【漫画】すてきすぎると評判、うちの父親が“モテ男”であり続ける理由 「会ってみたい」

投稿日:2020-07-31 更新日:

女性に優しい父親を描いた漫画が話題に。女性同士のおしゃべりをニコニコ聞き、よく笑い、古い考え方にもこだわらない父親ですが…。

(漫画「うちの父はモテ男です」のカット=chipukosan(chip8479)さん提供)

女性に優しい父親を描いた漫画「うちの父はモテ男です」がSNS上で話題となっています。女性同士のおしゃべりをニコニコ聞き、よく笑い、古い考え方にもこだわらない父親。決め手は、女性が好きなので何歳の人でも“女の子”扱いすることで…という内容で、「キュートなお父さん」「会ってみたい」「見習います!」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

ユニークなキャラのルーツとは?

この漫画を描いたのは、主婦のchipukosan(ペンネーム)さんです。インスタグラムでエッセー漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか

chipukosanさん「小さいときから漫画家の矢沢あいさんが大好きで、子どもの頃は漫画家になりたいと思った時期もありました。20代の頃はアパレルの仕事をしながら、デザイン画などを描いたりしておりました。友達に勧められて、2019年秋からインスタグラムにも投稿するようになりました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

chipukosanさん「父は面白いし女性に優しいので、父のネタを描きたいなあと思って描かせていただきました!」

Q.お父さまのユニークなキャラクターには、どんなルーツがあるのですか。

chipukosanさん「恐らく、子どもの頃からこんな感じだったと思われます(笑)父はサラリーマンで、私が幼い頃は静かな感じでしたが、根が真面目でピュアな感じはずっと変わっていないと思います」

Q.お父さまは若者の流行を取り入れるために、何かなさっているのでしょうか。

chipukosanさん「父は10歳くらい年下の友達が多いので、それが理由なのかなと思っています。私は10~20代はギャルだったので、父はギャル文化についてよく質問してくれていました(笑)父の女装は基本的にギャル系です」

Q.お父さまのような男性が身近にいることで、ご自身の男性観にも影響がありましたか。

chipukosanさん「10代の頃からモテる男性が好きですが、父とは関係ないと思っています。30代に入って、『そういえば父もモテるタイプだな』と気付きました(笑)」

Q.評価の高いお父さまを持ったお気持ちを教えてください。

chipukosanさん「うれしいです! 私の友達が父を褒めてくれるのも、とてもうれしいです」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

chipukosanさん「『お父さん、すてきですね』というコメントをたくさん頂き、とてもうれしかったです! ありがたいです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

chipukosanさん「少し変わっていて、少し攻めているけど笑えて、共感できて、面白いと思っていただける作品を描いていきたいです」

(オトナンサー編集部)

【漫画】本編を読む

 

(漫画「うちの父はモテ男です」のカット=chipukosan(chip8479)さん提供)

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

「こいくち」と「うすくち」、塩分が高いのはどっち? 知って得するお醤油の知識

日本料理などに欠かせない調味料の「醤油」ですが、製法などによって何種類かに分かれます。今回は「濃口」「淡口」「たまり」の3つについて、それぞれの特徴などをご紹介します。 お刺身に焼き魚、煮物と、日本の …

1日何グラムまで? 適切な塩分摂取量と減塩のポイント

減塩意識の高まりから、日本人の塩分摂取量は減少していますが、それでもまだまだ目標達成できていません。ここでは、料理別の塩分摂取量や減塩のためのポイント、レシピについて解説します。   適切な …

「卵」は冷蔵庫に入れるべき? それとも、常温保存すべき?

日々の料理に欠かせない「卵」。皆さんは、冷蔵庫の専用ポケットで保存していますか、それとも常温保存していますか。スーパーなどでは、常温に置かれているのをよく目にしますが、そもそも卵は常温保存できるのでし …

失敗した人必見! 簡単に実践できる「早起き」のコツ

「朝、早起きができない」。そんな悩みをお持ちではありませんか。ここでは、早起きにまつわる誤解を解きながら、明日から実践できる早起きのためのコツや、睡眠についての正しい考え方を解説します。   …

クリーニング代を節約! 自宅でダウンジャケットを洗う方法

冬のアウターと言えば「ダウンジャケット」ですが、1回数千円をかけてクリーニングに出すのではなく、家庭で簡単に洗う方法があります。節約のためにも一度お試しあれ。 冬のアウターの定番「ダウンジャケット」 …