生きる力が低下している!?ちょうちょ結びが出来ない子供たち

投稿日:

ちょうちょ結びが出来ない子供
私の知り合いに、社会人になるまで「ちょうちょ結び」ができなかったという人がいます。

会社で資料をひもでとじるように言われて初めて、練習したそうです。

それを聞いた時は思わず目が点になってしまいましたが、どうやら笑いごとではないようなのです。

子どもの約80%がひも結びが苦手

ちょうちょ結びが出来ない子供

2016年3月、全国国公立幼稚園・こども園長会が全国の3歳~5歳の子どもの保護者と教員を対象に、「子供の生活技能」について調査をしました。

その発表によると、保護者・教員の約80%が、子供たちに「ひもを結ぶ技能」が身についていないと感じていることがわかりました。

ほかにも「箸を正しく持って使えない」「ふきんを絞れない」等が上位にあがっています。

どうやら、手先を使う技能が明らかに低下しているようなのです。

現代の子どもは昔に比べ手を使う遊びが減少

ちょうちょ結びが出来ない子供

なぜ、これほどまでに子供達の生活技能が低下してしまったのでしょうか。

その理由は、子供たちが手先を使わなくなったことが考えられます。

昔はあやとり・おりがみといった手先を細かく使う遊びが主流でしたが、現代はそういった遊びが廃れています。
また、ジャングルジムなど手先を鍛える遊具も減少しているといいます。

遊びながら練習を

ちょうちょ結びが出来ない子供

そこで、前述の園長会ではこんな練習方法を提案しています。

★まるめたタオルをひもでしばって、てるてる坊主のように頭と胴体にわける

★ハンカチを高いところから落として子供にキャッチさせる

これだけで、手先を使う練習になるのだそうです。

キレイなリボンで興味をひくのもいいそうですよ。

練習というよりも、遊びの延長で学んでいくのが大切なんですね。
私も親として、今後子供が困らないように、生活の中にちょっとした工夫を取り入れて一緒に取り組んでいけたらなと思いました。

【参考】
全国国公立幼稚園・こども園長会、産経ニュース

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

円満夫婦が続くコツ相手の趣味に興味を持つ

【35style編集部一押し】おこもり生活で読みたい書籍5選!

こんにちは!35style編集部です。 緊急事態宣言が解除され、長かったおこもり生活からゆっくりと以前のような生活を取り戻しつつありますが、まだまだ油断はできません。 今後もこれまで同様、基本的に外出 …

【第6回】コロナ禍でみつけた幸せの種

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 やっと自粛は解除されたもののコロナ渦で少し暗い世の中に傾いていますが、ちょっと心温まる出来事がありましたので“幸せの種”と称 …

女性は結婚した方が幸せ?しない方が人生お得なの?

みなさんは、「女性の幸せって何?」と聞かれたら何と答えますか? 真っ先に「結婚」と答える人は年々減ってきているのではないでしょうか。 今は女性のライフスタイルや価値観も様々。”結婚=幸せ”だったのは、 …

【1分で簡単チェック!】倦怠感や体の不調…それは仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …

【裏ワザ】咳・鼻づまりがピタッと止まる方法はコレ!

肌寒くなってきて、風邪をひく子どもが増えてきています。 咳や鼻づまりがつらくて夜も眠れないとなると、体が休まらず、免疫力も上がりません。 そんなつらい状況で使える、咳や鼻づまりがピタッと止まる裏ワザを …