トラブル 子育て

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

投稿日:

隠れてオマタを触る娘…。親としては少し受け入れがたいものですよね。
オマタへの興味は成長の証ですが、ばい菌が入ったりなどトラブルがあっては困ります。
親としてはどのように対応すれば良いのでしょうか。

姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。
専門家やその道のプロが、問題を解決します。

今回はポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長の清水なほみ先生にご回答頂きました。
ご相談内容はこちら!

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?
うちの娘はまだ8歳ですが、おまたに枕を挟んで動いたり、わたしが肩をもみほぐすのに使うマッサージ器みたいなものをあてたりします。
以前は注意していたのですが、最近は隠れてコソコソするようになりました。
どうすれば良いのかわからず、困っています。

幼児自慰という「癖」のようなもの。いやらしいものではない!

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションとおっしゃっていますが、おそらくは「幼児自慰」と呼ばれる行動と考えられます。

思春期以降の、性的興奮を求めて行うマスターベーションとは異なり、性的な意味や妄想は伴わないものです。
頭を撫でられると気持ちいいとか、お気に入りのタオルを触ると気持ちいい、といったものを同じレベルの「気持ちよさ」を感じているだけです。

幼児自慰は、ある意味「クセ」のようなものなので、無理にやめさせる必要はありません。髪の毛をいじる癖や、鼻くそをほじる癖と同じようなものだと考えてみてください。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

大人の持っているイメージで「性器を触る」=いやらしい・卑猥である、という認識をもってしまいがちですが、子どもは自分の性器に対して「卑猥である」という認識は持っていません。

むしろそのような認識を植え付けることは、自分の体に対する自己認識をゆがめてしまうことになります。正常な成長過程の1つとして、自分の性器に興味を持ったり、このような行動がみられるだけです。

もし、お母さん自身が、性器や性的なことに対して「いやらしい」「汚らわしい」というイメージを持っているのだとしたら、むしろその認識を先に処理したほうがよいでしょう。

今後、お子さんが思春期を迎えた時に、親がどのような性に対する自己認識を持っているのかは大きく影響することがあります。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

幼児自慰は、自宅でこっそり行っている場合は、特に注意をしたりやめさせようとする必要は全くありません。

注意をされると、その行為が「悪いことなんだ」という誤解が生じて、隠れて行ったり、罪悪感を感じながら行うことになってしまいます。

人前でも行ってしまったり、不潔な状態で性器を触る可能性がある場合は、プライベートゾーンの説明や、性器を不潔にすると困ったことになることがあるという説明をしていくとよいでしょう。


監修:清水なほみ
ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長

2001年広島大学医学部医学科卒業
広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業
日本産科婦人科学会専門医
日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

◆所属学会◆
日本産婦人科学会・日本性感染症学会・日本思春期学会・日本不妊カウンセリング学会

◆メッセージ◆
同じ女性の立場で、どうすれば心と体の健康を自分の力で取り戻せるのか、一緒に考えていきたいと思います。
あなたが「ビバリータ=輝くような魅力的な女性」になるお手伝いをさせてくださいね。
http://www.vivalita.com/index.html


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-トラブル, 子育て
-

関連記事

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

家族との共同生活は、家の中をキレイに保つことがとても困難ではないですか? ママが掃除好きかどうかにもよりますが、一人一人のほんのちょっとの心掛けである程度スッキリするはずなのに、みんながやらなければ何 …

最初は「家族団らん」から!天才アスリートの作り方

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、次世代を担う若き天才アスリートたちの活躍を目にする機会も多くなってきました。 そんな彼らの勇姿を見るとき、ついつい我が子を応援するような気持ちで見てしまい …

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

不登校は予期せぬタイミングで始まります。 昨日まで学校に通っていても突然通えなくなるのが不登校なのです。 おそらくママからしてみれば、なぜ学校に行ってくれないのか、ウチの娘はずっと家でゲームしているの …

物を大切にする子どもの育て方とは?

我が家には、おもちゃが溢れています。 私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。 理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。 いつでも買って貰えるこの環境。 物を大切にしない。 …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …