結婚したら豹変…サプライズ好きはモラハラ男予備軍?

投稿日:2021-04-22 更新日:

結婚したら豹変…サプライズはモラハラ男予備軍?
単刀直入にお聞きします。「サプライズ」は好きですか?

たとえば誕生日や記念日など、彼氏(あるいは旦那様)から素敵なサプライズプレゼントや演出があると、とても嬉しいですし、一生の思い出になりますよね。

しかし、そんな素敵なサプライズをしてくれる男性、もしかしたらモラハラ男予備軍かもしれません!

サプライズが好き男は自分が大好き?

モラハラ男サプライズ自己愛
サプライズ好きな男性は、相手の気持ちよりも、自分の気持ちを優先しやすい傾向があるといいます。

最初は「相手に喜んでもらいたい」という気持ちだったはずが、だんだん「これをしたら喜ぶだろう」「喜ぶにちがいない」という価値観の押し付けに変化していくようです。

特別な1日だけではなく、記念日のたびにサプライズをする男性は「喜ばせている俺が好き」という気持ちが大きく、自分の意見だけを通しがちなので要注意!

こういった男性は、結婚したのちにモラハラ男になる可能性が大なんだとか!!

結婚したら豹変!モラハラ男に…

モラハラ豹変結婚後
結婚前はあんなにサプライズプレゼントにお金をかけてくれたのに、結婚したら、豹変したなんてことも。

これはサプライズに慣れた相手を喜ばせる必要はないと考えるので、プレゼントをしなくなるそうです。

まさに「釣った魚にはエサをやらない」タイプ。

これは男性に限らず、女性の場合も同様の傾向です。

基本的に、モラハラ男は「自分の稼いだ金は自分のもの」という感覚を持っています。

なので、「俺が稼いだ勝手にお金を使うな」と結婚後は生活費を入れてくれなくなったりするのだそうです。

もちろん、サプライズ好きな男性が皆、モラハラ男というわけではありません。

モラハラ男ではないか、見極めたいなら、サプライズされたときに少し冷めた態度をとって反応をみてみましょう。

「なんで喜ばないんだよ」など不満を言ってきたり、しまいには「もう別れよう」なんて言ってきた場合はモラハラ傾向にあります。

モラハラ男の対処方

モラハラ男対処方法
もちろん、相手の全てを否定するのではなく、女性側も自分の気持ちもきちんと伝え、すり合わせていく必要があります。

モラハラ男と結婚してしまったという女性は自己主張が少ない大人しいタイプが多いようです。

彼のすることすべて私への愛情だからと素直に受け取ってしまい、相手のことを考えないモラハラ男とは相性がいいのです。

普段からお互いの欲しいものや好みについて話しておくといいでしょう。

ネットの動画などで話題になるフラッシュモブによるプロポーズ…

傍からみてると、ここまで大がかりな準備がいることをやってくれるなんて素敵と思うかもしれませんが、

実はされた方は目立つのは苦手、普通に二人きりでプロポーズされたかったなんて思っている場合もあります。

どんなに盛大なサプライズでも相手の気持ちを無視したものは避けてほしいもの。

何事も、相手の気持ちを考えて、ほどほどが肝心ですね。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

保育園幼稚園,違い,選び方

【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

保育園は「働くママのための福祉施設」、幼稚園は「教育施設」。 そう聞くと、保育園は子どもの面倒を見るだけで、幼稚園は勉強を教えてくれそうな感じがしますが、逆に英語やスポーツを取り入れている保育園、のび …

【第9回】家庭を持ってからの悩みをどう発散していくかということ

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら わたしは仲人であり家族を作るお手伝いをする仕事をしていますが、そこからの延長で、家族を作ってからの夫 …

たったの10秒で!?親子で数字のセンスを身につける方法

数字は、学校の勉強だけではなく一生付き合っていくものです。 あるサイトで数字に強いと数学に強いは違う。数字に強いと出世すると書かれているものを見ました。 数字に強いと数字の背景が読み取れるので、会社経 …

サスティナブルライフエコリサイクル

最近よく聞く「サスティナブル」って? 地球に優しい暮らしのすすめ

年々、環境汚染に対する意識は高まっています。これまでは団体やグループでの環境保全への取り組みが主でしたが、これからは一人ひとりが行動を起こすことが重要です。 その中で注目されているのが『サスティナブル …

選択的シングルマザーの意味

子どもの脳を育てよう!3歳までに親が出来ること

私が子育てを経験して感じたこと。 それは、3歳までの子どもたち「ほぼ本能で生きている」ということです。 3歳までの子どもは、自分のやりたいことをやりたいときにします。親の都合を考えず排便します。 その …