【漫画】晩酌中のママに添い寝を断られた息子、あと何回寝れる?と涙するとママは…「刺さりました」

投稿日:2020-12-29 更新日:

1人で晩酌をしていたときの出来事を描いた漫画が話題に。パパと4歳の息子が寝室に行った後、1人で晩酌をしていたママでしたが…。

1人で晩酌をしていたときの出来事を描いた漫画のカット=ちい(chii_manga)さん提供

1人で晩酌をしていたときの出来事を描いた漫画がSNS上で話題となっています。パパと4歳の息子が寝室に行った後、1人で晩酌をしていたママ。しかし、30分後、息子が「お母さんと一緒じゃないと寝れん…」と部屋に戻って来てしまい…という内容で「大事なことを教えてくれた」「すごい刺さりました」「これは勝てない」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

考え方を180度変えられた出来事

この漫画を描いたのは、ちい(ペンネーム)さん(36)です。イラストレーターとして活躍しています。漫画は出産後、気分転換に描き始め、インスタグラムで日々の暮らしを描いています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

ちいさん「子どもに本当に大切なものは何か気付かされ、自分でもとても印象的な出来事だったので漫画にしました」

Q.「あと何回、お母さんと一緒に寝れる?」と言われたときの心境を教えてください。

ちいさん「頭を思いっきり殴られたような衝撃でした…。『今の幸せは期限付きなんだよ』と本人に言われ、考え方を180度変えられた感じです」

Q.普段はパパでも寝てくれるのでしょうか。

ちいさん「もちろん寝てくれます。寝かしつけはどちらがするとかは決めていないので、そのときの状況でいろいろです。ただ、パパは必ず子どもより先に寝てしまうので、子どもが1人で『寝れ〜ん』と戻ってくることはよくあります(笑)」

Q.ジョジョくんは寝るまでの時間を楽しみにしていますか。

ちいさん「楽しみにしています! パパとママでは寝る前にすることが違うようで、パパと寝るときは絵本を読んだり、恐竜や昆虫の話をしたり、好きなアニメの話をして盛り上がったりしているようです。私と寝るときは触れ合うことで安心するようで、ギューっとしながら保育園での話を聞いたり、『お母さん…大好きだよ』など愛の言葉をささやいてくれます(笑)」

Q.ちいさんご自身は何歳ごろまで、親と寝ていたのでしょうか。

ちいさん「正直、あまり覚えていないのですが…姉がいたので、小学校に上がる頃には姉と2人で寝ていたような気がするような気もします。小学校3年生くらいには1人で自分の部屋で寝ていました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

ちいさん「『大切なことに気付かされました』『今だけなんだ…大切にしようと思えるようになりました』など共感してくださるコメントが多かったです。また、『子どもの頃、1人で寝なさいと言われて寂しかったのを思い出しました』という方もいらっしゃいました。お子さんが大きくなられた方から、『本当にそうです。今しかない時間、大切にしてくださいね』というコメントも頂きました」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

1人で晩酌をしていたときの出来事を描いた漫画のカット=ちい(chii_manga)さん提供

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

新型コロナか、風邪か…判断つかぬまま市販の「風邪薬」服用、問題ない?

新型コロナウイルス感染症の脅威が続いていますが、症状が風邪と見分けがつきにくいケースも多いようです。判断がつかぬまま、市販の風邪薬を服用してもよいのでしょうか。 判断がつかぬまま、風邪薬を飲んでもいい …

「魔法の家事ノートアプリ」冬のプレゼントキャンペーン!

みなさま、毎日の家事おつかれさまです!寒さも厳しくなって、家事をするのも大変ですよね…「魔法の家事ノートアプリ」では、そんな家事をがんばるみなさまを応援するべく、冬のプレゼントキャンペーンを開催します …

NHK、奨学金受給学生などの受信料免除へ 2019年2月から、約21万件見込み

NHKが2019年2月から、経済的な困難を抱える学生の受信料を全額免除します。 奨学金受給の学生などの受信料が免除される(写真はイメージ) NHKは9月10日、経済的な困難を抱える学生を対象に2019 …

水と重曹で驚きの「灰色さ」に トンネルなどの落書き、消し去ることを重視するワケ

コンクリートの壁や橋など、道路構造物への落書きは全国的に見られますが、これを水と重曹だけできれいに落とす工法が存在します。どのような技術なのでしょうか。 塗料に重曹をぶつけて落とす  橋脚やトンネルの …

家計をお助け! ご主人の「お小遣い」を減らせる交渉術

夫婦であれば必ず付きまとう、夫の「お小遣い」問題。その金額の多さに悩んでおられる奥様も多いことと思いますが、今回はそんな方に向けて、家計のプロであるファイナンシャルプランナーが「減額の交渉術」をお教え …