タマネギでもう泣かない! そのコツを料理のプロに聞いてみた

投稿日:2022-09-28 更新日:

カレーライスに野菜炒め、サラダと、毎日の食卓に欠かせないタマネギ。しかし、実際に口に運ぶまでの不都合として、切る時の“涙”を挙げる人も多いのではないでしょうか。そこで、泣かないためのコツを聞いてみました。

 

涙が止まらないタマネギのみじん切り

カレーライスや野菜炒め、サラダなどの材料として重宝する「タマネギ」ですが、その“最大の関門”とも言えるのが、カットする時に出てしまう涙ではないでしょうか。目頭を押さえても止まらない刺激に難儀する、という人も多いことでしょう。

そこでオトナンサー編集部では、タマネギを切ると涙が出るメカニズム、さらには涙を防ぐ方法について、料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに取材しました。

酵素によって催涙成分が合成される

関口さんによると、タマネギを切ると涙が出るのは、切ったタマネギから催涙成分合成酵素が出て、プロペニルスルフェン酸と結合することで、催涙成分「プロパンチアール-S-オキシド」が合成されることによるものです。

「それが刺激となって涙が出てきます。原因は硫化アリルと思われていましたが、同じ成分を含むニラやニンニクを切っても涙は出ません」(関口さん)

タマネギに、催涙成分そのものが含まれているわけではなく、酵素によって催涙成分が合成され、揮発することで目を刺激するメカニズムがわかったといいます。

そこで、タマネギを切る時に涙が出ないようにするには、タマネギを1時間前から冷蔵庫で冷やし、揮発物質の拡散を防いだり、酵素の反応スピードを鈍らせたりする方法があります。また、ゴーグルなどで目を保護する方法や、切る前に電子レンジで30秒ほど加熱して揮発物質を飛ばす方法もあるそうです。

ちなみに、関口さんご自身はコンタクトレンズを使用しているため、「泣かされることは一切ありません」。

(オトナンサー編集部)


ライター:

関口絢子(せきぐち・あやこ)
料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug)

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

「食品用ラップ」は4種類! それぞれの特性を知って、賢く使おう

キッチンに欠かせない食品用ラップ。実は、素材によって4種類に分類され、それぞれに適した用途があることをご存じですか。素材ごとの特性を知ることで、より賢く、便利に使うことができます。 箱底面の「原材料名 …

生理痛がひどくて困る! 原因や緩和する方法とは

腹痛や頭痛など、生理で引き起こされる痛みや不快な症状を「月経困難症」といいます。その原因や適切な対処法を医師に聞きました。 生理痛の原因や緩和法は?  女性が毎月一度、必ず向き合わなければならない「月 …

精神科医が語る! 「寝る前2時間」で人生は決まる? 徹夜自慢は無意味

精神科医の樺沢紫苑さんの著書「人生うまくいく人の感情リセット術」から、「睡眠」が持つ意味について紹介します。 私たちにとって睡眠が持つ意味とは 「仕事がうまくいかず焦る」「人間関係にイライラする」「将 …

「入院1日あたり○○円」のがん保険に潜む“困窮”という落とし穴

がんになって長期の治療をする割合は3割程度。このリスクに対し、これまでは「入院1日○○万円」という保険が主流でしたが、「入院の短期化」が進んだことで異なるタイプの保険が登場しています。がんへの備えは万 …

セックスレスタイミング

「足の臭い」が気になる! その原因と簡単な対策を解説

汗をかきやすいこの季節は特に気になる「足の臭い」。ここでは、その原因と誰でも簡単に始められる対策についてご紹介します。   多くの人が抱える「足の臭い」の悩み   男女を問わず「足 …