「お利口さん」と言われる子に潜む危険!

投稿日:2021-02-23 更新日:


公共の場(例:病院など)で、静かに待っていられる子ども達を見かけると「お利口さんだな」と思います。

子どもは元気である事は当たり前で、「静かに」という事は、最も苦手な事であるように思えます。

その子にとって「お利口さん」と言われ続けることが、これから「危険」になる可能性があるんです。

親の言いなりはNG

子どもの頃「お利口さん」と言われたら嬉しかったですよね。

褒められると誰でも嬉しいです。

そしてどう思いましたか?「また褒められたいから、静かにしていよう」と、思った方も多いと思います。

ここなんです。

「また褒められたいから」という理由で、静かにするというのは、少し違うような気がするんです。

大切なのは「静かにしてくれていて助かった」という事を明確に子どもに伝える事だと思います。

  • 静かに待っていてくれたおかげで用事が早くすんだ。助かったよ。ありがとう。
  • お友達の○○くんと仲良く遊んでいたね。ママとても嬉しかったよ。
  • ご挨拶ちゃんとできたね。とっても立派だったよ。

「お利口さん」という理由だけで済ませるのではなく、何が良かったと子どもに伝えてあげる事で、「今、何をしなければいけないのか」という事を学んでいきます。

ただ、お利口さんと褒められると「親が喜ぶ事をすれば褒められる」と勘違いしてしまう場合があります。
そうなってしまうと、自分の意志が薄く、親の言いなり(ロボット状態)でいる事が一番良い状態となってしまい、「いい子を演じる子ども」になってしまうのです。

つまり、表と裏」がある子どもに成長する可能性があります。

叱る時も同じ

子どもを叱る時も同じです。

頭ごなしにいきなり叱られると大人だって納得できません。

「何故、いま、その行為をしてはいけないのか。」それを伝える事が大切です。

病院には、具合の悪い人がたくさん待っているの。だから、静かに待っていようね。

など、子どもも大人も同じです。

自分が納得できない事は、子どもも納得できない。

そう考えると、子どもにどんな声を掛けてあげるといいか、自然と浮かんできますね。

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

人間力を育てる! 子供の成長に必要な父親の子育てとは?

積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す「イクメン」という言葉は、すっかり浸透しました。厚労省は、男性の育児休暇取得率を2017年度には10%、2020年度には13%に引き上げることを目標とし …

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

2017年、警察が児童相談所に通告した虐待や虐待疑いの子供の数は65,000人超で、過去最悪。 社会的に認知されて通報が増えているとはいえ、子育ての悩みは昔からあったはずなのに、なぜ今これほど増加して …

熟年離婚回避夫に長く愛される妻になる方法感謝

【第5回】コロナ離婚も多いけど、もしパートナーがいなかったら…

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 新型コロナのニュースで一色になり、テレビを付けると不安になる、ひとりで家にいることが不安になるという状況になっている今。 こんな時、ぐ …

ママ心配…女の子とばかり遊ぶ男の子が小学校に入るとこうなった。

家で育児をしていると気づかないですが、集団生活に入って「あれ?」と気づく事があります。今まで何とも思わなかったけど、「うちの子大丈夫かな?」と不安になる事は、誰もが経験する事だと思います。 数年前、私 …

【第9話】兄弟ケンカは多くてもすぐに仲直り

こんにちは、看護師で二児のママ minamamaです。 我が家には、小学4年と5年の年子の兄弟がおります。 年が近いせいなのか毎日ケンカが耐えません、ケンカの仲裁をするだけでこちらの体力とエネルギーは …