男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

投稿日:2019-01-21 更新日:


うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛元気
悪く言えば、落ち着きがない
娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。

もしかしたら、男の子の子育てママが歩んできた道とは異なるために難解なのかもしれません。

四柱推命

我が家の好奇心旺盛な息子の大変エピソード


うちの息子は本当に元気!

スーパーにいけば、あっちいって、こっちいって…「あ~姿が見えない!」

探して探して、やっと見付けたら笑顔で逃げられて、挙句の果てに店内アナウンスで呼び出される。

迎えに行くと息子がひとこと。
「ママがいなくなりましたー」と。
え?そうだっけ?

量販店でも迷子になり1時間も見つからないことがありました。

その時に考えたことは最悪な状況ばかり。

泣きそうになりながら
「どうしよう…どうしよう…」
って思っていたらびしょぬれになった息子が登場!

外は大雨。まさか外にいるなんて(とほほ)。

思い立ったら、動かないと気がすまないみたいで、注意しても、注意しても、堂々巡り。

やんちゃというか…。
本当にいつまで経っても元気過ぎて。

「そこが可愛いなぁー」とは思いますが、「この子どうなるんだろう…」と心配になることもあります。

そんなある日、ある人から聴きました。

「男の子は小学校3年生までおたまじゃくしだと思って育ててね。」

「えっ?」

男の子は”おたまじゃくし”。どういう意味?


おたまじゃくしは成長すると手足が出て水面から顔を出せるようになります。

そして陸に上がれるようになり世界が広がります。

小学3年生は、おたまじゃくしに手足が出る状況に似ているというのです。

確かに、小学3年生を境に心身の成長が加速する感じがします。

「そうか!息子はまだ、おたまじゃくしなんだ!」

そう思うと、なんだか心の中がスッキリしました。

おたまじゃくし、可愛いじゃない。

小学3年生を過ぎると一気に成長してしまうのでないかと考えると寂しい気持ちもあるけど、今はおたまじゃくしの息子を楽しみたいと思います。

男の子のママさん、どうやら心配しなくても大丈夫みたいです。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

賞味期限を守らないと危険な食べ物

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

遠足、行楽シーズン、運動会… 「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。 子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。 親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情な …

前向きになれる風水涙を流す

日本人には、あと一歩「自分で考える力」が足りない

「その他大勢」にならないための「考え方のツボ」とは? 「どうすればいいかは、自分で考えてよ」 「何をいいたいのかわからないよ。きちんと考えた?」 「いいたいことはわかるけど、今ひとつ説得力がないな…… …

ADHD話が聞けない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第5話:話が聞けナイ!

私、話が聞けない女なんです。 子どもの頃、授業中はだいたい教科書やノートに落書きをしていました。 先生の話を聞けない子どもだったんですね。 いえ、まったく聞いてないわけじゃないんです。 興味のあるとこ …

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

【第1話】ついに我が家にもやってきた!小学3〜4年生頃に起こる反抗期、ギャングエイジ。

はじめまして!今回から35styleで連載をさせて頂く事になりました。 小学生の女の子と男の子を育てる、看護師minamamaです。 嵐の様に過ぎていく毎日を漫画でお届けしたいと思います。 我が家の家 …