子育て 心のケア

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘

投稿日:2019-06-30 更新日:

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘
私は息子が小さい頃から「嘘つきは泥棒の始まり」と言い続け、育てました。

すると小学三年生となった息子は「どうしよう…警察に捕まってしまう…」とビクビクするようになってしまいました。

厳しくするのは程々に、そして、何故、嘘がいけないのかという理由を説明しないといけなかった…反省しました。

4歳児では2時間に1度、6歳になると1時間に1度は嘘をつく。

そんな説があるほど子どもと嘘とは切っても切り離せない関係です。

だからこそ、ママとしては子どもの嘘が問題ある嘘問題ない嘘のどちらなのか見極め、適切に対処する重要性を知っておきたいところです。

問題ある嘘と問題ない嘘、その違いとは何なのでしょうか?

問題ない「2つの嘘」って何?

1:空想の嘘

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘
幼児期特有の嘘、それは空想の世界にまつわる嘘です。

例えば「大好きな人形がおしゃべりした」というようなカワイイ内容です。

空想の世界と現実の世界の境界線がなくなるので、現実にはないことを本当にあったと思い込んでついてしまうのです。

ただ、このような嘘は成長とともに減ります。

2:願望の嘘

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘
強い願望があるために、つい出てしまう嘘です。

例えば、お母さんが「春休みに遊園地に行けたらいいなー」と言ったとします。

それを子どもが遊園地に行きたいという強い思いから「春休みに遊園地に行くんだ」とお友達に言ってしまうような嘘です。

この場合、本人は嘘をついている意識がないことがあります。

問題ある子どもの嘘ってどんなもの?

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘

1:叱られないようにするためにつく嘘

子どもは自分が叱られることを避けるために嘘をつくことがあります。

自分を守るための嘘ですから、親が「何故?」「どうして?」と厳しく問いつめると嘘を重ねてしまうこともあります。

2:自分を見てもらうための嘘

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘
人に認められたい、注目されたい気持ちからつく嘘のことです。

例えば、親に対しては「今日また100点だったよ」とか、お友達に対しては「ぼく○○のゲーム持ってるんだよ」などと言ってしまうような嘘です。

3:親の真似をしてつく嘘

親が子どもに適当なことばかり言っている場合、子どもは罪の意識がないまま親と同じように気軽に嘘をついてしまうことがあります。

子どもの嘘…親が出来ることは?

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘

理解させる

嘘を繰り返すと本当のことを言っても嘘をついていると思われ、信じてもらえなくなります。

それがどんなに辛いことかを、ママは繰り返し子どもに伝えましょう

本当のことを言ったら叱らない

子どもが嘘をつかず正直に言った時には、その行動を褒めてあげましょう

絶対、叱ってはなりません

「絶対に叱らないから本当のことを言って」とママが言ったから、子どもは正直に話そうと思えたのです。

正直に言ったことの行動すら叱ってしまうと、子どもはもう二度とママに正直にはなってくれません。

そして、正直に言ってくれたら、子どもに悪かった点などがあればママは理由を聞いて今後はどうしたらいいか親子一緒に考えましょう。

誠実な態度をとる

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘ママはママ自身の胸にも手をよく当ててみて下さい。

ママには嘘を重ねる癖、ありませんか?

前述のように、子どもはママの真似をして気軽に嘘を重ねることがあります。

自分の日頃の行動を振り返ってみることも、親だから出来ることです。

嘘は子どもが成長していく過程の1つです。

問題ある嘘、問題ない嘘。

しっかり見分けていきたいものですね。

四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-子育て, 心のケア
-

関連記事

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …

保育園幼稚園,違い,選び方

【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

保育園は「働くママのための福祉施設」、幼稚園は「教育施設」。 そう聞くと、保育園は子どもの面倒を見るだけで、幼稚園は勉強を教えてくれそうな感じがしますが、逆に英語やスポーツを取り入れている保育園、のび …

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …

娘2人がてんかんを発症して5年。母親の牧ひとみさんが壮絶な過去を激白。

わたしはてんかんの持病をもった子どもの母親です 突然ですが皆さんは「てんかん」という病気をご存じでしょうか。 突然けいれんを起こし、道ばたで倒れるようなイメージを持たれている方が多いと思います。 わた …

9歳女児が卵巣摘出⇒冷凍保存。15年後、無事出産!

突然、「子供が産めないかもしれない」と言われたら… 女性であれば、『いつか』妊娠できると思っている方がほとんではないでしょうか。 しかし、重い病気にかかったことで医師から「将来子どもが産め …