医学と12星座の関係って?

投稿日:2018-10-20 更新日:

医学12星座占い健康当たる
この世界は、「火・風・土・水」の4つの属性で成り立っているとしたこの理論は現代でも生きているのです。
皆さんにとって一番身近なのは「季節」でしょう。

「春・夏・秋・冬」が「4体液病理学説」の「火・風・土・水」にあたります。

東洋医学は、「木・火・金・土・水」の5つの属性、アーユルヴェーダは「ヴァータ・ピッタ・カッパ」の3つの属性も「4体液病理学説」でしっかりと合致する理論なのです。

また子供の教育として現代で存在する「シュタイナー教育」はこのヒポクラテスの「4体液病理学説」を教育に活かしたもので「胆汁質・多血質・憂鬱質・粘液質」で分けて子供の個性を活かした幼少教育に役立てております。

他にも、ヴィヴァルディの有名な「四季」はこの「4体液病理学説」を元にしたヒーリングミュージックであること、画家のアルチンボルドの描いた「四季」の4枚「四大元素」の4枚の絵もそれぞれ合わせると顔合わせになっており、ヒポクラテスの「4体液病理学説」によるものと考えられています。

女性で流行っているアロマ・ハーブもこの「4体液病理学説」で属性分けがされているんですよ!

そして今回紹介する12星座も「4体液病理学説」によって4つの属性に分かれています。

牡羊座(おひつじ座)・射手座(いて座)・獅子座(しし座)
天秤座(てんびん座)・双子座(ふたご座)・水瓶座(みずがめ座)
山羊座(やぎ座)・乙女座(おとめ座)・牡牛座(おうし座)
蟹座(かに座)・蠍座(さそり座)・魚座(うお座)

さらに星座には、活動性に関して3区分に分かれています。

活動宮 牡羊座(おひつじ座)・天秤座(てんびん座)・山羊座(やぎ座)・蟹座(かに座)
柔軟宮 射手座(いて座)・双子座(ふたご座)・乙女座(おとめ座)・魚座(うお座)
不動宮 獅子座(しし座)・蠍座(さそり座)・牡牛座(おうし座)・水瓶座(みずがめ座)

さらに、男性性女性性でも、下記のように星座は分かれています。

男性宮 牡羊座(おひつじ座)・双子座(ふたご座)・獅子座(しし座)・天秤座(てんびん座)・射手座(いて座)・水瓶座(みずがめ座)
女性宮 牡牛座(おうし座)・蟹座(かに座)・乙女座(おとめ座)・山羊座(やぎ座)・魚座(うお座)

これを知っているだけでも星座には性質があることがわかります。

これにホロスコープの星回りを使って占星術を行っています。

東洋医学の理論「陰陽五行説」も占い四柱推命として使われております。「木・火・金・土・水」の5つの属性と「陰・陽」の2つの属性で占いをします。
五行星座医学占い

いかがでしたか?このように、古代から占いと医学は密接な関係があるんです。

監修:宮本知明

ホリスティック薬剤師/メディカルライター
医療現場の薬の現状に疑問を感じ、自分の体と心の不調の経験から、個人を焦点に当てた医療に興味を持つ。ホリスティック医学・マインドフルネスと出会い「体・心・魂」の三位一体の健康から生き方まで発信し研究している。


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-ビューティー, ライフスタイル
-

関連記事

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

毎朝泣いて登園拒否…思いきって休ませたら意外とOK

登園を嫌がって毎朝泣いている子を多く見かけます。 入園したてで戸惑う子、クラス替えして馴染めない子、弟や妹ができて赤ちゃん返りしている子…理由はそれぞれ。 幼稚園バスを見ると全力で抵抗して泣き、先生は …

春野菜特徴

今が旬♪ 春野菜のデトックス効果がすっごい!

“春眠暁を覚えず”といいますが、季節の変わり目に体がついていかない……なんてことありませんか? この時期は何かと慌ただしいせいなのか、どうもノリがいまいちだったりします……。 春にボーっとするのは、季 …

前向きになれる風水涙を流す

日本人には、あと一歩「自分で考える力」が足りない

「その他大勢」にならないための「考え方のツボ」とは? 「どうすればいいかは、自分で考えてよ」 「何をいいたいのかわからないよ。きちんと考えた?」 「いいたいことはわかるけど、今ひとつ説得力がないな…… …

【置いても泣かない】赤ちゃんの背中スイッチはこれで切り抜けろ!

腕の中でスヤスヤ眠る赤ちゃん。 可愛くてずっと抱っこしていたい気持ちもあるけど、ママは忙しいです。 寝かすとすぐに起きてしまうので、ずっと抱っこしたままなんです…というママも少なくはありません。 少し …

人の話が聞けない子どもの原因はテレビやyoutube!?

「なぜ人の話が聞けないの?」 「話を聞いているようで、全然聞いていない。」 自分の子どもに対して、こんな風に思ったことありませんか? もしかしたら子どもは話を「聞いていない」ではなく「聞けない」のかも …