【第2話】小学生男子が大好きな「下品ワード」に悩む日々

投稿日:2020-02-21 更新日:

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。

今日は小学生男子の大好物ワードについてご紹介したいと思っています。

男子と女子でこんなに違う!?初語から現在に至るまで

小学生男子が大好きな下品ワード
一般的には1歳半ころから初語がみられると言われています。

かわいい我が子の最初の言葉は何だとう、と親としてはとても楽しみで気になるところです。

大抵の場合は「マンマ」とか「ママ」だったりして、夫はショックをうけるパターンが多いですね。

うちも娘の時はそうでした。
娘は言葉を話しはじめると、マシンガンのようにお話しをして、さすが女子という感じ。

一方、息子は2歳くらいまで本当に寡黙な男でした…。

親戚やご近所さん、そして親があやしても笑いもしない、泣きもしない、ブス~っとした赤ちゃんでした。

可愛いねーと言ってくれる大人たちに、私はいつも「すみませーん。」と 苦笑いをしていました。
小学生男子が大好きな下品ワード

言葉の出始めにはかなり個人差があると言われていますが、1歳違いの娘とは大違いだったので、少し心配もしました。

そんな息子は、2歳を過ぎたころからやっと喋り出し、3歳には娘と一緒にマシンガントークで私を振り回すようになりました。

そして5歳になるとついに!本領発揮して男のの大好物ワードを連呼しまくり。

そう、始まったのです、うんこブームが。

男の子大好きな言葉ランキング(minamama家の場合)

男の子ママなら、わかって頂けるかと思いますが、男の子の大好きワードといえばこんな感じ…。
我が家の場合はこのようなランキング結果でした。
小学生男子が大好きな下品ワード
なぜなのでしょう、男の子はみんなうんこが大好きです。

うんこドリルが発売された時はかなり驚きましたが、小学生の間でブームになったのも、納得!といった感じです。

普段、自分から進んで勉強しない息子も、うんこドリルを楽しんでやっていました。(しっかり頭に入っているかはまた別の話ですが…。)

うんこ大魔王にとりつかれているのでは!?と思うほど、毎日のように「うんこネタ」で大爆笑しています。
小学生男子が大好きな下品ワード
どうしてこんなにもこのワードが好きなのでしょう。

気をつけたい!下品な言葉と人を傷つける言葉

小学生男子が大好きな下品ワード
小学生男子になると、口の悪さが目立ち始め、下品なワードのオンパレードもさらに加速。

「くだらない下ネタ(うんことか)を言うのはやめなさい!」と怒っても逆効果です。

その言葉を言った時の親や周り反応を見て楽しんだり、男子同士のコミュニケーションだったりするようなので、自分が「それは恥ずかしい言葉だ。」と思うまで徹底的に無視してれば、そのうち飽きるだろう…と思っています。

一方、「きもい」とか「死ね」とか人を傷つける言葉に関しては、しっかり向き合って注意する必要があります。

我が家の場合は、人を傷つけるようなワードが頻繁に出てきたら、「なぜそんなことを言ってしまうのか。」という部分まで掘り下げて聞くようにしています。

しかし我が家の場合は、恥ずかしながら、当分下ネタにとりつかれた男子に悩まされることとなるでしょう。
小学生男子が大好きな下品ワード

今後も暖かく見守って頂けたら幸いです。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
minamama
都内で働く看護師ママ。
影の薄い夫とやんちゃな小学生2人の4人家族。
家事と育児の合間に絵を描くのが唯一の楽しみ。夢は世界に羽ばたく絵本作家。座右の銘は「何とかなるさ」。

関連記事

「PTA・保護者会」参加するなら、これだけは気をつけて!

幼稚園・保育園・小中学校には保護者会やPTAというものが存在します。 簡単に言うと、保護者会とは、「保護者が中心になって、子ども達のために活動する集まり」であり、PTAは「保護者・学校・地域が一緒にな …

【1分で簡単チェック!】倦怠感や体の不調…それは仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …

高齢出産リスク体験談

【実態調査】先輩ママが教える!高齢出産メリット・デメリット<アンケート結果発表>

「高齢出産」と呼ばれるのは何歳からかご存知でしょうか。 日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されています。 近年、芸能人でも高齢出産での妊娠を公表す …

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<4~6歳編>

・<0歳~1歳編> ・<2~3歳編> と書いてきましたが、今回は「4歳~6歳編」です。 どの年齢の子ども達にも言えるのですが、自分の気持ちをうまく伝えられるようになるには、大人の力が必要です。 4歳か …

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …