プロテインはダイエットの味方!上手に取り入れてキレイになる

投稿日:2020-07-08 更新日:

プロテインでダイエット
みなさん、プロテインってどんなイメージですか?
ボディービルダーのような筋肉ムキムキの人や、アスリートの人が飲むもの。そして運動をしない人が飲むと太る!というイメージではないでしょうか?

売られているプロテインドリンクのイメージが先行している方も多いと思いますが、プロテインはカラダに必要な三大栄養素の「たんぱく質」を意味します。
タンパク質は女性をキレイにしてくれる強い味方なんです。

今回は、なぜプロテインが女性の強い味方なのか、そしておすすめのプロテインをご紹介します。

タンパク質不足で太りやすいカラダになる!?

ダイエットで食事をサラダだけにしてしまったり、偏った食生活を送っている現代人はタンパク質が不足している人が多いそうです。

タンパク質は人のカラダに必要な3大栄養素の1つ。
タンパク質は三大栄養素の一つ
「糖質」「脂質」「タンパク質」をバランスよく摂取しないといけません。
タンパク質の少ない食事を取ると、糖質、脂質の多い食事でタンパク質を摂取しようと、食事量を多く取ってしまうのです。
逆にいうと、必要な分のタンパク質を食事で摂取出来ていれば、食べ過ぎ防止にもなり、満足感も得られるということです。

キレイな肌、つやつやの髪はタンパク質で出来ている

キレイな艶髪はタンパク質でできている
人のカラダの約60%が水分です。他40%中タンパク質は15~20%も締めています。
カラダを形成するためにはタンパク質が必要不可欠なのです。

ダイエットや美容のために水をたくさん摂取することは知られていると思いますが、それと同じようにタンパク質も必要量摂取することで、健康で美しい体を手に入れることが出来る
のです。

タンパク質は筋肉のイメージが強いかもしれませんが、肌や髪の毛、爪に臓器、そしてカルシウムと一緒にできる骨などをつくるために必要な成分だということをご存じでしょうか?

ダイエットで食事制限をした人の爪が割れやすくなったり、髪の毛がパサパサになったり、肌がカサカサになってしまった!という話を聞いたことはありませんか?
それはタンパク質不足原因かもしれません。

1日に摂取したい、必要な量の目安は?


運動量によって変わってきますが、人が1日に必要とするタンパク質の量は「体重1kgに対して1g」とされています。

また、1回の食事全体の15%はタンパク質を摂取しないと、満足感を得られないとされているので、1回の食事で1日に必要なタンパク質を摂取するのではなく、数回に分けたり、食事のたびに摂取する事が大切です。

プロテインでタンパク質を簡単に取り入れる!


本来は食事でタンパク質を取り入れるのが理想なのですが、必要な量を食べたなくては行けなかったり、食材のタンパク質量を計算したりと大変。ましてや1回の食事に15%とか、1日に50g摂取とか面倒ですよね。
そこでおすすめしたいのがプロテインドリンク。
1杯で摂取できるタンパク質量がわかりますし、最近のプロテインドリンクはとても美味しい!

飲むタイミングは食事の前がおすすめ。プロテインドリンクを飲んでから食事をすると、食べ過ぎ防止になりますよ。

おすすめ!おいしいプロテイン3選

おすすめするのは、味が美味しくて、1杯のタンパク質量が20g以上あるプロテイン3品をご紹介します。

DNS

ミルクの感じが苦手な方のために開発されあクリアテイストのホエイプロテイン。
味はライチ、スポーツドリンク、オレンジティーの3種類。
一般的なチョコレートやストロベリーなどもありますが、ラムネ味といった珍しいラインナップがそろっているブランドです。

DNS「スポーツドリンク&ライチ風味」350g袋×2 ハンディシェイカー付
¥5,400

ゴールドスタンダード

運動した時にタンパク質とともに必要なアミノ酸(BCAA = バリン、ロイシン、イソロイシン)が1スプーン32g中、5.5g入っているため、世界のアスリートにも人気のブランド。


Gold Standard ホエイ プロテイン エクストリームミルクチョコレート 907g
¥4,134

コンバット

元NFL選手のが設立したサプリメントメーカー。
格闘技団体UFC(Ultimate Fighting ChampionshipR)とMLB「Cincinnati Reds」のオフィシャルスポンサーも務めているMuscle Pharm社のブランドです。


MusclePharm コンバット ホエイプロテイン クッキーアンドクリーム 2269g
¥5,768

これからはプロテインを上手に取り入れて、キレイなカラダを作っていきませんか?

-ビューティー

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

Q,アイシャドウはブラウン以外、冒険できない!

アラサー、アラフォー、アラフィフのみなさんは何色のアイシャドウを使っていますか? シーズンごとにたくさんのカラーのアイシャドウが販売されているのに、”いつもブラウンばかりを選んでしまう…” …

真弓定夫 映画 現在 小児科医

クスリも注射も使わない小児科医・真弓定夫先生から学ぶ !~自然治癒力をあげる子どもの育て方とは?~

菌を殺す抗生物質を、なんでもすぐに処方する医者が多い日本。 そんな中、「医者が病気を治すのではない。自然治癒力を高めるのが医者の役目」という真弓定夫先生のドキュ メンタリー映画「蘇れ生命(いのち)の力 …

夫に「早く帰って来て」と思う妻はまさかの4割!?

近年、日本では長時間労働が問題になっています。 残業や徹夜は当たり前、長時間労働という感覚すら麻痺し、いつの間にか体調不良になっている…そんなこともありますよね。 働くママが増えたことで、 …

ヨガ,ポーズ,準備運動

心も体もほぐそう!おうちヨガ準備運動

今日の自分の状態を知るためにも準備運動をしましょう! ヨガを初めてする方、体がかたい…という方はまず準備運動から始めることをおすすめします! 一連の準備運動をすることで、今日は肩がこっている、腰が痛い …

夏バテ回復秋バテ

この夏痩せられなかった人へ…秋バテ対策とダイエットも出来る方法!

連日の猛暑が続き、この夏は冷房の効いた部屋で過ごしたという人も多いのではないでしょうか。 さらに昨年に引き続き、コロナ禍ということで家で過ごす時間が長く運動不足が続いた人も多いかと思います。 暑い外と …