母に必要な「立ち止まる勇気」持っていますか?

投稿日:2021-04-19 更新日:


仕事で忙しい母親。

心の中では、子どものことを想っているのだが、それを言葉にして伝えることはない。

その母親に不満を持つ子ども。

「今日は一緒に食事をする。」と約束をしても仕事でどうしてやらなければいけない状況となり、子どもとの約束を破ってしまう。

テレビドラマでこんなシチュエーションを見かけたことがありませんか?

これって、誰もがドキっとするシチュエーションかもしれないですね。

立ち止まる勇気


お子さんの誕生日に、どうしてものトラブルが起こってしまった時、あなたならどうしますか?

もし、目の前に大きなチャンスが舞い込んできたら?

これ、とっても難しいと思います。

仕事にやりがいを感じている人ほど、思い入れもあるし、その場に立ち会いたいという思いが強いと思うんです。

特に、経営者や自営業の人は、「自分がやらなければ」という思いだと思います。

これが積み重なっていくと、子ども達の心の中には、隙間が生じてしまい、後に、親への不信感や非行などに繋がっていく可能性もあります。

私は、その前に少しだけ立ち止まって考えてみる事にしています。

目の前の事で突っ走ってしまう前に、大事な事は何か考えるようにしています。

すると、「まず、子どもに謝らなければいけない。」という事。

次に、「今、どれだけ大変か」という説明をする事。

そして、「今を良くするために協力をして欲しい。」とお願いする事。

幼い子どもであっても、ママやパパの危機を感じて力を貸してくれるはずです。

家族は空気と同じ


私の考えですが、家族って、空気のような、あって当たり前の存在で、普段は感じないかもしれないけど、無くなると生きていけない。

当たり前の存在の価値って、無くならないと気付かない人が多い。

幼稚園や小学校の夕涼み会や夏祭りも、それを主催する保護者会やPTAの方々がいるから、毎年当たり前のように開催されている。

それに気づかない人が多く、「今年の夕涼みはイマイチだったよねー。」なんて平気で言ったりする。

当たり前って、人を鈍感にさせるんですよね。

話が横にそれましたが、「立ち止まる勇気」が必要だと思うんです。

立ち止まるには勇気がいります。

でも、このまま進んで停止状態になるより、一旦立ち止まって、自分や周りを見直して、ボタンの掛け違えた部分を修正していけば、きっと、また、今まで以上に太い絆が出来る!

無理をしても、いい事はないはずです。そして、立ち止まる事で、多くの事を学べるはずです。

苦渋の決断になる事もあるかもしれない。

しかし、何が一番大切なのか。
「家族だから、きっとわかってくれる。」

そんな思いは、もしかしたら、こちら側の勝手な解釈かもしれません。

あるテレビドラマを見て、気付かないうちに、大切なものを傷つけているのではないか。と思った私でした。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

イライラが爆発する前に!育児日記で子どもの気持ちを理解しよう!

子どもが怪獣や悪魔のように感じたことってないですか? 片づけて物を全部出す。ポイポーイ。 作ったご飯で遊ぶ。べちゃべちゃ。 怒ったら、ギャン泣き。ああーーあー。 この子は何を考えているんだろう。 どう …

不安なのは知らないから。「発達障害」のキホン

(photo by Green Planet/photoAC) あの芸能人も発達障害で苦しんでいた ――ネガティブキャラでブレイクしたタレントの栗原類さんが、8歳のころ、発達障害のひとつであるADD( …

赤ちゃん(0~1歳)の発達障害とは?特徴と傾向

赤ちゃん(0~1歳)の発達障害とは?特徴と傾向

昨今メディアでもよく取り上げられている「発達障害」。一概に「発達障害」と言っても、症状や特性によって障害の種類が異なります。 乳幼児期から明らかに特性が現れる場合もあれば、ある程度成長してから診断がつ …

「離婚すべき?」夫のことが愛せなくなった気がするときの思考転換術

両想いになって交際を始めて、晴れて結婚! とっても幸せで、「旦那さんのことが大好きだ―!」って叫んでもいいくらいだったのに、最近は、「好きじゃないかも……」って思ってしまう。 夫のことを愛せなくなった …

性生活アドバイザーが語る夫婦のセックスにまつわる“ここだけの話”

はじめまして。OLIVIA(オリビア)です。 私は、ラブライフ・アドバイザーという肩書で、20代の学生から50代のお孫さんのいる既婚者までの幅広い年代の男女のお悩みにアドバイスしています。 「ラブライ …