離婚の原因になることも…妊活クライシスの原因&夫婦で考えるべき対策ポイント

投稿日:2021-05-12 更新日:

妊活クライシス離婚原因夫婦検討対策ポイント

妊活をきっかけに夫婦仲に亀裂が入ってしまうことを、妊活クライシスと言います。

妊娠や出産、子どもを作ることを望む夫婦は多くいますが、それが夫婦仲を悪くしてしまうことがあるなんて……。

これから結婚して子どもを、と考えている人も、なかなか子どもを授からないことに焦りを感じている人も、妊活クライシスについて考えておくことは大事です。

妊活が原因で離婚するケースも少なくない?

妊活クライシス離婚原因意識のズレ

愛する人との間に子どもがほしい。

ですが、いざ妊活を始めると、意識のズレによって夫婦仲がぎくしゃくしてしまうこともあるとか……。
最悪の場合、関係を修復することができずに離婚ということもあり得ます。

夫と妻で、妊活に対する意識にはどのくらいのズレがあるのでしょうか?

すべての夫婦に当てはまるわけではありませんが、
妊活クライシスに進んでしまいやすい夫婦にありがちな“ズレ”を紹介します。

夫婦間妊活意識のズレ1:排卵日セックスへの積極性

妊活クライシス離婚原因意識のズレ排卵日セックス積極性

女性にとっては、“排卵”は身近です。

子どもを望んだとき、排卵のタイミングに合わせてセックスをすることはとても大切な妊活です。
ただ、いつが排卵日なのかは、女性本人にしかわからないことです。

ですから、どうしても妊活中は、女性からセックスを誘うことになります。
子どもがほしいと思えば、月に一度しかない排卵日が貴重な日になるでしょう。

ですが、相手にとっては、その重要性がイマイチわかりにくいということも。

「セックスをすれば妊娠する」と考えている人もいるかもしれません。

すると、「排卵日だからセックスを!」と求める妻と、
「別に今日じゃなくても」と考える夫といったズレが起こってしまうのです。

夫婦間妊活意識のズレ2:不妊治療への積極性

妊活クライシス離婚原因意識のズレ不妊治療への積極性

不妊治療というのはナーバスな問題です。
お金もかかりますし、精神的にもつらいものです。

毎月生理が来るたびに落ち込み、自分を責めるという人もいるでしょう。

一方、相手にとっても、不妊治療は精神的につらいものでしょう。

たとえば精液検査。
この検査を受けることに抵抗感を抱く人は案外大勢います。

また、「不妊=妻側の理由」と思い込んでいる人も少なくなく、
自分が不妊治療へ行くことを現実的に考えられない人もいるでしょう。

すると、お互いに心が追い詰められて余裕がなくなり、ケンカが増えてしまうこともあるのです。

妊活クライシスの防止ポイント=夫婦二人で支え合うこと

妊活クライシス防止ポイント夫婦支え合い

夫婦間でズレがあることは、ある意味しかたがないことかもしれません。

妊娠・出産についての知識も、学校では基本的なことしか教えてもらえませんから、自分で調べていくしかありません。

そこに差が出てしまうのは致し方ないことなのです。

ですが、夫婦で妊活を始めると決めたのであれば、その差やズレを、お互いが埋めていくという作業が必要になってきます。

子どもは、一人では作れません。
夫婦で支え合い、愛し合うことで授かることができるのです。

夫婦間の妊活意識ズレをなくすポイントは、やはりコレ

夫婦の間にある妊活に対する意識のズレをなくしていく上で大事なのは、やっぱり話し合うことです。
子どもを作るためには、何が必要なのか。


お金?
時間?
心の余裕?

夫婦で共通認識を持っておくといいでしょう。

また、今、それぞれが抱えている問題が何かを伝え合うことも大事です。
仕事の状況や体調、妊活や不妊治療に対しての不安や疑問を、隠さずに話し合いましょう。

そして、もっと大事なのは、夫婦で目指す未来を話し合うことです。

夫婦二人で歩む人生像

夫婦の人生は、妊娠したらゴールではありません。
そのあとも続いていきますし、妊娠をしなくても続いていくものです。

夫婦としてどんな人生を歩んでいきたいか――

子どもを授かるか授からないかに関係なく、あなたたち夫婦がどう生きていくかを確認し合ってみてください。
共通の目標や夢、目指すべき夫婦像があるだけでも、妊活における衝突を回避できるでしょう。

もし今、「妊活クライシスかも……」と悩んでいるのなら、一度、夫婦で向き合ってみてくださいね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

スマホゲーム子ども影響時間

ゲーム・スマホの使い過ぎは勉強効果を打ち消す!?成績が上がる使用時間とは?

今はゲームや動画配信サイト、スマホやタブレットなど、子ども達の楽しみが多様化してきています。 特に小学生でも高学年になると、ゲームを持っていないとお友達とのコミュニケーションがスムーズにいかないという …

【子どもの視力】もしかして見えてない?長女の目の異変~斜視と近視~

現在10歳の長女は、3歳の時に「斜視」と「近視」があることがわかりました。「テレビの見方がおかしい」とはじめて感じたのは長女が2歳の頃。 その後、3歳児健診を受けて異常が発覚、そこから眼鏡を作るまでの …

【嫁姑問題】姑の自分勝手さ、理不尽さに我慢の限界!!

いつの時代も嫁を悩ます『嫁・姑問題』。 あなたは姑さんとの関係は良好ですか?何か不満があった時、旦那様はあなたの味方をしてフォローしてくれますか? 姉妹サイト「ママニティ」の人気コーナー”おしえて!マ …

【パターン別】子供の嘘を常習化させないママの対応法

先日、3歳の息子をもつ友達とランチをしていた時のこと。 「うちのコ最近、嘘つくようになったのよね……」 と、ため息交じりに話をしていました。 ママにとって子供の嘘は「うちの子にかぎって」という思いが強 …

性の目覚め!?「○○○」を連呼する子ども達

ある時期になると子ども達が言い始める「おしり」「うんこ」等。 人前で大きな声で言い、連呼しては笑う子ども達。親としては「やめてー恥ずかしい」という気持ちでいっぱいになります。 何故、子ども達は連呼する …