充実した40代を迎えるためにやっておきたい10のこと

投稿日:2020-05-05 更新日:

「人生100年時代」と言われていますが、もしあなたが40歳を迎えるとしたら、残りの人生をどのように過ごしたいですか?

20代、30代と比べると人間としてより成熟していく一方で、体力の衰えも顕著に感じてくる40代。

人生の後半戦に向けて「お金」「家族」「健康」「仕事」などを軸に、しっかりとライフプランを考えていきたいところですよね。

今回は40代をより充実した豊かな毎日にするために、やっておきたい、おさえておきたい10のことを紹介していきたいと思います。

見直しておきたい生活習慣(睡眠、運動)

40代運動睡眠健康食生活
40代を迎える前に一番見直しておきたいことといえば「生活習慣」ではないでしょうか。

20代、30代と比べると段々と体力の回復が遅くなったり、疲れやすくなる、太りやすくなるなど様々な身体の不調がおきてくる年齢に突入します。

また運動・睡眠・喫煙・飲酒・ストレスなどが大きく関係している生活習慣病(糖尿病、高血圧など)は要注意です。

まずは基本的な生活習慣(睡眠、運動)を改めて考えつつ健康な体作りの底上げをしておきましょう。

1.睡眠は6~8時間はとっておこう

仕事、育児、家事と邁進している方も多いとは思いますが、心と体をしっかりと休ませる為に夜間の睡眠は6〜8時間ほど確保しておきたいところです。

今までは睡眠時間を多少削っても何とかなっていた事が、段々と体力がついていかなくなる事を実感してくるはずです。
なるべく夜更かしは避けて、体内時計のリズムを保ちましょう。

眠気がきたら寝床に入り、朝起きる時間は決まった時間にしておきましょう。
参考:健康づくりのための睡眠指針 2014.pdf

2.無理なく続けられる運動で体力UP!

デスクワークが多い仕事、運動する習慣のない人は慢性的な「運動不足」に陥りやすくなるので注意です。

年齢とともに身体の代謝も落ちてくるので、体重も増えやすくなります。

いきなりジムに通ってトレーニングも良いのですが、まずは普段の生活の中で、無理なく長期的な続けられそうな運動を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

例えば一駅分歩いてウォーキングする、階段を使う、家で○分間だけ腹筋してみるだけでも体力の底上げができるはずです。

3.健康診断、人間ドックは必ず受けよう

「体は資本」と言われる通り、健康でなければ何もできません。

まずは自分の体をしっかりと把握する為に健康診断や人間ドックは必ず受けましょう。

女性は女性特有の疾患(乳がん、子宮がんなど)もしっかりとチェックしておきましょう。

4.保険の加入、プランの見直しをしておこう

未来の自分のため、家族のためにも備えていて安心の「保険」。

”まさか”の時に直面した際は心強い存在になるはずです。医療保険、生命保険など自分にあったものをチョイスしておく良いでしょう。

5.食生活

40代に入ると身体の基礎代謝は落ち、食べたものを消化する酵素も少なくなります。暴飲暴食などを繰り返していたり、偏った食事ばかりをとっていると身体への負担も大きくなるので注意です。

6.様々な食品をバランスよくとろう

食生活を見直したいのであれば、まずは添加物などが含まれていない食材、食べ物をチョイスしましょう。

そして肉、魚、野菜、キノコ、豆腐などの食品をバランス良く、食べ過ぎない程度の量を摂取する事が大事です。

毎日クタクタで料理作るのも大変…という方は、経済的に余裕があれば宅配サービスや家事代行サービスなどを使ってみるのもおすすめです。

仕事

40代仕事役割充実
40代に入ると仕事をスタートしてから約20年目に入り、経験も増えてベテランと呼ばれる年齢に入ると思います。

60代を定年と考えるなら半分ぐらいを経過したのではないでしょうか。

まだまだ働き盛りと呼ばれる40代の仕事について考えて行きましょう。

7.やらない理由を言い訳にしない

「もう歳だから冒険はできない…」
「家族もいるし立場的にちょっと…」
など、歳を取るにつれて良くも悪くも仕事に対して保守的になってくるのではないでしょうか。しかし40代はまだ若いです。もし本当にやりたい事があるならば年齢を気にせずに大いに挑戦するのも良いでしょう。

8.「仕事と生活のバランス」のとれた働きかたも

近年では働き方改革によって様々な企業が「仕事と生活のバランス(ワークライフバランス)」に取り組んでいます。

仕事だけでなく私生活も一緒に充実させようとする考え方は人生をより豊かにしてくれる働き方であると言えます。

個人のライフスタイルやライフステージにあった働きかたを考えておくことも良いでしょう。

お金

40代お金貯蓄貯金老後資金
40代にもなると自分の老後のことや、親の介護、子供の教育資金などがよりリアルに感じられてくるのではないでしょうか。具体的にどれぐらいの貯蓄があれば良いのかをシミュレーションしてそのゴールを設定しておきましょう。

9.生活にまつわる無駄なコストを削ろう

まずは今現在どれぐらいの生活コストがかかっているのかを洗い出して、その無駄な部分をカットしていくと良いでしょう。

家賃や保険料、通信費(スマホ代)などの固定費は、家計における割合がとても大きいので一度見直しておくことをおすすめします。

10.家族、友人との時間を大切に過ごそう

家族や友達など身近にいる大切な人たちとの時間を大切に過ごしましょう。

その人たちとの時間は無限ではない事を頭に入れておきましょう。

不慮の事故や天災などで突然の別れがくるかもしれません。常日頃から感謝の気持ちを持って接しておきたいですね。

いかがでしたでしょうか。

自分を取り巻く変化を受け入れてポジティブに考えて行けば40代はきっと素晴らしいものになるのではないでしょうか。

人生のターニングポイントとして今一度振り返りつつ、前進して行きましょう。

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)は日々のライフスタイルをちょっとした工夫で運気アップ♪をコンセプトに人生100年時代を生き抜く、産後の女性や35歳前後の女性たちを応援する情報を発信していきます。35style編集部では一緒にメディアを盛り上げてくれるライターさんを随時募集しています。応募や詳細は各SNSのDMでも受付けております!

関連記事

ママ仕事復帰

【人生100年時代の働き方】第5回: 専業主婦はもう古い!?これからの時代、主婦は働くべき?

最終回は働き方についてです。女性は家事・育児・介護など「家庭責任」を負うことが多く、働くこと、収入を得ることがサブ的になりがちです。 人生100年時代を乗り切れるよう、働き方も変えていく必要があるかも …

“主婦のおこづかい”みんなどれくらいもらってるの?

主婦のみなさん、自分の“おこづかい”はありますか? ほとんどの方はもらっているようですが、なかには専業主婦なのでもらっていないという方も…。 そして、やっぱり気になるのは、「みんなどれくらいもらってい …

【第1回】離婚も再婚も経験したカフェオーナーが伝えたい、いろんな家族のカタチ

皆さま、はじめまして、戸村真琴です。 わたしは結婚相談所とカフェ(city.coffee.setagaya)と二つの仕事をしながら母として妻として、忙しくも楽しい毎日を送っています。 昨年結婚相談所と …

働くママは、お惣菜や外食をどれくらいの頻度で利用している?

今は共働きが当たり前と言われている時代ですよね。 仕事が終わって、疲れていても子どもの「お腹すいたー!」の言葉に、大急ぎで晩ご飯の支度をする毎日! 子どもの食育に気を使いたいけれど、外食やスーパーのお …

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …