秘密ゼロは危険? 夫婦間でもオープンにすべきではない3つの大事なこと

投稿日:2020-01-26 更新日:

夫婦間秘密にすべきこと

夫婦なんだから、何でも打ち明け合うべき。
秘密がある夫婦はうまくいかない。

こんなことをいう人、いますよね。

確かに間違いではないけれど、夫婦の間でも秘密にしておいたほうがいいことってあるんです。

何でも打ち明けていると、逆に、夫婦仲が悪くなっちゃうかも……?

「秘密=思いやり」という考えもある

夫婦間秘密は思いやり

「秘密を持つ」と聞くと、なんだかだましているような気がして、悪いことに思えるかもしれません。

ですが、少し考えてみましょう。

心の中に、悪口が浮かんだとします。

それを、ぐっとこらえ、心の中に隠すことってありますよね?

「こんなことを言ったら、傷つけるかも」と、相手のことを慮ってこらえることは、思いやりです。

たとえ夫婦という親しい間柄であっても、思いやりを持つことは大事。

そういう点で、秘密にしておいたいいことって、あるんです。

夫婦の秘密ごと1:過去の恋・過去の恋人や結婚相手のこと

夫婦間秘密にすべきこと過去の恋愛恋人結婚相手

昔あなたが付き合っていた恋人の話や好きだった人の話、そして、もし結婚経験があるのであれば、その相手の話……。

これらは、あまり恋人の前でしないほうがいいでしょう。

「昔話だし、別にいいじゃん」と思うかもしれませんが、それはあなたの感覚。

もしかしたら、その言葉に相手は傷ついたり、ショックを受けたり、不安になったりしているかもしれません。

たとえば、過去の恋人や結婚相手の容姿について褒めてしまえば、今のあなたのパートナーは、「自分より素敵な見た目だったのかな?」と感じることも。

「容姿は変えようがないし……」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。

「比べられているのかも……」とか「忘れていないんだ……」と感じさせてしまう話は、思いやりに欠けます。

夫婦間秘密にすべきこと過去の恋愛恋人結婚相手マナー

過去の恋・結婚の相手の話は、その人を褒める話題でも悪口でも、心の中にとどめて。

最低限のマナーと考えるといいかもしれません。

夫婦の秘密ごと2:相手の両親への不満

夫婦間秘密にすべきこと相手の両親への不満

付き合っている相手や結婚相手にも、あなたと同じように親がいます。

会話をしている中で、「うちの親なんて○○○で……」なんていう、ちょっとした愚痴みたいなものが飛び出すこともあるでしょう。

もしあなたがその愚痴に共感したとしても、勇んで「分かる!」と言ったり、一緒になって愚痴を言ったりするのはやめたほうがいいです。

自分の親について自分が悪く言うのはいいけれど、他人に悪く言われるのは気分が悪い。

身内のことって、やっぱり悪く言われたくないものです。

そういう話題は、しら~っと沈黙して受け流しましょう。

相手が親のことを悪く言わないのに、あなたのほうから、「あなたのご両親って、○○○なところがあって困るよね」みたいな話題を持ち掛けるのはもってのほか!

もちろん、気が合わないと感じることもあるかもしれません。

でもその気持ちを、わざわざ恋人や結婚相手に伝える必要は、ないのです。

夫婦の秘密ごと3:あなたが一生懸命貯めたお金のこと

夫婦間秘密にすべきこと貯金

金銭感覚について話し合うことは、交際や結婚を長く続けるためには必要なことでしょう。

とくに、結婚した場合、夫婦生活の家計はオープンにしておくことが大事。

お金の切れ目は縁の切れ目と言うほど、お金と人間関係は密接に関わっているのです。

ですが!

たとえ親密な仲へ進んだとしても、あなたが頑張って貯めたお金については内緒にしておいたほうがいいでしょう。

一人で贅沢をするため、ではありません。

万が一のときのためにお金をためておくことは、お互いの人生を大事にすることと同じです。

うっかり貯金額を伝えてしまったばっかりに、「じゃあ、あれもこれも買えるね」とか「生活費に使おう」なんて話になっていってしまう危険があるので、秘密にしておくことをおすすめします。

夫婦とはいえ、他人です。

すべてを打ち明けることですれ違いや誤解、衝突が起こってしまうリスクもあります。

思いやりや配慮といった意識は、夫婦仲を良い状態に保つために必要なものなのです。

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)は20代後半~30代の女性向けメディアサイトです。
ちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。
35style編集部では一緒にメディアを盛り上げてくれるライターさんを随時募集しています。応募や詳細は各SNSのDMでも受付けております!

関連記事

【実態調査】旦那に不倫されたら離婚する?やりなおす?<アンケート調査結果>

昨今なにかと話題になる「不倫」。 他人事ではないかもしれないその不倫、もし自分にも降りかかったらどうしますか? 妻に対する愛情が無くなった。 不倫相手の事を本気で愛してしまった。 離婚をして相手の女性 …

【中学生の息子】エロ、セックス、おしり…検索履歴に卑猥なキーワードがたくさん

男の子も女の子も思春期の真っ只中の中学生や高校生になると、親の知らないところでたくさん知識や情報を得たり、経験したりしますよね。 特に性的なことにも敏感になる年頃なので、親としてはどのように対応すべき …

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな人生の選択肢として注目を集めている卒婚。 卒婚とは、婚姻関係を維持しながら、夫婦それぞれが新しい道を選ぶ状態をさしています。 旦那さんは旦那さんで別の場所に住み、奥さんは奥さんで新しいことを始め …

選択的シングルマザーになった理由結婚自体に疑問

【第2回】再婚って最高!離婚経験ありでも、子持ちでも必ず幸せになれる!

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 前回(【第1回】離婚も再婚も経験したカフェオーナーが伝えたい、いろんな家族のカタチ)は簡単な私の今までの人生を描いたので、今回はシング …

「日本は妻の家事負担率が世界一!」夫に家事をやってもらう魔法の言葉

「イクメン」という言葉が流行り、男性も積極的に家事や育児に協力的になってきた日本。 しかし、世界で見てみると、日本の男性の家事分担率18.3%ワースト1位なのです。 (ちなみに2位のチリは24.5%で …