【夫婦円満の秘訣】これからの夫婦は《家事分担》から《家事シェア》へ

投稿日:2020-03-01 更新日:

夫婦円満の秘訣家事分担から家事シェアへ

家のことは全部妻がやり、夫は外で働く。

そんな亭主関白的夫婦像は、もはや過去のもの。

イマドキは、夫も妻も家事ができなければ、円満な夫婦生活は送れません!

「家事分担は大切!」といわれるようになって久しいですが、実は今は、その家事分担さえ古いって知っていますか?

今回は、最近注目の“家事シェア”という考え方を紹介します。

家事分担と家事シェアって何が違うの?

夫婦円満の秘訣家事分担家事シェア違い

共働き夫婦が増えたことで、妻にばかり家事が集中するのはおかしいと、家事分担を当たり前と考える夫婦が増えてきました。

実際、「料理は妻、掃除は夫」というように、家事を分担している人も多いのではないでしょうか?

ですが、最近では、家事を分担するのではなく、シェアをするという考え方が注目を浴びつつあります。

分担とシェア。
この2つ、似ているようで異なります。

分担は、あらかじめそれぞれが担当する家事を決め、それを守ることを言います。

ですが、シェアの場合は、“その場その場で気づいたほう、手が空いているほうが家事を担当する”という考え方を言います。

名前がつかない家事の負担

夫婦円満の秘訣名前がつかない家事の負担

家事シェアという考え方が生まれた背景には、家事分担では見落とされてしまう家事が存在するからです。

それらは、明確な名前のついていない家事。

「料理」とか「お風呂掃除」とか「洗濯」などは、名前がある家事です。

ですから、家事分担をするとき、「あなたは料理をしてくれる? 私は洗濯を担当するから」と話しやすいです。

ですが、次のようなものはどうでしょうか?

  • シャンプー、リンス、洗剤などの詰め替え
  • トイレットペーパー、ティッシュなどを買いに行く
  • 調味料の補充
  • ごみの分別、ごみ箱のゴミを集める
  • 郵便物の確認
  • 献立を考える
  • 布団、ベッドを整える
  • 子どもの食べこぼしの片付け

一部ではありますが、これらのすべて、日々暮らしていればしなければならない家事です。

これらすべてを分担するって……難しい。

いや、難しいというか、むしろ不可能!

だからこそ、シェアなのです。

家事シェアなら夫婦のどちらかが動けない事態にも安心

夫婦円満の秘訣家事シェアのメリット

夫婦シェアの場合、気づいたほうが家事をしていくことになります。

時と場合によって、自分が担うことになる家事が変わる。

そうなれば、「できない」「やったことない」と言って避けることはできなくなります。

最初はうまくいかないかもしれません。

ですが、続けていけば、夫も妻も、ある程度の家事がそれなりにできるようになります。

「家のどこに、何があるのかわからない」ということもなくなりますし、何より、体調不良などでどちらかが動けなくなったときも、家のことが回っていくのです。

熱があって眠っているのに、「ねえねえ、パジャマってどこ?」といわれることもなくなりますし、疲れて帰ってきているのに、「料理は担当じゃないから待ってた」といわれてイラッとすることもなくなります。

家事シェアで増える「ありがとう!」

夫婦円満の秘訣家事シェアのメリットありがとう

気づかなかった家事を、気づいた人がやってくれる。

そのことを知れば、「ありがたいな」と思うものです。

「トイレットペーパー、買ってきた」「ありがとう」
「シャンプー、詰め替えてくれたんだね、助かったよ」
「今日は仕事が早く終わるから、料理作って待ってるね」「わーい、ありがとう」

そんな感謝の言葉が自然と増えます。

家事分担をしていれば、「してもらって当たり前」「約束したから」と思ってしまいがちな日常の家事も、家事シェアという考え方をするだけで、感謝の気持ちがわいてきます。

夫婦円満の秘訣家事シェア心身の余裕

かっちりと家事を分担しても、どちらか一方に負担がかかってしまいやすいもの。

それを解消できるのが、家事シェアです。

すると、心身ともに余裕が生まれますし、感謝の気持ちも持ち合えます。

そして、夫婦円満へとつながっていくでしょう。

家事のシェアには魔法の家事ノートのアプリでタスク管理、シェアがオススメですよ!

魔法の家事ノート

魔法の家事ノート
開発元:pocke, Inc
無料
posted withアプリーチ
この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)は20代後半~30代の女性向けメディアサイトです。
ちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。
35style編集部では一緒にメディアを盛り上げてくれるライターさんを随時募集しています。応募や詳細は各SNSのDMでも受付けております!

関連記事

最後にしたのはいつだっけ……【原因別】セックスレス解消法

夫婦仲は悪くない。愛しているという自覚だってある。でも、だからこそ気になってしまう……。 夫婦の夜の生活がなくなったことに悩んでいる人、実は少なくありません。 セックスレスが原因で離婚に至る夫婦だって …

義実家つきあい方帰省

【実態調査】義実家とのつきあい方<アンケート結果発表>

子育て世帯のみなさん年末年始はお互いの実家へ帰省する人も多そうですね。 義実家に行くのは自分の実家とは違い、気を遣うし、なんとなく気が重いと感じている人も多いはず。 そもそもみんな義実家とつき合い方は …

セックスレス 40代

性欲がないわけじゃない!僕がセックスレスになったワケ

みなさんはセックスレスについて悩んだりしたことはありませんか? コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社がおこなった調査では興味深い結果が出ています。 パートナーがいる人に「セックスレスだと思うか」を …

アルテイシアが夫婦関係についてぶった斬る!【ロングインタビュー】

なぜ男は不倫するのか?不倫される妻にも原因があるのか?「浮気は男の本能」は真実か……など、子育て真っ最中のライターがアルテイシアさんのご意見を伺います! ■世の中の不倫騒動にモノ申す! ・浮気は男の本 …

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …