【第2話】小学生男子が大好きな「下品ワード」に悩む日々

投稿日:2020-02-21 更新日:

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。

今日は小学生男子の大好物ワードについてご紹介したいと思っています。

男子と女子でこんなに違う!?初語から現在に至るまで

小学生男子が大好きな下品ワード
一般的には1歳半ころから初語がみられると言われています。

かわいい我が子の最初の言葉は何だとう、と親としてはとても楽しみで気になるところです。

大抵の場合は「マンマ」とか「ママ」だったりして、夫はショックをうけるパターンが多いですね。

うちも娘の時はそうでした。
娘は言葉を話しはじめると、マシンガンのようにお話しをして、さすが女子という感じ。

一方、息子は2歳くらいまで本当に寡黙な男でした…。

親戚やご近所さん、そして親があやしても笑いもしない、泣きもしない、ブス~っとした赤ちゃんでした。

可愛いねーと言ってくれる大人たちに、私はいつも「すみませーん。」と 苦笑いをしていました。
小学生男子が大好きな下品ワード

言葉の出始めにはかなり個人差があると言われていますが、1歳違いの娘とは大違いだったので、少し心配もしました。

そんな息子は、2歳を過ぎたころからやっと喋り出し、3歳には娘と一緒にマシンガントークで私を振り回すようになりました。

そして5歳になるとついに!本領発揮して男のの大好物ワードを連呼しまくり。

そう、始まったのです、うんこブームが。

男の子大好きな言葉ランキング(minamama家の場合)

男の子ママなら、わかって頂けるかと思いますが、男の子の大好きワードといえばこんな感じ…。
我が家の場合はこのようなランキング結果でした。
小学生男子が大好きな下品ワード
なぜなのでしょう、男の子はみんなうんこが大好きです。

うんこドリルが発売された時はかなり驚きましたが、小学生の間でブームになったのも、納得!といった感じです。

普段、自分から進んで勉強しない息子も、うんこドリルを楽しんでやっていました。(しっかり頭に入っているかはまた別の話ですが…。)

うんこ大魔王にとりつかれているのでは!?と思うほど、毎日のように「うんこネタ」で大爆笑しています。
小学生男子が大好きな下品ワード
どうしてこんなにもこのワードが好きなのでしょう。

気をつけたい!下品な言葉と人を傷つける言葉

小学生男子が大好きな下品ワード
小学生男子になると、口の悪さが目立ち始め、下品なワードのオンパレードもさらに加速。

「くだらない下ネタ(うんことか)を言うのはやめなさい!」と怒っても逆効果です。

その言葉を言った時の親や周り反応を見て楽しんだり、男子同士のコミュニケーションだったりするようなので、自分が「それは恥ずかしい言葉だ。」と思うまで徹底的に無視してれば、そのうち飽きるだろう…と思っています。

一方、「きもい」とか「死ね」とか人を傷つける言葉に関しては、しっかり向き合って注意する必要があります。

我が家の場合は、人を傷つけるようなワードが頻繁に出てきたら、「なぜそんなことを言ってしまうのか。」という部分まで掘り下げて聞くようにしています。

しかし我が家の場合は、恥ずかしながら、当分下ネタにとりつかれた男子に悩まされることとなるでしょう。
小学生男子が大好きな下品ワード

今後も暖かく見守って頂けたら幸いです。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
minamama
都内で働く看護師ママ。
影の薄い夫とやんちゃな小学生2人の4人家族。
家事と育児の合間に絵を描くのが唯一の楽しみ。夢は世界に羽ばたく絵本作家。座右の銘は「何とかなるさ」。

関連記事

子どものイヤイヤ期は「ママからの愛情を試す時期」

先日、お坊さんがさまざまなお悩みに答えるというサイトを見つけました。 そこで”あるお悩み”が私の目にとまりました。 なんでも「嫌だ」という子どもに怒ってばかり。 「こんなに子どもに対して怒っている人は …

【婦人科医が回答】Q,40代の中絶が増えているというのは本当ですか?

妊娠はとてもおめでたいことです。近年では、高齢出産も増えていますが、その一方でやむをえない事情で赤ちゃんを諦めなければならず、中絶を選択する方もいます。 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お …

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

元不登校生が伝えたい…真剣に悩む姿は「病んでいる」なの?

いつからでしょうか。 真剣に悩んでいる人に対して爆笑しながら「病んでいるの?」と言えるような風潮になってしまったのは。 私自身の話になり恐縮ですが、かつて不登校を経験しており、それからは、ずっと人より …

子どものイヤイヤ期に効きめがあった言葉Best3

子どもはイヤイヤが始まると、おさまりがつかないほどグズグズしたり、暴れたりすることってありますよね。 おさめようとするママは大変。 家の中ならまだしも、外でなってしまうと周りの目もあるし、ママのイライ …

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

なかなか結果のでない不妊治療に苦しんでいる方や、血のつながりはなくても子供を育ててみたい方。 もうひとつの選択肢「養子縁組」について考えてみたことはありますか? 実子以外は絶対考えられないと思っている …