Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

投稿日:2018-08-16 更新日:

隠れてオマタを触る娘…。親としては少し受け入れがたいものですよね。
オマタへの興味は成長の証ですが、ばい菌が入ったりなどトラブルがあっては困ります。
親としてはどのように対応すれば良いのでしょうか。

姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。
専門家やその道のプロが、問題を解決します。

今回はポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長の清水なほみ先生にご回答頂きました。
ご相談内容はこちら!

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?
うちの娘はまだ8歳ですが、おまたに枕を挟んで動いたり、わたしが肩をもみほぐすのに使うマッサージ器みたいなものをあてたりします。
以前は注意していたのですが、最近は隠れてコソコソするようになりました。
どうすれば良いのかわからず、困っています。

幼児自慰という「癖」のようなもの。いやらしいものではない!

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションとおっしゃっていますが、おそらくは「幼児自慰」と呼ばれる行動と考えられます。

思春期以降の、性的興奮を求めて行うマスターベーションとは異なり、性的な意味や妄想は伴わないものです。
頭を撫でられると気持ちいいとか、お気に入りのタオルを触ると気持ちいい、といったものを同じレベルの「気持ちよさ」を感じているだけです。

幼児自慰は、ある意味「クセ」のようなものなので、無理にやめさせる必要はありません。髪の毛をいじる癖や、鼻くそをほじる癖と同じようなものだと考えてみてください。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

大人の持っているイメージで「性器を触る」=いやらしい・卑猥である、という認識をもってしまいがちですが、子どもは自分の性器に対して「卑猥である」という認識は持っていません。

むしろそのような認識を植え付けることは、自分の体に対する自己認識をゆがめてしまうことになります。正常な成長過程の1つとして、自分の性器に興味を持ったり、このような行動がみられるだけです。

もし、お母さん自身が、性器や性的なことに対して「いやらしい」「汚らわしい」というイメージを持っているのだとしたら、むしろその認識を先に処理したほうがよいでしょう。

今後、お子さんが思春期を迎えた時に、親がどのような性に対する自己認識を持っているのかは大きく影響することがあります。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

幼児自慰は、自宅でこっそり行っている場合は、特に注意をしたりやめさせようとする必要は全くありません。

注意をされると、その行為が「悪いことなんだ」という誤解が生じて、隠れて行ったり、罪悪感を感じながら行うことになってしまいます。

人前でも行ってしまったり、不潔な状態で性器を触る可能性がある場合は、プライベートゾーンの説明や、性器を不潔にすると困ったことになることがあるという説明をしていくとよいでしょう。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
清水なほみ
2001年広島大学医学部医学科卒業
広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業
日本産科婦人科学会専門医
日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

関連記事

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

その食品は大丈夫? 医者や栄養士が食べないようにしている食品3種を公開

私たちの体は食事によって作られています。 だからこそ、少しでも体に良い食材・食品を採ろうと響工夫しています。 しかし、自分の体にいい影響を及ぼすだろうと考えて口にしている食品の中には、医者や栄養士とい …

合理的!だけど日本人には信じられない!?ドイツの食生活

勤勉で真面目なところが日本と似ていると言われる、ドイツ。 しかし、そのライフスタイルについてはあまり知らない方も多いのではないでしょうか。 そこにはなにやら、忙しい日本人にとって、お手本にしたい習慣が …

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

キッチンドリンカーや習慣飲酒は、どこからアルコール依存症?

女性の「アルコール依存症」が年々増えているといいます。 男性よりも少ない量や期間で依存症になりやすい体質であることや、社会の変化なども理由にあります。 仕事、結婚、子育てなど生活変化のストレスにより飲 …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …