新婚初夜のすれ違いトラブル。妻が家出。夫は・・・。

投稿日:2021-02-21 更新日:

新婚初夜
私は、二週間という超スピード婚でした。そんな新婚初日のお話です。

入籍した日は嬉しくて、ウキウキの止まらない私は、昼間から手の込んだ料理を作り始めた所からスタートします。

自分の気持ちを押し付け過ぎた?

夕方「今から帰るね」と夫からのメール。帰宅時間に合わせて最後の仕上げ。あと数分というタイミングで夫の帰宅。

ウキウキの私は「おかえり~。すぐご飯に出来るからね。」と夫に伝えると、「先にお風呂に入っていい?」とのまさかの返事。ガーン!

出来立て熱々を食べて欲しいのに。ここは譲れないと意地になり、「明日から先にお風呂にするから、今日はご飯食べて欲しい。」とお願い。しかし「いや。先にお風呂入るね。」とニッコリ笑顔の夫。

何笑ってるんだ!私は昼間からずっと料理してたんだぞ!あなたの喜ぶ顔が見たくて作ったのよ!(心の声)

そんな思いが溢れ、悲しくなり、虚しくなり、気づけば、財布と車の鍵だけを持って家を出ていました。新婚初日から実家に帰ると親も心配するだろうしと、ひとりでファーストフード店で時間を潰していました。

2時間経っても、夫からの連絡は無し。追いかけてきた様子も無し。

仕方なく4時間後、家に戻ってみると、部屋の電気が消えている。もしかして、私を探しに出かけた?と寝室を覗くと、真っ暗な部屋の中で、気持ち良さそうに眠ってる夫を発見。怒りより情けない気持ちでいっぱいになりました。「何、寝てんだよ・・。」

同じ景色は見てるけど、意識がすれ違ってた

夫を起こすと、「おかえり」と一言。え?それだけ?
「心配じゃなかった?探そうと思わなかった?電話しようと思わなかった?」と聞くと、「帰ってくると思ったよ。」とニッコリ。「は?」という言葉しか出てこなかった。

翌日、夫が仕事に出た後、いろいろ考えた。何がいけなかったのか。誰が悪いのか。
そして、辿り着いた。

・誰も悪くない。
・ただ、お互いの意識が違っただけ。
・夫は、先にお風呂が入りたかった。
・私は、先に料理を食べて欲しかった。

結婚という同じ景色を見ているよう様だけど、二人とも意識が違ったんです。その結婚という景色には、自分しか存在していなくて、相手が不在だった。
きっと、相手が存在していたら、共に、意志を押し通す事が無かっただろうし、意地になる事もなかったのだろう。と反省しました。

それを教訓に、「二人の意識をすり合わせる。」を大切にし、今でも、週に一度以上は、二人で意識を共有する時間をわざわざ作っています。
ちょっとしたすれ違いから学んだ事。おかげで大切な時間を共有できています

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

選択的シングルマザーの意味

子どもの脳を育てよう!3歳までに親が出来ること

私が子育てを経験して感じたこと。 それは、3歳までの子どもたち「ほぼ本能で生きている」ということです。 3歳までの子どもは、自分のやりたいことをやりたいときにします。親の都合を考えず排便します。 その …

絵心がなくても大丈夫! 「なぞり描き」がスケッチ上達のコツだ

スケッチも漢字も「なぞり描き」で上達する! 身近にあるちょっとした食べものや小物、旅先で出会った素敵な風景……、その場でサッとスケッチできたら素敵ですよね。写真とは違った、手描きならではの温かい雰囲気 …

【嫁姑問題】姑の自分勝手さ、理不尽さに我慢の限界!!

いつの時代も嫁を悩ます『嫁・姑問題』。 あなたは姑さんとの関係は良好ですか?何か不満があった時、旦那様はあなたの味方をしてフォローしてくれますか? 姉妹サイト「ママニティ」の人気コーナー”おしえて!マ …

子どもにはママからは「安心」、パパからは「社会」を与えることが必要!

子どもにとってママとパパは、とっても必要な存在です。我が家の子どもは、幼い頃は「ママ、ママ!」と、私から離れませんでした。 が、ある年齢になると「パパ、パパ!」と、パパが大好きになり、あんなにママがい …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

賞味期限を守らないと危険な食べ物

買ったはいいけど冷蔵庫に入れっぱなしだった食材。 賞味期限をみてみたら3日過ぎている…! そんなときアナタならどうしますか? 「ちょっとぐらいなら大丈夫~♪」 と安易に食べちゃっている方は要注意! 賞 …