「離婚すべき?」夫のことが愛せなくなった気がするときの思考転換術

投稿日:

離婚すべき夫愛せない思考転換

両想いになって交際を始めて、晴れて結婚!

とっても幸せで、「旦那さんのことが大好きだ―!」って叫んでもいいくらいだったのに、最近は、「好きじゃないかも……」って思ってしまう。

夫のことを愛せなくなった気がしているのなら、ちょっとだけ視点を変えて、自分の気持ちや思考を見つめましょう。

嫌いになったわけじゃないけれど……

離婚すべき夫愛せない思考転換嫌いになったわけじゃない

夫との夫婦生活を続けていくうちに、ふと「夫のことを愛せなくなった」と感じてしまうことって、少なからず誰にでも起こるもの。

ちょっとしたことが許せなくなったり、「夫のために」っていう気持ちがわかなくなったり……。

一度気づいてしまうと、どんどん夫を愛せない自分が見えてきてしまうこともあります。

嫌いじゃないけれど夫愛せない

一緒に家にいても、ほとんど会話がないことに、寂しくならない自分。

買い物に誘っても「一人で行ってきて」と言われて、気楽だと思っている自分。

セックスなどの触れ合いがなくても、「別にいいや」と思っている自分……。

「夫の○○○なところが嫌い」っていうわけではないし、浮気をされたわけでもしたわけでもない。

そんな自分が嫌で、夫と一緒にいるのがどんどん嫌になっていく。

そして、「いっそのこと離婚したほうがいいの?」と思ってしまう――そんな悪循環を断ち切りたいと思ったときは、夫への気持ちの向け方を見直すチャンスです。

理想の結婚生活へのアプローチ、してる?

夫婦関係思考転換術理想の結婚生活

見直す、と一言で言っても、「どこを見直したらいいの?」と思うかもしれませんね。

まず、考えてみてほしいのは、あなたが望んでいた理想の結婚生活です。

「おじいちゃん・おばあちゃんになってもラブラブで、いつでも一緒に手をつないで歩く」
「いつだってキスをしていられる夫婦」

どんな理想を持ってもいいですよ。自由です。

ですが、その理想を叶える努力を、夫任せにしていませんか?

いつだってキスがしたいのなら、夫がしてくるのを待つのではなく、自分からしていく。

手だって、あなたからつなぐ。

こうして、あなたの理想には、あなたからの行動で近づいていきましょう。

動いているうちに、愛情を感じる瞬間も生まれるはずです。

家事は何のためにしている?

夫婦関係思考転換術なんのための家事

夫のためにというモチベーションで家事と向き合っていませんか?

たとえ愛している人のためであったとしても、モチベーションが上がらないことはあります。

すると、「愛がなくなったのかも」と思ってしまうことに……。

家事は、二人で生きていこうが一人で生きていこうが、必ずすることになるものです。

“誰かのため”ではなく、“快適に生きるため”なのだと、思考を転換させてみましょう。

そうすれば「家事がしたくない」と思っても、“夫への愛がなくなったから”というのが理由ではないと自信を持てるでしょう。

一人で生活していくこと、想像したことはある?

夫婦関係思考転換術一人での生活

嫌いになったわけじゃないけれど、愛してもいない。

そんな気持ちになったとき、夫と離婚して、あるいは死別して、一人で生きていくことを想像してみて。

今の二人の生活は、夫の収入や協力があって成り立ちます。

そう考えると、「一生懸命働いてくれてありがとう」とか、「いつも支えてくれてありがとう」「健康でいてくれてありがとう」という気持ちにだってなりますよね?

その感謝の気持ちって、じつは愛情なのですよ。

恋人同士の時に感じていたドキドキや充足感だけが愛情ではありません。

離婚したくなった時の思考転換術

夫への愛に自信がなくなったとき、自分を責めたり、離婚を考えたりする前に、思考の転換をしてみましょう。

あなた自身見落としていた愛情が見つかるかもしれません。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

育児ブルー産後クライシス

【実態調査】出産したらハッピー♪ばかりじゃない。産後うつ、育児ブルー、産後クライシスはあった?

笑顔の絶えない家庭にしたいそう思いながら、待望の赤ちゃんを待ち、ついに待望の我が子とご対面。 はじめての育児で毎日あたふた。 夜は赤ちゃんの泣き声でまとまって眠れない… あれ?なんだか想像してたのと違 …

Q,家事、子育て、仕事と朝から晩まで忙しくて…時短メイクでもキレイに見せたい

「メイクもスキンケアも時間があるならゆっくりやりたい!」 しかし実際は”育児に、仕事に、家事に、やらなければならないことたくさんあり、時間がかけられない”という方も多いのではないでしょうか。 今回はダ …

「孤独に耐えられない人」に共通する3つの特徴

常にSNSを気にしていて、誰かとつながっていないと不安になったりしていませんか? 友達や同僚からの視線を意識しすぎて、本音をいうのを我慢していませんか? 自分の判断に責任を持つことを放棄して、いつも他 …

オードリー・タンの母が創った「子どもが主体的に学ぶ学園」のユニークさ

“台湾の天才IT相”オードリー・タン氏は、その稀有な知性ゆえか幼少期は学校になじめず、転校と不登校を繰り返した末に、自宅で学習することを決めました。周囲が猛反対するなか、母の李雅卿だけはオードリーの決 …

子どもが「習い事に行きたくない!」と泣く理由はママにあった。

私は、3歳から小学生までの子ども達に、歌・ダンス・表現のレッスンクラスを運営しています。 レッスンには、いろんな子どもが通っています。 楽しそうに通ってくる子ども達がほとんどですが、中には泣きながら、 …