乾燥、涙、静電気の恐怖…“冬”が苦手なさまざまな理由描く漫画が「めちゃくちゃ納得」

投稿日:2021-01-10 更新日:

「冬」にまつわるさまざまな悩みを描いた漫画が話題に。冬が苦手だという女性は、暖房で部屋が暖まるまで布団から出られなかったり…。

漫画「わたしは冬が苦手だ」のカット=おーちゃん(ohchan_65)さん提供

「冬」にまつわるさまざまな悩みを描いた漫画「わたしは冬が苦手だ」がSNS上で話題となっています。冬が苦手だという女性。暖房で部屋が暖まるまで布団から出られなかったり、肌が乾燥して保湿クリームを大量に消費したり…という内容で「めちゃくちゃ納得」「当てはまりまくり」「分かりみが深すぎた」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

いつごろから、「冬」が苦手に?

この漫画を描いたのは、おーちゃん(ペンネーム)さん(50)です。インスタグラムで漫画やイラストを発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

おーちゃんさん「超アナログ人間でSNSの世界は未知でしたが、娘2人のすすめで今年初めからインスタグラムを始め、イラストを発表していました。そのうち、現役ママさんたちの育児漫画を目にするようになり、おばあちゃん世代の視点で漫画を描くのもアリかなと思い、描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

おーちゃんさん「冬の到来におびえているのは、私だけではないはずだ…と思ったのがきっかけです!」

Q.いつごろから、冬に苦手意識を持つようになったのですか。

おーちゃんさん「冬は物心ついた頃から苦手だったと思います。幼少の頃、霜焼けに泣かされたトラウマかもしれません(笑)」

Q.逆に、冬のここが好きだと思えることはあるのでしょうか。

おーちゃんさん「冬の好きなところは、アウター、ストールのおしゃれが楽しめるくらいですかね(笑)他にも、コタツで食べるミカンはおいしいし、クリスマスもお正月も好きですがやはり苦手な季節です」

Q.一番好きな季節は。

おーちゃんさん「個人的には春派です! なぜなら、乾燥肌がほのかに潤ってきて保湿クリームの使用量も減り、静電気も起きにくくなるからです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

おーちゃんさん「この投稿には共感してくださる方々もいらっしゃる一方で、冬派という方が多く、多数決になれば夏派の惨敗が予想されます」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

おーちゃんさん「現在も楽しみながらやらせてもらっていますので、今後も今まで通り、思いつくまま気の向くまま描いていきたいです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

 

漫画「わたしは冬が苦手だ」のカット=おーちゃん(ohchan_65)さん提供

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

数十秒早く発車で鉄道会社が「大げさ」に謝罪するワケ 実は遅れより重大な問題が

列車が数十秒早く発車したことで鉄道会社が「大げさ」に謝罪し、そのことが海外でも話題になりました。実は鉄道会社にとって「早く発車」は「遅れて発車」よりも重大な問題をはらんでいるため「大げさ」に謝罪したと …

バスタオルの「雑菌臭」を撃退する3つのテクニック

お風呂から上がって手にしたバスタオル。しっかり洗濯したはずなのに、どうしたことか悪臭を放っている――。そんなご経験がおありではないでしょうか。今回は、バスタオルについたイヤな臭いの取り方をご紹介します …

日本にも数百万人? モノを手放せない「ためこみ症」の原因・治療法・周囲の接し方

日本には「ためこみ症」といわれる精神疾患を抱える人が数百万いるとされ、周囲に助けを求められない家族もいます。 「ためこみ症」とは、どのような疾患か テレビなどで報道される「ごみ屋敷」。その全てに当ては …

シャワーじゃダメ! 「冷え性」によく効く入浴法とは

女性にとっての大敵と言える「冷え性」。体が冷えるとさまざまな不調につながるため、普段からしっかりとした対策が必要です。今回は、冷え性の改善に役立つ入浴法をご紹介します。 冷え性改善に効果的な入浴法とは …

ワンワン、ブーブ、マンマ…子どもの「幼児語」を親は修正すべき? 正しい接し方は?

子どもが話す「幼児語」は、かわいらしく思えますが、接し方に迷う人も多いようです。子育て本著者が勧める話し方とは? 「幼児語」を話す子どもへの正しい接し方とは? 「ワンワン(犬)きた」「ブーブ(車)乗り …