冬の快眠間違いなし! すぐにできる布団&毛布ケア

投稿日:2022-02-03 更新日:

「冬場は乾燥しているので布団のお手入れは必要ない」。そう考えている人も少なくないのでは。今回は、冬の羽毛布団と毛布のケアについて専門家に取材しました。

冬場の快適な眠りを実現するために…

冬場は乾燥しているし、汗もかかないので布団はそのままでいい――。そう勘違いしている人も多いことでしょう。

しかし、冬でも布団や毛布のお手入れは必要。ということで今回は、羽毛布団と毛布のケア方法について東京西川のスリープマスター・速水美智子さんに取材しました。

羽毛布団は月数回、日陰干しに

まず、羽毛布団は月に数回、風通しのよい日陰に干し、月に1~2回は天日に干すことを心がけます。天日に干す場合、布団の側地の傷みや汚れを防止するために、カバーを必ずつけましょう。

また干している布団を強くたたくことはNG。一見ほこりがたくさん出ているように見えますが、羽毛が縫い目の間などから出てボリュームが減ったり、側地が摩耗したりしてしまいます。強くたたかず表面のほこりなどをブラシで軽く払います。

毛布は、化学繊維であれば月数回、綿であれば週1回を目安に干します。綿製の場合、アクリルなどの化学繊維よりも汗を吸うため、こまめに干さないとダニやカビが発生してしまうのです。また綿は日光に弱いため、陰干しにするのがベター。

ちなみに毛布や羽毛布団に限らず、冬場は乾燥していると思っていても、窓際にベッドや布団を置くと、結露でダメージを受けてしまうことがあるそう。速水さんは「窓際から少し離して置いたり、敷き布団の下にスノコを敷いたりすることが効果的です」と話しています。

(オトナンサー編集部)


 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

1日何グラムまで? 適切な塩分摂取量と減塩のポイント

減塩意識の高まりから、日本人の塩分摂取量は減少していますが、それでもまだまだ目標達成できていません。ここでは、料理別の塩分摂取量や減塩のためのポイント、レシピについて解説します。   適切な …

物価は東京より地方が高いことも? 都市と地方、暮らしの違いとは?

コロナ禍で東京から地方へ移住する人は増えていますが、「物価が安い」イメージのある地方の方が都会より、物価が高い場合もあるようです。 地方暮らし、実は都会よりお金がかかる? 新型コロナウイルスの再拡大で …

【時短】1日の時間が増える!?苦手な家事もラクになる「魔法の家事ノート」を実践してみた

みなさんは家事、好きですか? 私は家事自体は好きなのですが、中でも、「掃除」「片付け」への苦手意識がなかなか抜けませんでした。 正直、いつも片付かない部屋を見てうんざりすることもしばしば…。 しかし、 …

no image

「魔法の家事ノートアプリ」夏のプレゼントキャンペーン!

だんだん暑い日が多くなってきましたね。夏の家事で断トツ大変なのがキッチンを使う家事ではないでしょうか。火を使う料理は暑いし、お弁当は食中毒対策が必要、キッチンは清潔にしておかないとカビや臭いが心配…は …

カレーの染みは天日干しで落ちる? 「本当に落ちた」「びっくり」などの声、プロに聞く

「カレーの染みは天日干しで落ちる」という投稿が話題です。実際に落とせるのか、洗濯のプロに聞きました。 カレーの染みは天日干しで消える? 衣類についた「カレーの染み」について先日、SNS上で話題になりま …