小1、学校でおもらしが不安…「もう行きたくない」をこう乗り切った!

投稿日:2021-04-01 更新日:


ある日、深刻な顔で相談に来たお母さんがいました。

話を聞くと、娘さんは小学一年生。授業中にトイレに行きたくなったが、先生に伝える勇気が無く、椅子に座ったまま…。Sちゃんの周りは小さな池が……な状態。

恥ずかしくて、もう学校に行きたくないと言って困ってるようです。
さて、あなたのお子さんなら何と声を掛けますか?

大切なのは子ども一人では解決させない事

  1. 「大丈夫。大丈夫。もうお漏らししないよ。」
  2. 「気にしたらトイレ行きたくなるから、気にしちゃダメ。」
  3. 「なんで休み時間にトイレ行かなかったの?」

どの言葉も子どもには伝わりません。

まして、3は、本人が一番後悔している事
休み時間は遊びに夢中になる事だってあります。きっと誰でも経験する事ですよね。

それを責めては、今度は休み時間も楽しめなくなっちゃいます。

学校でのお漏らしは本人にとっては重大事件です。

学校に行きたくないとまで言ってるんですから尚更、とてもデリケートな問題です。

入学したばかりの頃は、時間の概念も少なく、つい遊びに夢中になってしまいます。大切なのは、先生に相談し、親と先生が一丸となって、このトラウマを克服してあげる事!

小学一年生ひとりにはあまりにも重荷です。

不安にさせる言葉はNG!

小学校低学年では、お漏らしをする子も少なくはないです。

保健室に行けば、下着や洋服も用意されています。

良くある事なので、お漏らしを特別の事のように言わない事は大切です。

お母さんの工夫

家では「お漏らししちゃダメよ」等とは言わない事。

そして、「トイレになったら先生に言って大丈夫だからね、無理するのは体に良くない事だよ。」と教えてあげる事です。

本来、排出は体の中の不要なものを出すことなので、トイレに行く事は、恥ずかしい事ではありません。

そして、帰宅後は必要以上に「どうだった?」と聞かない事です。聞きたい気持ちはわかりますが、あくまでも自然に!

先生の工夫

授業の始まる前にトイレに行くように、クラス全員に声をかけるようにしました。

ひとりだけに声を掛けられると特別感がありますが、全員に声をかけると受け取り方が違います。中には、「行ってなかったー」と数名ズラズラとトイレに行ったり(笑)Sちゃんもニコニコと笑っていたようです。

そして、二学期スタートした時には、授業前のトイレが習慣になったという事もあり、Sちゃんの不安はなく、すっかり楽しい学校生活になっていたようです。

親と先生の連携プレーの勝利ですね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

ボクたちのドラマシリーズ

あのドラマを覚えてる?90年代懐かしの「ボクたちのドラマシリーズ」

90年代前半に、ティーンズ向けに作られたフジテレビの「ボクたちのドラマシリーズ」 「放課後」、「時をかける少女」など数々の名作ドラマを生み出しました。 内田有紀をはじめ、ヒロインには当時売り出し中の若 …

セックスレス 40代

【40代男性の本音】性欲がなくなったは違う、セックスレスになった理由

みなさんはセックスレスについて悩んだりしたことはありませんか? コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社がおこなった調査では興味深い結果が出ています。 パートナーがいる人に「セックスレスだと思うか」を …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする。 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく …

妊娠中病気

9割の先輩ママが経験!? 妊娠中の病気やトラブル体験記まとめ

妊娠が発覚すると、妊娠・出産に影響がある病気や持病を持っている可能性があるかもしれないので、妊婦検診でたくさんの検査をやりますよね。 また妊娠中は病気やウィルスに対する免疫力が低下し、普段かからないよ …

夫婦マンネリの時期はいつから

愚痴を言うなら、〇〇をつけると愚痴を言う方も聞く方もスッキリできる!

コロナ禍により生活様式がずいぶん変わった昨今。 先の見えない不安、在宅ワークの夫への不満などがどんどん膨らんで、誰かに愚痴をこぼさずにはいられない人、多いと思います。 それなのに、ママ友や友人と、ちょ …