Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

投稿日:2018-08-16 更新日:

隠れてオマタを触る娘…。親としては少し受け入れがたいものですよね。
オマタへの興味は成長の証ですが、ばい菌が入ったりなどトラブルがあっては困ります。
親としてはどのように対応すれば良いのでしょうか。

姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。
専門家やその道のプロが、問題を解決します。

今回はポートサイド女性総合クリニック ビバリータ 院長の清水なほみ先生にご回答頂きました。
ご相談内容はこちら!

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?
うちの娘はまだ8歳ですが、おまたに枕を挟んで動いたり、わたしが肩をもみほぐすのに使うマッサージ器みたいなものをあてたりします。
以前は注意していたのですが、最近は隠れてコソコソするようになりました。
どうすれば良いのかわからず、困っています。

幼児自慰という「癖」のようなもの。いやらしいものではない!

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

マスターベーションとおっしゃっていますが、おそらくは「幼児自慰」と呼ばれる行動と考えられます。

思春期以降の、性的興奮を求めて行うマスターベーションとは異なり、性的な意味や妄想は伴わないものです。
頭を撫でられると気持ちいいとか、お気に入りのタオルを触ると気持ちいい、といったものを同じレベルの「気持ちよさ」を感じているだけです。

幼児自慰は、ある意味「クセ」のようなものなので、無理にやめさせる必要はありません。髪の毛をいじる癖や、鼻くそをほじる癖と同じようなものだと考えてみてください。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

大人の持っているイメージで「性器を触る」=いやらしい・卑猥である、という認識をもってしまいがちですが、子どもは自分の性器に対して「卑猥である」という認識は持っていません。

むしろそのような認識を植え付けることは、自分の体に対する自己認識をゆがめてしまうことになります。正常な成長過程の1つとして、自分の性器に興味を持ったり、このような行動がみられるだけです。

もし、お母さん自身が、性器や性的なことに対して「いやらしい」「汚らわしい」というイメージを持っているのだとしたら、むしろその認識を先に処理したほうがよいでしょう。

今後、お子さんが思春期を迎えた時に、親がどのような性に対する自己認識を持っているのかは大きく影響することがあります。

マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

幼児自慰は、自宅でこっそり行っている場合は、特に注意をしたりやめさせようとする必要は全くありません。

注意をされると、その行為が「悪いことなんだ」という誤解が生じて、隠れて行ったり、罪悪感を感じながら行うことになってしまいます。

人前でも行ってしまったり、不潔な状態で性器を触る可能性がある場合は、プライベートゾーンの説明や、性器を不潔にすると困ったことになることがあるという説明をしていくとよいでしょう。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
清水なほみ
2001年広島大学医学部医学科卒業
広島大学附属病院産婦人科・中国がんセンター産婦人科・ウィミンズウェルネス銀座クリニック・虎の門病院産婦人科を経て、2010年9月「ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~」を開業
日本産科婦人科学会専門医
日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

関連記事

【第7回】夫婦はお互いが自分の姿を映す鏡だと思う

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら 相手八つ当たりする前に一人でリフレッシュ!夫婦間にも休憩は必要かも。 ・なんとなく喧嘩が多い時期な気 …

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

子供と過ごす時、絵本はとても手軽に楽しめます。 たった1冊でも、ほんの数分でも、読んでいる間だけはその絵本の世界に旅をして、再び現実に戻ってくるような満足感があります。子供にとっては発見の連続。 好奇 …

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …