「お利口さん」と言われる子に潜む危険!

投稿日:2021-02-23 更新日:


公共の場(例:病院など)で、静かに待っていられる子ども達を見かけると「お利口さんだな」と思います。

子どもは元気である事は当たり前で、「静かに」という事は、最も苦手な事であるように思えます。

その子にとって「お利口さん」と言われ続けることが、これから「危険」になる可能性があるんです。

親の言いなりはNG

子どもの頃「お利口さん」と言われたら嬉しかったですよね。

褒められると誰でも嬉しいです。

そしてどう思いましたか?「また褒められたいから、静かにしていよう」と、思った方も多いと思います。

ここなんです。

「また褒められたいから」という理由で、静かにするというのは、少し違うような気がするんです。

大切なのは「静かにしてくれていて助かった」という事を明確に子どもに伝える事だと思います。

  • 静かに待っていてくれたおかげで用事が早くすんだ。助かったよ。ありがとう。
  • お友達の○○くんと仲良く遊んでいたね。ママとても嬉しかったよ。
  • ご挨拶ちゃんとできたね。とっても立派だったよ。

「お利口さん」という理由だけで済ませるのではなく、何が良かったと子どもに伝えてあげる事で、「今、何をしなければいけないのか」という事を学んでいきます。

ただ、お利口さんと褒められると「親が喜ぶ事をすれば褒められる」と勘違いしてしまう場合があります。
そうなってしまうと、自分の意志が薄く、親の言いなり(ロボット状態)でいる事が一番良い状態となってしまい、「いい子を演じる子ども」になってしまうのです。

つまり、表と裏」がある子どもに成長する可能性があります。

叱る時も同じ

子どもを叱る時も同じです。

頭ごなしにいきなり叱られると大人だって納得できません。

「何故、いま、その行為をしてはいけないのか。」それを伝える事が大切です。

病院には、具合の悪い人がたくさん待っているの。だから、静かに待っていようね。

など、子どもも大人も同じです。

自分が納得できない事は、子どもも納得できない。

そう考えると、子どもにどんな声を掛けてあげるといいか、自然と浮かんできますね。

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

毎日をポジティブにする、シンプルでパワフルな10のルール

『最高の毎日を手に入れる人生の10か条』(ジョン・ゴードン著/久保陽子訳)は、アメリカで刊行後10年に渡って読み継がれ、多くの人々にポジティブなエネルギーを届けた名著の邦訳です。出版にあたり、「物語に …

小1、学校でおもらしが不安…「もう行きたくない」をこう乗り切った!

ある日、深刻な顔で相談に来たお母さんがいました。 話を聞くと、娘さんは小学一年生。授業中にトイレに行きたくなったが、先生に伝える勇気が無く、椅子に座ったまま…。Sちゃんの周りは小さな池が……な状態。 …

ママが言われて傷つく…夫の何気ない一言!5選

私が主宰する子育てイベントで、ママ達と話をしていると「パパに○○と言われ、とても腹が立った!」という事が聞こえてきました。 周辺のママとも話をしてみると、それぞれパパに言われて忘れられない言葉があるよ …

子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …

黒豆ダイエット効果

食べるだけで代謝UP&むくみも改善?黒豆ダイエット

ダイエット中のそこのあなた!体がむくむ、代謝が悪くてお肌もガサガサ… そんな悩みを抱えていませんか? そんな方にピッタリなのが「豆類」! 体の代謝機能をアップさせる効果があると言われているんです! そ …