たったの10秒で!?親子で数字のセンスを身につける方法

投稿日:2021-05-27 更新日:

数字は、学校の勉強だけではなく一生付き合っていくものです。

あるサイトで数字に強いと数学に強いは違う。数字に強いと出世すると書かれているものを見ました。

数字に強いと数字の背景が読み取れるので、会社経営にも出世にも生かされるということだそうです。

そんな数字。特に女性は苦手な人も多いのではないでしょうか。
親が苦手だといって避けていると、子どもも苦手になってしまいます。

数字に強くなる、何か良い方法はないのでしょうか。

親子で数字のセンスを身につける簡単は方法とは


今回は私がある方から教えてもらった、我が家でも実践している方法を紹介します。

数字のセンスを身につける方法 その1:たくさんの数字を知る

子どもが10までの数字を覚えるのは、お風呂などで親子で「いーち、にー」と数えるところから始まります。

そうです。子どもは親との関わりの中で数字を覚えていくのです。

まずは、いろいろな場所に数字があることを子どもに教えてみましょう。

エレベーターの中。
お店の看板。
電話番号。

街の至る所に数字が書かれています。

数字のセンスを身につける方法 その2:遊びの中に数字を取り入れる


子ども達は日々のあらゆるところから吸収します。

遊びもそう。

例えば積み木遊びをする時、ただ積み木を取るだけでなく「積み木二つで遊んでみよう。ひとつ、ふたつ。」と数えながら取ってみましょう。

最初は「二つ」までから初めてみると子ども達も無理なく吸収できます。

これは、おやつの時にも使えます。
「クッキーをふたつ食べよう。ひとつ、ふたつ。」と。

おやつとなると子どもは目の色が変わりますのでおススメです(笑)

1歳になっていなくても子ども達の耳はしっかりと聞いています。

数字のセンスを身につける方法 その3:たまには逆から数えてみる


1から順に数を数えることに慣れてきたら、逆から数えてみましょう。

例えば、お風呂で「10」を数える時にも「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、0」と逆から数えつつ、必ず「0」まで言ってください。

1~10までの数え方だと数字が10個しか出てきませんが、逆からになると自然に「0」という数字が出てきます。

つまり、「何も無い」という感覚を数字で知ることができるのです。

日本人は、欧米人と比べ「0」という感覚を理解することが下手だと言われています。

しかし、逆からの数えることを子どもの頃から取り入れていると、「0」という数字を意識しやすくなるそうです。

数字への意識は大好きなママの声が効果的


数字の概念を小さい頃から意識することで、子ども達は「おやつ3つ」と「エレベーターの3のボタン」が「3」という数字で繋がっていることが理解できるようになります。

また、大好きなママの声で数字が聞こえると、脳への吸収も早いかもしれません。

是非、ママ自身の手や身体を使って、お子さんと一緒に数字を楽しんでください。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

産後お悩み解決会話

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。 日本の行政上では、発達障害者支援法が定める 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(A …

子どもの五感が磨かれる「朝ごはん」とは?

朝ごはんが脳にとっても大事ということは早寝・早起き・朝ごはんの推進を通じて皆さんもよくご存知だと思います。 その朝ごはんにひと手間かけるだけで、子ども達の五感が磨かれるということをご存じですか? ポイ …

0歳からでも出来る!お風呂遊びで数字に強くなる!

小さい子どもが、「1・2・3・・・10」数字を読んでいたら、「わぁ!数字が読めるんだね」と感心します。 本当に凄い事だと思います。 しかし、当たり前ですが、その数字の意味を理解していない子どもがほとん …

大人の発達障害特徴サンゴスタイル

【大人の発達障害】アスペルガー・ADHDの症状・特徴

近年ではメディアでもよく大人の発達障害がよく取り上げられています。 人間関係がうまく気づけない、仕事で何度もミスを繰り返す、空気が読めない、集中力が続かない…など社会生活を送る上での生きにくさや困難さ …

家族問題カウンセラーが見た【時代とともに変わりゆく小学生のトラブル】

子供達のトラブルは、時代と共に変化しています。 昔は、トラブル内容も複雑ではなく、お友達同士のちょっとした喧嘩や、子供同士がぶつかってどちらかが怪我をしてしまった、など単純なものが多く、いじめや仲間外 …