1歳でも出来る!最初のお手伝いはこれで決まり!

投稿日:2021-05-05 更新日:


我が家では、1歳後半からお手伝いをさせています。

小さい頃は、親のやっている事をなんでも真似したがるので、お手伝いでも喜んでやってくれます。

子どものお手伝いは、手間も時間もかかるので、まずは、ちょっとしたお手伝いからのスタートさせるとよいでしょう。

あっという間に出来るお手伝いからスタート

我が家のお手伝いのスタートは、煮干しやカツオ節を鍋に入れる事からはじめました。これだと2秒で終わります。

そして、料理の基本にも関わる「出汁を取る」ということを体験して覚えていく事が出来ます。

また、「今日は、〇〇ちゃんが煮干しを入れてくれたからお味噌汁が美味しいねー」と食事中の会話も盛り上がり、自信にも繋がります。

急ぎの時は、だしの素でもOKです!

出汁づくりのお手伝いが出来るようになると、

  • じゃがいもを洗う。
  • ゆで卵の殻をむく。
  • レタスを食べやすい大きさにちぎる。

など、少しずつ出来る事を増やしていくと、自分も家族の中での役割を実感し、達成感や満足感、やりがいを感じるはずです。

さらに、家族が喜んでくれる事で、思いやりなども学んでいきます。

我が家のお手伝いルール

お手伝いを頑張るのは子ども達だけではありません。
親も忍耐強く見守るなど、努力しなければいけない事がたくさんあります。

我が家が守ってきたルールをご紹介します。

時間や余裕のない時にはお手伝いを最低限にする

子どものお手伝いは、準備と時間と気持ちの余裕が必要です。

最低限のお手伝いにとどめましょう。どうしてもやりたいと駄々をこねる時は、「お手てを拭くタオル取ってー」とお願いしたりするのも良いと思います。

また、きっぱりとお手伝いをさせないと決めておいても良いと思います。

子どもが潤滑に出来るように準備をする

子どもは大人の様に出来ません。

少し手間になりますが、子どもの成長に合わせて準備をしておいてあげる事が大切です。

水でびちゃびちゃにしそうなら、タオルを事前に敷いておくなど、いろいろな工夫が必要です。

叱らない忍耐


一番大事なのは、子どもがどんなに失敗しても叱らないということ。親には忍耐が必要です。

つい、口を出してしまったり、力を貸してしまったりしますが、そこはグッと我慢して下さい。

子どもの力でやれるところまで見守ってあげて下さい。

娘は、小さい頃からのお手伝いの積み重ねで、小学生になった今では、野菜を切れるようになり、きんぴらのような簡単な品は作れるようになりました。

今では食事づくりの戦力となっています。

何より、自分で作ったものは美味しいと、いつもニコニコ笑顔の娘です。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …

香害 化学物質過敏症 症状 原因

「香害」に気づいていますか?化学物質過敏症になる恐れも

柔軟剤等の素敵なCM。 テレビから香りを嗅ぐことはできませんが、広告を見ると、ふんわりといい香りを身にまとえばラグジュアリーな気分になれそうな気がして、柔軟剤や香りつき洗剤を使う人が多いようです。 我 …

「朝活」してる? 早起きのコツを知りたい!

さむ~い朝! おふとんから出るのがつら~い!! 朝くらいしか自分の時間を持てないから早起きをして、時間を有効に使いたいけれど…。 そこで今回は、できたら習慣にしたい「朝活」についての質問をピックアップ …

「褒めて育てる」で育った子は嘘つきになる?

褒めて育てる。 何年も前から耳にする機会の多い育児法です。 褒めて育てると自尊心が育ち、自信に満ち溢れ、意欲的な子どもに成長していく。 …と思うかもしれませんが、なんでもかんでも褒めて育てる育児は叱り …

いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感

いじめた子といじめられた子、「どっちが悪い?」と、子ども達に意見を聞くと、いじめる方が悪いという子がほとんどですが、いじめられる子も悪いという子もいます。 そもそも、どうしていじめは起きてしまうのか。 …