子育て 心のケア 教育・制度

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

投稿日:2019-01-21 更新日:


うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛元気
悪く言えば、落ち着きがない
娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。

もしかしたら、男の子の子育てママが歩んできた道とは異なるために難解なのかもしれません。

四柱推命

我が家の好奇心旺盛な息子の大変エピソード


うちの息子は本当に元気!

スーパーにいけば、あっちいって、こっちいって…「あ~姿が見えない!」

探して探して、やっと見付けたら笑顔で逃げられて、挙句の果てに店内アナウンスで呼び出される。

迎えに行くと息子がひとこと。
「ママがいなくなりましたー」と。
え?そうだっけ?

量販店でも迷子になり1時間も見つからないことがありました。

その時に考えたことは最悪な状況ばかり。

泣きそうになりながら
「どうしよう…どうしよう…」
って思っていたらびしょぬれになった息子が登場!

外は大雨。まさか外にいるなんて(とほほ)。

思い立ったら、動かないと気がすまないみたいで、注意しても、注意しても、堂々巡り。

やんちゃというか…。
本当にいつまで経っても元気過ぎて。

「そこが可愛いなぁー」とは思いますが、「この子どうなるんだろう…」と心配になることもあります。

そんなある日、ある人から聴きました。

「男の子は小学校3年生までおたまじゃくしだと思って育ててね。」

「えっ?」

男の子は”おたまじゃくし”。どういう意味?


おたまじゃくしは成長すると手足が出て水面から顔を出せるようになります。

そして陸に上がれるようになり世界が広がります。

小学3年生は、おたまじゃくしに手足が出る状況に似ているというのです。

確かに、小学3年生を境に心身の成長が加速する感じがします。

「そうか!息子はまだ、おたまじゃくしなんだ!」

そう思うと、なんだか心の中がスッキリしました。

おたまじゃくし、可愛いじゃない。

小学3年生を過ぎると一気に成長してしまうのでないかと考えると寂しい気持ちもあるけど、今はおたまじゃくしの息子を楽しみたいと思います。

男の子のママさん、どうやら心配しなくても大丈夫みたいです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-子育て, 心のケア, 教育・制度
-

関連記事

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく泣 …

男の子女の子育て方違い

秘密は脳の発達の順序の違い!男の子と女の子の育て方はこうも違う

一般的に、女の子のほうが育てやすく、男の子の育児は手こずる……と言われていますが、それは育児を担う母親目線での話なのかもしれません。 なぜなら、男性と女性とでは、脳の構造に大きな差異があるからです。 …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

遠足、行楽シーズン、運動会… 「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。 子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。 親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情な …

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …

「愛されるハッピーな子供」に育てる3つのコツ

ママなら誰もが、子供が幸せな人生を歩んで欲しいと思うもの。 どうすれば、心が穏やかで優しく、みんなに愛されるいつもハッピーな子供に育つのでしょうか? 多くのママが頭を悩ませる今問題。 実は、子供への接 …