お弁当に「梅干し」を入れても食品の傷みは防げない? 梅干しの殺菌・防腐効果とは

投稿日:2022-07-09 更新日:

食品が傷むのを防ぐため、昔からお弁当に梅干しを入れることがありますが、梅干しを1粒ご飯にのせただけでは効果がないようです。

(「梅干し」の殺菌・防腐効果とは?)

梅雨の時期になると、気温や湿度が上がり、お弁当に入れた食品が傷みやすくなります。傷みを防ぐ目的で、昔からお弁当に梅干しを入れることがありますが、ネット上には「ご飯の上に梅干しをのせるだけでは、殺菌・防腐効果は限られる」「今の梅干しは、昔の梅干しほど効果はない」という声もあります。梅干しの殺菌・防腐効果とは、どの程度のものなのでしょうか。料理研究家で管理栄養士の関口絢子さんに聞きました。

傷みにくいのは梅干し“そのもの”

Q.梅干しは「食品が傷むのを防ぐ効果がある」といわれていますが、事実でしょうか。

関口さん「よく誤解されているのですが、梅干しを1粒お弁当に入れると、周囲の食品が傷みにくくなるというわけではありません。梅干しが周囲の食品を傷ませることを防ぐわけではなく、『梅干しそのものが傷みにくい』というのが事実です。

Q.では、ご飯の上に梅干しをのせるだけの、いわゆる「日の丸弁当」の殺菌・防腐効果は。

関口さん「雑菌の繁殖は、水分と20~40度の菌が好む温度に関連するので、先述したように、梅干しが存在すればお弁当が傷まないということではありません。例えば、ご飯の上にシラスをかけたらシラスの雑菌が増殖するリスクが高いですが、梅干しはそれ自体は雑菌のリスクが少ない食品なので、梅干し自体は傷みにくいとはいえます」

Q.梅干しを使って、弁当の傷みを防ぐ方法はないのでしょうか。

関口さん「塩気が濃い、昔ながらの梅干しを使うことを前提にお話しします。梅を漬け込んだ汁や赤シソを刻んでご飯全体に混ぜ込むなど、酢飯のようにすれば、ご飯はかなり傷みにくくなります」

Q.多くの市販の梅干しには、昔の梅干しほどの殺菌・防腐効果がないという声もあります。本当ですか。

関口さん「本当です。最近は健康志向の高まりで、減塩されたものや酸味を極力抑えて甘く仕上げたものなど、さまざまな梅干しが市販されており、昔ながらの、塩気が濃い梅干しを探す方が難しいです。防腐によいのは、高い塩分と酸を含む、昔ながらの保存性のよい梅干しです」

Q.梅味のふりかけをご飯の上にかければ、満遍なく広げることができます。殺菌・防腐効果はありますか。

関口さん「梅味のふりかけであっても、逆に傷みやすくなります。本来は、ご飯の上に何ものせない方が傷みにくいのです。ふりかけの中に含まれる、のりやでんぷん質などが水分を吸うと、傷みやすい食品になる恐れがあります。ちなみに『のり弁』も、夏場は傷みやすいので注意しましょう」

Q.これからの時期、職場や学校でできる、弁当の傷みを防ぐための方法を教えてください。

関口さん「避けてほしいのは、作ってから2日目のおかずを入れることや、雑菌が好む20~40度の温度の空間に食品を長時間置くことです。腐敗菌は水分によって増殖しやすくなるので、朝しっかり加熱した食品を、粗熱を取って冷ましてから詰めることも大切です。水分を傷みにくくするのが塩、糖、酸なので、おかずは味を濃いめに作り、酢を活用するのもお勧めです」

(オトナンサー編集部)


関口絢子(せきぐち・あやこ)
料理研究家・管理栄養士・インナービューティースペシャリスト

米国栄養カウンセラー、ヘルスケアプランナー。企業やウェブサイトなどの各種メディアで、レシピやコラム、企画提案などを行う。斬新なアイデアやニーズを捉えた企画が人気を博し、CM用のフードコーディネートやフードスタイリング、商業施設のフードプロデュースなど多岐にわたり活動。「毎日続けられること」をモットーに簡単・おいしい・おしゃれ、かつ美容と健康に直結したレシピを発信。自らの体調不良を食で克服した経験から執筆した著書「キレイになる!フェロモンレシピ」で「食から始めるアンチエイジング」をテーマに、女性が一生輝き続けるための食事法を紹介。セミナーや女性誌の特集で人気を集めている。

■オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/ayako-sekiguchi/)
■YouTubeチャンネル「管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン」(https://www.youtube.com/channel/UC6cZRYwUPyvoeOOb0dqrAug)

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

「鍋料理」は材料次第で太る原因にも! 賢い食べ方&おすすめレシピ

鍋料理はヘルシーなイメージがありますが、材料や食べ方によっては太る原因になってしまう可能性もあります。管理栄養士が注意点をお話しします。 鍋料理はヘルシーなイメージだが… 肌寒い季節になってくると、温 …

見た目や材料はそっくり 冬の甘味「おしるこ」「ぜんざい」は何が違う?

寒い季節になると、「おしるこ」「ぜんざい」といった温かい甘味が食べたくなりますが、両者の「違いがよく分からない」という声があります。専門家に聞きました。 おしることぜんざいは、どう違う? 寒い季節にな …

ワンワン、ブーブ、マンマ…子どもの「幼児語」を親は修正すべき? 正しい接し方は?

子どもが話す「幼児語」は、かわいらしく思えますが、接し方に迷う人も多いようです。子育て本著者が勧める話し方とは? 「幼児語」を話す子どもへの正しい接し方とは? 「ワンワン(犬)きた」「ブーブ(車)乗り …

専門医に聞く、子どもの「便秘」の現状 原因・症状・家庭でできる予防&解消法とは?

子どもの約半数が便秘に悩んでいるといいます。親が気付くためのサインや改善法を、医師に聞きました。 子どもの便秘、原因や改善法は?   子どもの便秘患者が増えているといいます。中には、親が気付 …

生産量が過去最高に! 「サバ缶」のメリット・種類ごとの特徴・効果的な食べ方

昨年、生産量が過去最高を記録するなど、お財布にも体にもうれしい食材として人気の「サバ缶」。その種類ごとの特徴や食べ方について、栄養士に聞きました。 水煮、みそ煮、味付きと種類も豊富な「サバ缶」、どれを …