【漫画】男の子欲しいやろと言われ続けた3姉妹の母、嫌な気持ちにならないベストアンサーは…?

投稿日:2020-12-23 更新日:

子どもの性別に関する言葉への返し方を描いた漫画が話題に。「男の子欲しいやろ」「次は男の子やな」と言われ続けた母親がたどり着いたベストアンサーは…。

漫画「『男の子ほしいやろ』に対する、マイベストアンサー」のカット=アーチノキー(aachinokey)さん提供

子どもの性別に関する言葉への返し方を描いた漫画「『男の子ほしいやろ』に対する、マイベストアンサー」がSNS上で話題となっています。子どもが3姉妹となって2年経過。この間、「男の子欲しいやろ」「次は男の子やな」と言われ続けた、子どもの性別を気にしない母親がたどり着いたベストアンサーは…という内容で「ものすごく共感しました」「いい言葉です」「大人の対応」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました

「次は男の子」と何度も声をかけられ…

この漫画を描いたのは、アーチノキー(ペンネーム)さん(30代)です。会社員・3児の母として子育てをしながら漫画を描いています。三女の育休中に描き始め、現在もインスタグラムで育児漫画を発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

アーチノキーさん「3姉妹の母なので、子どもの性別について『次は男の子』と幾度となく声をかけられてきました。そのことについて自分の考えをまとめてみようと思い、漫画にしました」

Q.どういう人から、「次は男の子~」と言われることが多いのでしょうか。

アーチノキーさん「ほとんど、職場の年配の方々(男性)です。長く働いている職場で、仲はとても良いので悪気がないのはよく分かっています。盛り上がる話題として3姉妹がネタになっている模様です」

Q.初めて言われたときはどんな心境でしたか。

アーチノキーさん「初めて言われたのは三女が産まれる前で、『また女かいな』といったニュアンスでした。私としては性別は全く意識していませんでしたが、『これから女の子を産むのに、そんなこと言ってほしくないな』というのが正直な感想でした」

Q.ベストアンサーを見つけるまでは、どのように答えていたのでしょうか。

アーチノキーさん「いろいろな返し方をしていました。『もう体力的に無理ですよ』『あんまり性別気にしてないんです』など。でも、『旦那は男の子欲しいやろ』などと会話が続いて、話題を変えるのが難しくなっていました。『もう、その話はいいですよ』と言うのもけんか腰になる気もして…模索している時期が長かったです」

Q.ベストアンサーを見つけたきっかけは何だったのですか。

アーチノキーさん「職場の年配の方にお孫さんが生まれて、そのお孫さんと三女の月齢が近かったので自然と『孫』がキーワードになり、今のような答え方が見つかりました」

Q.誰かと子どもの性別の話題になったとき、気を付けていることは。

アーチノキーさん「分からないことは言わないようにしています。『男の子はこうでしょ』『姉、弟だとこうでしょ』など決めつけるような発言はしないように気を付けています。将来、うちの3姉妹が子どもを授かることになっても、性別のことは言わないようにしようと思っています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

アーチノキーさん「『使ってみます』というコメントを多く頂きました。他にもいろいろなご意見をたくさん頂き、考えさせられました。子どもの性別について、周りからの声で悩んでいる方がたくさんいるんだと改めて感じました。中でも『少し先の未来、性別を気にする声かけはなくなるはず』というコメントがとても印象的でした」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

漫画「『男の子ほしいやろ』に対する、マイベストアンサー」のカット=アーチノキー(aachinokey)さん提供

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

美肌や冷え性にも効果! いま食べたい「桃」の驚くべきパワーとは【簡単レシピ付き】

夏が旬の「桃」には、冷房で冷えた体を温め、消化機能を活性化する働きがあるそうです。 薬膳では「温」の性質を持つ桃   美容コンサルタントで韓方(はんばん)薬膳料理専門家の余慶尚美さんが、夏が …

「エッグベネディクト」の基本レシピ&ヘルシーなアレンジ方法

カフェやホテルの朝食でおなじみになった「エッグベネディクト」。ここでは、その基本的な作り方と、カロリーや栄養が気になる方のための簡単アレンジ方法をご紹介します。エッグベネディクトでヘルシーな朝を迎えま …

幼稚園選びは「運動会」を見学すると失敗しない…その“理由”に共感の声、専門家に聞く

「幼稚園を選ぶ時は、運動会を見学すると保護者の雰囲気がわかる」との投稿がSNS上で話題に。「保護者までは見てなかった」「送り迎えしてるママの観察もオススメ」などの声が上がっていますが、専門家の見解はど …

年収480万円の夫と離婚した34歳主婦、養育費は「定額」「変額」のどちらにすべきか(下)

離婚の際に問題となる「養育費」。今回は、年収480万円の夫と離婚した女性のケースを例に、「定額」と「変額」のどちらがよいのか、筆者が解説します。 養育費は定額と変額、どちらがよい? 年収480万円の夫 …

シジミを冷凍すると「オルニチン」が何倍にも増えるって、本当? 管理栄養士に聞く

シジミを調理前に冷凍することで、シジミに含まれるオルニチンを何倍にも増やすことができるそうです。専門家に聞きました。 シジミを冷凍するとオルニチンが増える? 「肝臓に効く食材」といわれるシジミ。その効 …