カオス化! 夫への不満爆発SNS #旦那デスノート 内容が怖すぎる!

投稿日:2020-02-22 更新日:

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート

大好きな人と結婚できることって、幸せなこと。

でも、長く時を共にすることで、意外な一面が見えてきて、だんだんイライラが募ることもあるみたいです。

夫に対して抱く不満、そのままぶつけたらケンカになってしまうけれど、黙っているのも精神安定上よくない。

そんな悩める妻がたどりつくのが、SNSで話題の《#旦那デスノート》です。

妻は夫に不満を抱えている

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート辛辣

ママ会や女子会などで既婚者が集まると、出るわ出るわ、旦那への不満。

「うちの旦那、全然家のことを手伝ってくれないの」
「うちなんて、子育てに非協力的」
「我が家の旦那は……金食い虫(ボソッ)」

だんだんヒートアップして、近くでその話を聞いてしまう他人をふるえ上がらせることもあるほど、妻たちは辛辣です。

もちろん、夫に感謝をしていて、「結婚して良かったなあ」と思っている妻も、世の中にはたくさんいるはず。

でも、結婚して、一緒に暮らすようになって変わることもあれば、意外な一面に気が付くこともある。

そのとき、「不満」が生まれてしまうこともあるんです。

不満を爆発させる場所《#旦那デスノート》

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート検索

夫に対して抱く不満を、上手に本人に伝えることができればいいのですが、言ったらケンカになるとか、言っても聞く耳を持ってもらえないとか、悩みは尽きません。

このままだと、私がダメになる!

……そう思っていつかどうかは定かではありませんが、多くの妻たちが、直接夫に告げることのできない気持ちを、SNSで爆発させています。

しかも、夫に気づかれてはいけないと、裏アカウントを作って吐き出しているのです。

その爆発の場所こそ、今話題の《#旦那デスノート》。

Twitterで、このハッシュタグで検索すると、世の妻たちの怒りや不満がこれでもかと表れます。

《#旦那デスノート》に書かれている不満

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート具体的な内容

では、どんな不満が書き込まれているのでしょうか。

もしかしたら、あなたも「それ、わかる!」と思うかも!?

1.家事育児に非協力的な夫など愛せない!

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート具体的な内容家事育児に非協力的

家事や育児に非協力的な夫に対して、衝撃的言葉を吐いている妻、結構多いです。

生まれたばかりの赤ちゃんを抱え、余裕がなくなっている妻は、少しでも夫に協力してもらいたいと思うもの。

でも、夫はなかなかそこに気づけない。

「ふき取ったうんちを顔につけてやりたい」とつぶやく妻はまだかわいい。

「死んでしまえ」「朝起きたら冷たくなっていないかな?」など、死を願う言葉もあふれているのがちょっぴり怖いところです。

2.ギャンブルばっかり行って家計無視とかありえない!

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート具体的な内容ギャンブル

日々、節約を意識して買い物をしている妻にとって、ギャンブルなどで大金を使い込む夫は、殺意や復讐心がわくほど憎い存在かもしれません。

「子どもが成人したら、離婚してやる」
「熟年離婚で、孤独死すればいい」

このような妻の呪いの言葉があふれています。

3.私はあなたの母親でも、家政婦でもない!

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート具体的な内容母親家政婦

家事や子育てと、仕事。

妻はその両立をするために戦っています。

なのに、「自分は働いていて疲れている。家のことはおまえがやれ」という、昭和感丸出し夫に対し、妻は怒っています。

「私だって働いている。私と同じことができない夫は無能」
「私は母親でも家政婦でもない!」
「なにもできない、おんぶにだっこのクソガキ」

偉そうにふんぞり返っている夫に、妻は我慢の限界なのです。

夫の死を願う妻たち

カオス夫への不満爆発SNS旦那デスノート殺意

夫への不満があふれ出す《#旦那デスノート》。

そこに書き込んでいる妻たちの多くは、不満があるがゆえに、夫の死を願う発言もしています。

もちろん、どこまで本気なのかはわかりませんが、そんな発言が飛び出すほどに不満が溜まっているということでもあるのです。

他人同士ですから、不満ゼロで一緒にい続けることは難しいかもしれません。

ですが、《#旦那デスノート》に書き込む、書き込まれるような関係になる前に話し合えるといいですね。

お互いに、感謝の気持ち、思いやりの気持ちを持ち合うことが大事でしょう。

-恋愛
-

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

【第7話】イクメンとは程遠かった旦那が洗濯王子に!

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 早くも7回目の掲載となりました。いつも読んでくださっている皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。 今回は影の薄い夫が登場です。 …

11月22日はいい夫婦の日♡夫婦が長続きする絶対的な8つのコツ

11月22日はいい夫婦の日。 1988年に財団法人余暇開発センターが夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱し、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。 参考:https:/ …

【第9回】家庭を持ってからの悩みをどう発散していくかということ

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら わたしは仲人であり家族を作るお手伝いをする仕事をしていますが、そこからの延長で、家族を作ってからの夫 …

夫に対する妻のイライラ。原因は男女の脳の違い?

皆さんはほんと小さなことがきっかけで夫婦喧嘩になることはありませんか? 「靴下をここで脱がないで!何度言ったらわかるの!」 「ゴミはちゃんと分別してよ!」 こんな些細なことでもケンカの火種になることが …

カサンドラ症候群妻夫旦那アスペルガー

夫と意思の疎通ができない?それって「カサンドラ症候群」かも!?

カサンドラ症候群という言葉を聞いたことがありますか? カサンドラ症候群とは、発達障害(主にアスペルガー症候群)のある夫又は妻と、うまくコミュニケーションを取れずに苦しみ、配偶者がうつや神経衰弱等の身体 …