣いて、その場から動かなくなりフリーズ・・・。 こういった光景は子育て家族ではあるあるですよね。 子どもに理由を聞いても話してくれない。 そんな時、どうしていますか? 無理やり理由を聞きますか …