離婚の原因になることも…妊活クライシスの原因&夫婦で考えるべき対策ポイント

投稿日:2021-05-12 更新日:

妊活クライシス離婚原因夫婦検討対策ポイント

妊活をきっかけに夫婦仲に亀裂が入ってしまうことを、妊活クライシスと言います。

妊娠や出産、子どもを作ることを望む夫婦は多くいますが、それが夫婦仲を悪くしてしまうことがあるなんて……。

これから結婚して子どもを、と考えている人も、なかなか子どもを授からないことに焦りを感じている人も、妊活クライシスについて考えておくことは大事です。

妊活が原因で離婚するケースも少なくない?

妊活クライシス離婚原因意識のズレ

愛する人との間に子どもがほしい。

ですが、いざ妊活を始めると、意識のズレによって夫婦仲がぎくしゃくしてしまうこともあるとか……。
最悪の場合、関係を修復することができずに離婚ということもあり得ます。

夫と妻で、妊活に対する意識にはどのくらいのズレがあるのでしょうか?

すべての夫婦に当てはまるわけではありませんが、
妊活クライシスに進んでしまいやすい夫婦にありがちな“ズレ”を紹介します。

夫婦間妊活意識のズレ1:排卵日セックスへの積極性

妊活クライシス離婚原因意識のズレ排卵日セックス積極性

女性にとっては、“排卵”は身近です。

子どもを望んだとき、排卵のタイミングに合わせてセックスをすることはとても大切な妊活です。
ただ、いつが排卵日なのかは、女性本人にしかわからないことです。

ですから、どうしても妊活中は、女性からセックスを誘うことになります。
子どもがほしいと思えば、月に一度しかない排卵日が貴重な日になるでしょう。

ですが、相手にとっては、その重要性がイマイチわかりにくいということも。

「セックスをすれば妊娠する」と考えている人もいるかもしれません。

すると、「排卵日だからセックスを!」と求める妻と、
「別に今日じゃなくても」と考える夫といったズレが起こってしまうのです。

夫婦間妊活意識のズレ2:不妊治療への積極性

妊活クライシス離婚原因意識のズレ不妊治療への積極性

不妊治療というのはナーバスな問題です。
お金もかかりますし、精神的にもつらいものです。

毎月生理が来るたびに落ち込み、自分を責めるという人もいるでしょう。

一方、相手にとっても、不妊治療は精神的につらいものでしょう。

たとえば精液検査。
この検査を受けることに抵抗感を抱く人は案外大勢います。

また、「不妊=妻側の理由」と思い込んでいる人も少なくなく、
自分が不妊治療へ行くことを現実的に考えられない人もいるでしょう。

すると、お互いに心が追い詰められて余裕がなくなり、ケンカが増えてしまうこともあるのです。

妊活クライシスの防止ポイント=夫婦二人で支え合うこと

妊活クライシス防止ポイント夫婦支え合い

夫婦間でズレがあることは、ある意味しかたがないことかもしれません。

妊娠・出産についての知識も、学校では基本的なことしか教えてもらえませんから、自分で調べていくしかありません。

そこに差が出てしまうのは致し方ないことなのです。

ですが、夫婦で妊活を始めると決めたのであれば、その差やズレを、お互いが埋めていくという作業が必要になってきます。

子どもは、一人では作れません。
夫婦で支え合い、愛し合うことで授かることができるのです。

夫婦間の妊活意識ズレをなくすポイントは、やはりコレ

夫婦の間にある妊活に対する意識のズレをなくしていく上で大事なのは、やっぱり話し合うことです。
子どもを作るためには、何が必要なのか。


お金?
時間?
心の余裕?

夫婦で共通認識を持っておくといいでしょう。

また、今、それぞれが抱えている問題が何かを伝え合うことも大事です。
仕事の状況や体調、妊活や不妊治療に対しての不安や疑問を、隠さずに話し合いましょう。

そして、もっと大事なのは、夫婦で目指す未来を話し合うことです。

夫婦二人で歩む人生像

夫婦の人生は、妊娠したらゴールではありません。
そのあとも続いていきますし、妊娠をしなくても続いていくものです。

夫婦としてどんな人生を歩んでいきたいか――

子どもを授かるか授からないかに関係なく、あなたたち夫婦がどう生きていくかを確認し合ってみてください。
共通の目標や夢、目指すべき夫婦像があるだけでも、妊活における衝突を回避できるでしょう。

もし今、「妊活クライシスかも……」と悩んでいるのなら、一度、夫婦で向き合ってみてくださいね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

この決断に至ったとき、次はなにをしなきゃいけない?(photo by Africa Studio/fotolia)

子供には悪いがそれでも離婚したい、というあなたへ

厚労省が出している人口動態統計によると2014年における国内の離婚件数は約22万件強、そのうち20歳未満の子がいる離婚件数は約13万件にのぼります(参考:e-Stat上の人口動態統計)。 離婚は子供に …

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

長期の休み(夏休み、冬休み)明けは登校を渋るお子さんも多くいそうですよね。 「今日は学校へ行きたいくない」 子どもにそう言われたとき、無理やり行かせるべきか、休ませてあげるべきか、 親としてどう判断す …

厄年の本当の意味とカン違いしがちな迷信迎える前に知っておきたい対処法

厄年の本当の意味とカン違いしがちな迷信・迎える前に知っておきたい対処法

新しい年を迎える前になると、「来年、私は厄年だから良いことないかも……」といった話を耳にする機会も増えていきます。 厄年と言うとネガティブな印象があり、悪い出来事が起きる年と認識している人も多いでしょ …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …