男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

投稿日:2019-01-21 更新日:


うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛元気
悪く言えば、落ち着きがない
娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。

もしかしたら、男の子の子育てママが歩んできた道とは異なるために難解なのかもしれません。

四柱推命

我が家の好奇心旺盛な息子の大変エピソード


うちの息子は本当に元気!

スーパーにいけば、あっちいって、こっちいって…「あ~姿が見えない!」

探して探して、やっと見付けたら笑顔で逃げられて、挙句の果てに店内アナウンスで呼び出される。

迎えに行くと息子がひとこと。
「ママがいなくなりましたー」と。
え?そうだっけ?

量販店でも迷子になり1時間も見つからないことがありました。

その時に考えたことは最悪な状況ばかり。

泣きそうになりながら
「どうしよう…どうしよう…」
って思っていたらびしょぬれになった息子が登場!

外は大雨。まさか外にいるなんて(とほほ)。

思い立ったら、動かないと気がすまないみたいで、注意しても、注意しても、堂々巡り。

やんちゃというか…。
本当にいつまで経っても元気過ぎて。

「そこが可愛いなぁー」とは思いますが、「この子どうなるんだろう…」と心配になることもあります。

そんなある日、ある人から聴きました。

「男の子は小学校3年生までおたまじゃくしだと思って育ててね。」

「えっ?」

男の子は”おたまじゃくし”。どういう意味?


おたまじゃくしは成長すると手足が出て水面から顔を出せるようになります。

そして陸に上がれるようになり世界が広がります。

小学3年生は、おたまじゃくしに手足が出る状況に似ているというのです。

確かに、小学3年生を境に心身の成長が加速する感じがします。

「そうか!息子はまだ、おたまじゃくしなんだ!」

そう思うと、なんだか心の中がスッキリしました。

おたまじゃくし、可愛いじゃない。

小学3年生を過ぎると一気に成長してしまうのでないかと考えると寂しい気持ちもあるけど、今はおたまじゃくしの息子を楽しみたいと思います。

男の子のママさん、どうやら心配しなくても大丈夫みたいです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

関連記事

【子供の偏食】簡単に改善できる3つの方法

「きゅうりキライ!」 「ピーマン嫌い!」 「トマト食べたくない!」 「ニンジンもイヤ!」 「お魚じゃなくてお肉がいい!」 子供の偏食に悩まされているママ、本当に多いですよね。 そんなママのお悩みが3つ …

子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

娘2人がてんかんを発症して5年。母親の牧ひとみさんが壮絶な過去を激白。

わたしはてんかんの持病をもった子どもの母親です 突然ですが皆さんは「てんかん」という病気をご存じでしょうか。 突然けいれんを起こし、道ばたで倒れるようなイメージを持たれている方が多いと思います。 わた …

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?

子どもに頼るママ。 何事も完璧なママ。 私はそんな2人に出会ったことがあります。みなさんは、どちらのママですか? まゆみさんの過去の記事はこちら ママが子どもの先回りをして完璧にこなした結果 数年前、 …