価値観の違い 夫婦生活

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

投稿日:2018-06-10 更新日:

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

まもなく結婚11年目の我が家。
他人と暮らす難しさを常々実感し、イラついて悩むことも多々あり、相手は宇宙人だと思うようにしています。

なんで結婚前に気付けなかったんだろうと思うエピソードや、なぜか人に話すとくだらな過ぎて笑っちゃう話などがたくさん!皆さんはどうですか?

どういう位置づけかよくわからないタオルには要注意の巻

ある晩、テレビを見て笑っている夫の後ろに、謎のタオルが一枚。
洋室と和室の境目をまたぐように置いてあるのですが、私なら置かない場所です。

夫が使ってないタオルだと言うので、それを拾い上げました。その時急にクシャミが出そうになり、とっさにそのタオルで鼻を覆ってハックショーン!

すると、見たこともない真っ白い鼻水がタオルについていてびっくり!! でもそれは…

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

夫が一人でうどんを食べた時に使ったと思われます。

タオルを使ったかどうかくらい覚えておいて!
敷居に無造作に置かないで!
とつっこまずにはいられません。タオル関連はまだまだあります。

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~
もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~

もしかしてあなたの家にもいる? 残念なイキモノ ~旦那編~

もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~
もしかしてあなたの家にもいる?残念なイキモノ~旦那編~
タオル類の扱いだけでもこんなに違うのですから、他にも数えきれないほどたくさんあります。

でもうちの夫に限ったことではなく、各家庭独自のルールがあるものですよね。

子供のお守りをお願いして快く引き受ける夫は本当にイクメンなのか?の巻

ある土日、パパと子供たちが3人で公園へ。私も仕事が終わって合流しようと公園に向かうと、私に気付いた子供たちがパァーっと嬉しそうに駆けよって来ました。

でも、パパの姿がありません。

もしかしてあなたの家にもいる? 残念なイキモノ ~旦那編~

「あれ?パパは?」

「パパはおすなばー!」

少し遠くの砂場に目をやると、大人が一人で砂場にいました…。

もしかしてあなたの家にもいる? 残念なイキモノ ~旦那編~

近くにいたはずの子供たちがいなくなっていることにも気付いてない夫。

こんなに集中して新聞読んで、子供が遊具から落ちた時どうするんだろう、子供だけで道路に出てしまったら危ないじゃないか、さらわれても気付かないならパパに子守をお願いしても意味がない!と心配になります。

軽くスマホチェックする程度なら良いけど、子供以外に集中し過ぎるのは止めて欲しいですよね。(ママ同士もおしゃべりに夢中にならないようにしなくては…汗)

いずれにしても一つ一つは小さいことなのですが、結婚してみて初めてわかった生活習慣の違いや、理解できない夫の行動。

本人に悪気はないのですが、勝手に「残念なイキモノ」に認定してしまいました。

私自身の言動も振り返りながら、「子供に真似してほしくないこと」はしっかり注意しています。

反応が薄くて残念なんですけどね。


カサンド蘭子
7歳男児、3歳女児、44歳夫と4人家族で、育児・家事に翻弄される毎日。13年勤めた会社を退職後、現在は月刊誌の取材・執筆・撮影に携わる。一方で子供に関わる社会問題にも関心を寄せる。好きな食べ物はマカロン。


青木泉蓉あおきせんよう無料占い結婚運命

-価値観の違い, 夫婦生活

関連記事

世帯収入を増やすコツ共働き

浮気してる? 働く妻が旦那の心を取り戻す3つのセリフ

毎日忙しく働いていると、どうしても後回しになることがあります。 細かい掃除、時間をかけた料理、そして旦那のこと……。 そんな日常が続く中、「旦那がいつもと少し違う?」と感じるなら要注意! 第六感が旦那 …

【オーガズム障害の原因と対策は?】性欲はあるがイッたことがない、40代一児の母。

愛し合う人とのセックス。絶頂を迎えたいのに「最高に気持ち良い!」と感じたことがない、イケない…。 イクという感覚がわからない…。 その原因とは一体何なのでしょう。解決策はあるの …

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …

Q,40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

妊娠はとてもおめでたいことです。近年では、高齢出産も増えていますが、その一方でやむをえない事情で赤ちゃんを諦めなければならず、中絶を選択する方もいます。 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お …