【第10回】結局、結婚とは良いものなのか

投稿日:2020-09-20 更新日:

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。
ステップファミリー再婚離婚経験結婚相談所世田谷

仲人という仕事をしてる中でよく相談に来てくださる方に聞かれるのが「結婚っていいものですか?」という質問。

わたしはいつもこう答えています。
「結婚は良いものだと思っています。そして良くするも悪くするも自分次第だと思っています。」

自分の力ではどうにでも出来ないこと、どうにか出来ること


例えば旦那さんの暴力、浮気癖が直らない、金銭的なトラブルなどは、人間性うんぬんより病気かもしれない。
それはどうしようも出来ないかもしれないし、素人なんかに直せません。

そういう時は自分を犠牲にしたり、無理したりせず、自分の人生、もしお子様がいたらお子様の日々の気持ちを第一に考えて、すぐに行動するべきです。

そこは「もしかしたら治るかも」と期待してはいけない部分だと思います。

そういった、自分の力ではどうしようも出来ないこと以外は、自分の気持ちの持っていき方で変わってくるのではないかと思っています。

悪いとこばかり探して不満ばかり見つけていたら結婚は楽しいものではないし、楽しい時間、良いところ、うれしかったことを毎日拾っていくと結婚生活はとっても暖かく幸せな時間にあふれていると思います。

お見合いでのスタンスも同じなのですが、
「全然良い人がいません」とおっしゃる会員様と、「良い人ばかりで決めれません」とおっしゃる会員様がいます。

相手の顔とか収入とかそういうことではなく、お相手の層は変わりないのです。
どこか違うかというとその会員様の見ている部分が違うのです。

NGポイントばかり無意識に探してしまう人良いところがどんどん自然に目に付く人

もうこれは結婚するスピードも明らかに変わるし、結婚してからの生活もかなり差がでます。

見る部分を切り替えてみませんか?と言ってもなかなか最初は難しいかもしれません。

実際私も一回目の結婚では相手のダメだしばかりしていたし、良いとこを見る事をしなくなっていたなと思います。

失敗を活かしではないけれど、今はプラスの部分に目を向けることを意識しているし、夫婦生活以外でも日々のすべての出来事のなかでもそうしていくように心がけています。

いい事がないと「今日は嫌な事ばっかりあるんだよね~」って思いますが、実はいい事もあるのに、嫌な事だけに脳が集中してしまってる。

そのまま一日過ごすなんてもったいないから、意識して切り替え切り替えと思いながら生活しています。

元気に朝起きて、みんな寝起き不機嫌でも「おはよ~」と声を掛け合う。
朝ご飯食べて、お天気が良かったらそれはもう本当は最高に幸せな事だし、それは決して当たり前ではないこと。

洗濯を干すのが大変でも、傍にいてくれる旦那さんがいること、服を汚してばかりの洗濯を増やす子供がいること。

それだって大変でつらい事と考えてしまったらそうだけど、その存在は当たり前ではないし、奇跡的な事。

あ、大変だけど家族がいるからこそのこれなんだ。
妻にしてもらって、母にしてもらってありがたい。と私は思っています。

「結婚は良いものか?」

私は良いものだと思いますが、でもそれは人それぞれ、性格や生活の仕方によってもさまざまです。

でも少しでも結婚に興味があるならば一度は体験するべきだし、後戻りができないものではありません。

人生は何度でもやり直しができます。
挑戦したけど私には向いてなかった、これもしょうがないことだと思っています。

結婚について気になることがあればなんでも聞いてください!

この先わたしの結婚生活もどんな事があるかわかりませんが、後悔はないと思えるように日々楽しく生活できていけたらいいなと思っています。

いつも読んでくださってありがとうございます。
世田谷区役所の近くにカフェがあるので、お近くにお立ち寄りの際は、是非遊びに来てくださいね♪

-ライフスタイル, 恋愛
-, ,

この記事を書いたライター
戸村真琴
プロの歌手を目指して20歳で上京。夢破れ24歳で結婚し母になり、結婚の良さや家族のカタチもわからないままに28歳で離婚。シングルマザーに。

結婚って本当に最高!と心から思えたのは、今のパートナーに出会い子連れで結婚をして新しい家族になった瞬間。

血の繋がらないステップファミリーという家族のカタチ。

普通の結婚も普通じゃない結婚も、どちらも経験したからこそお伝えできる家族の豊かさやあたたかさがわたしにはあります。

世田谷でカフェも経営しています。
美味しいコーヒー を淹れますのでまずは気軽に会いに来てください。

関連記事

子ども偏食発達障害

発達障害がある子どもは偏食?その実態と向き合い方のヒント

「うちの子は食べられるものが少なくて困っている」「好き嫌いばかりをしていて、なかなか食事が進まない」といった悩みを抱えているパパ・ママも多いでしょう。その中には、ただの気まぐれや好き嫌いといった範疇に …

【子どものおもちゃ】適量は●●に例えてみよう!

子どもの成長と共に増えておく「おもちゃ」。 我が家では思い出の詰まった数々のおもちゃ捨てられずに溜まる一方です。 ママからの相談の中にも「おもちゃ捨てられない問題」が結構あります。 そんな時、私は「成 …

風水開運悪い気を吹き飛ばして五月病を乗り切る方法エネルギーチャージ

「好かれる人」はここが違った。人間関係がスムーズになるコツ

会社の上司や先輩から「礼儀がなっていない」と怒られた経験がある人は少なくないでしょう。 たしかに「礼儀正しく」はビジネスパーソンにとって基本中の基本です。 しかし「社会に出てからの礼儀」は、学校で教え …

ADHD名前覚えられない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第6話:名前が覚えられナイ!

私、名前が覚えられない女なんです。 人の名前はもちろん、地名も商品名も本の題名も、固有名詞はだいたい覚えられません。 この間なんて、最近はやりの「ハーバリウム」 (植物をオイルにつけて飾れる、みたいな …

脳を育てよう!7歳から出来ること

・3歳までに出来ること ・4歳~6歳で出来ること と書いてきましたが、今回は「7歳から出来ること」です。 7歳と言えば、小学一年生。 小学校に入ると、子どもたちの世界は、今までの倍以上の大きさとなりま …