【漫画】すてきすぎると評判、うちの父親が“モテ男”であり続ける理由 「会ってみたい」

投稿日:2020-07-31 更新日:

女性に優しい父親を描いた漫画が話題に。女性同士のおしゃべりをニコニコ聞き、よく笑い、古い考え方にもこだわらない父親ですが…。

(漫画「うちの父はモテ男です」のカット=chipukosan(chip8479)さん提供)

女性に優しい父親を描いた漫画「うちの父はモテ男です」がSNS上で話題となっています。女性同士のおしゃべりをニコニコ聞き、よく笑い、古い考え方にもこだわらない父親。決め手は、女性が好きなので何歳の人でも“女の子”扱いすることで…という内容で、「キュートなお父さん」「会ってみたい」「見習います!」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

ユニークなキャラのルーツとは?

この漫画を描いたのは、主婦のchipukosan(ペンネーム)さんです。インスタグラムでエッセー漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか

chipukosanさん「小さいときから漫画家の矢沢あいさんが大好きで、子どもの頃は漫画家になりたいと思った時期もありました。20代の頃はアパレルの仕事をしながら、デザイン画などを描いたりしておりました。友達に勧められて、2019年秋からインスタグラムにも投稿するようになりました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

chipukosanさん「父は面白いし女性に優しいので、父のネタを描きたいなあと思って描かせていただきました!」

Q.お父さまのユニークなキャラクターには、どんなルーツがあるのですか。

chipukosanさん「恐らく、子どもの頃からこんな感じだったと思われます(笑)父はサラリーマンで、私が幼い頃は静かな感じでしたが、根が真面目でピュアな感じはずっと変わっていないと思います」

Q.お父さまは若者の流行を取り入れるために、何かなさっているのでしょうか。

chipukosanさん「父は10歳くらい年下の友達が多いので、それが理由なのかなと思っています。私は10~20代はギャルだったので、父はギャル文化についてよく質問してくれていました(笑)父の女装は基本的にギャル系です」

Q.お父さまのような男性が身近にいることで、ご自身の男性観にも影響がありましたか。

chipukosanさん「10代の頃からモテる男性が好きですが、父とは関係ないと思っています。30代に入って、『そういえば父もモテるタイプだな』と気付きました(笑)」

Q.評価の高いお父さまを持ったお気持ちを教えてください。

chipukosanさん「うれしいです! 私の友達が父を褒めてくれるのも、とてもうれしいです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

chipukosanさん「『お父さん、すてきですね』というコメントをたくさん頂き、とてもうれしかったです! ありがたいです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

chipukosanさん「少し変わっていて、少し攻めているけど笑えて、共感できて、面白いと思っていただける作品を描いていきたいです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

 

(漫画「うちの父はモテ男です」のカット=chipukosan(chip8479)さん提供)

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

「ストレス頭痛」の見分け方と対処法を解説

ストレスが原因で起きる「ストレス頭痛」をご存じですか。特に病気をしているわけでもないのに、頭の痛みが治まらない。そんなあなたはこの辺で、自分の頭痛と向き合ってみましょう。 そもそもストレス頭痛とは 日 …

モラハラ夫に耐え続けた56歳女性、金の切れ目で決断した「コロナ離婚」の始終【#コロナとどう暮らす】

緊急事態宣言解除後も、日常生活にさまざまな影響を及ぼし続ける新型コロナウイルス。それは、夫婦のあり方についても例外ではありません。3つのケースをご紹介します。   コロナをきっかけに、離婚に …

no image

視界に黒い影や糸くず…「飛蚊症」の原因は? 受診した方がいい?

視界に黒い影や糸くずのようなものが浮かんで見える「飛蚊症」。経験者は多いようですが、眼科を受診した方がよいのでしょうか。 飛蚊症は受診が必要? 「物を見ているとき、視界に黒い影や糸くずのようなものが浮 …

新型コロナか、風邪か…判断つかぬまま市販の「風邪薬」服用、問題ない?

新型コロナウイルス感染症の脅威が続いていますが、症状が風邪と見分けがつきにくいケースも多いようです。判断がつかぬまま、市販の風邪薬を服用してもよいのでしょうか。 判断がつかぬまま、風邪薬を飲んでもいい …

若者の“電話嫌い”が言われる一方…「アラフォーだけど苦手」「年齢関係ない」の声も、克服法は?

ビジネスシーンでも、電話の代わりにメールやLINEを使うことが多くなる一方、若い人を中心に“電話嫌い”が増えているとも指摘されています。電話嫌いの人の特徴や電話嫌いを克服する方法を探ります。 電話が嫌 …