太く濃い鼻毛、一気に抜くのは間違いだった! そのワケは…

投稿日:2020-04-08 更新日:

昨今はメンズエステなどの普及もあり、ムダ毛を気にする男性も増えていることでしょう。男性のムダ毛といえば「鼻毛」を想像するのは記者だけ? 今回は、正しい鼻毛の処理方法をお医者さんに聞きました。

鼻毛の正しい処理方法とは…

「ムダ毛」と聞いて皆さんは、体のどこの部位を思い浮かべますか。「胸」でしょうか、はたまた「二の腕」でしょうか。

いずれにしても、その処理方法について悩みや疑問を抱えている人は多いことでしょう。とりわけ昨今は、メンズエステの普及で“毛”に関して何らかのケア(手入れ)をしている男性も多いはず。

男性のムダ毛といえば「鼻毛」、ということで今回は、東京・三軒茶屋にある「あかりクリニック」の馬場克幸院長に正しい鼻毛の処理方法を聞きました。

飛び出た部分だけをこまめに

馬場さんによると、そもそも体毛は「必要な場所」であるほど濃くなる傾向にあるそう。たとえば、わき毛に汗を蒸散させる作用があるように、鼻毛には「エアフィルター」の役割があるからこそ、太く濃くなるといいます。

太く濃い鼻毛を処理する方法はどのようなものでしょうか。一般的には、毛抜きなどで一気に抜く方法をイメージする人が多いと思いますが、これは大きな間違い。馬場さんは「ニキビをつぶすとバイ菌が入ってしまうように、鼻毛を抜いた場所からバイ菌が入って、炎症を起こすことがあります」と話します。

馬場さんによると、正解は抜かずに切ること。ただし、根本から切ろうとしすぎると、粘膜を傷つけてしまうことがあるほか、電動鼻毛カッターの場合は熱が発生するため、火傷をしてしまう可能性もあります。「飛び出ている部分だけをエチケット程度にこまめに切ることを心がけてください」(馬場さん)。

「レーザー脱毛」は自由診療

そもそも、太い鼻毛が伸びてしまうのは、男女差や遺伝による影響のほか、空気の汚れも一因だとか。そこで、空気清浄機の導入を検討するのも一案といいます。

それでも、どうしても鼻毛が気になる人は「レーザー脱毛」もあるそう。ひげの脱毛と同様に、1カ月ごとにレーザーを打ち、5回程度で完了。ただし自由診療のため費用もクリニックによってまちまちとのことです。

(オトナンサー編集部)

 

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

-家事ノート

関連記事

通勤ダイエット成功のカギは「ゆがまない生活」にあった!

「ジムに通ってダイエットしたいけれどお金も時間もない」――。そんなビジネスマンの方に、お金をかけず通勤や仕事のついでにできる簡単なダイエットをご紹介します。肩肘張らずに日々の動作をほんの少し変えるだけ …

「薬をお茶で飲んではいけない」は本当なのか

「薬はお茶で飲んではいけません」――。家庭や学校、病院などでそう教わってきた人も多いはず。しかし、それは真実なのでしょうか。医師に取材しました。 薬をお茶で飲むことに問題はないのか   「薬 …

娘寝かしつけのドライブ中にコンビニへ行った漫画 店員の一言に涙腺が…育児は千差万別だ!

子どもの寝かしつけに苦労していた時期を描いた漫画が話題に。なかなか寝ない娘を寝かしつけるために、深夜のドライブをする夫婦でしたが…。 漫画「深夜に子連れでコンビニ行ってた話」のカット=ちくまサラ(ch …

“重ね着”しすぎると血行が悪化し、逆に体が冷える? 「逆効果なのか」と驚きの声、医師に聞く

冬の防寒対策の柱「重ね着」について、長袖シャツとセーター、厚手のダウンやコートの組み合わせが理想的だとする意見がSNS上などで話題に。実際、重ね着のしすぎは逆効果なのでしょうか。   重ね着 …

幼い頃から繊細だった娘が“HSC”と分かり、対応を反省した漫画 「涙が出てきた…」

“繊細すぎる”性格の娘を描いた漫画が話題に。幼い頃から、よく泣き、怖がりだった長女。母は「繊細な性格」だと捉えていましたが…。 (“繊細すぎる”性格の娘を描いた漫画のカット=ぴなぱ(pinapapin …