しつけ 子育て 心のケア

生後10ヶ月頃から出てくる赤ちゃんの反抗期。対処法とは?

投稿日:2019-10-22 更新日:

赤ちゃんの反抗期対処法
「赤ちゃんの反抗期」と言うと皆さんは何歳くらいを思い浮かべますか?

多くの人は「魔の二歳」と呼ばれる「イヤイヤ期」が思い浮かぶかもしれませんね。

しかし、実は赤ちゃんって10か月~11か月に訪れる反抗期があるんです。

人生一度目の、自我のによる反抗期。赤ちゃんの成長の証です。

食事中始まった!赤ちゃんの反抗期は突然に

赤ちゃんの反抗期対処法

「自分でスプーンを使って食べたい!」という息子の思いによる反抗でした。

スプーンを渡すと、食べるのではなくスプーンでぐちゃぐちゃするだけで食べない。

それを見かねて食べさそうとすると、怒る→スプーン投げる→ご飯投げるの繰り返し。

最初は気長に接するのですが、そのうち私の方がイライラマックスに。

次の反抗はベビーカー。
ベビーカーに乗りたくないと泣き→体をのけぞり→蹴る

スーパーでベビーカーを押しながら抱っこしながら買い物をするということ、何度もありました。

赤ちゃんの反抗期の意味とは?

赤ちゃんの反抗期対処法

息子の様子を見ていると、反抗期に意味があることが分かりました。

まだ、言葉で自分の気持ちをうまく伝えられない出来ない赤ちゃんが、泣くことで周りに思いを伝えようとしているんです。

ただ、同時に、この時期の息子の涙には「これ、本気泣き?」と思えるような、意味のないものもあったように感じました。

赤ちゃんの反抗期:我が家はこうして乗り切った!

赤ちゃんの反抗期対処法

1:優しくそっと抱きしめる

すぐに泣きやまないかもしれませんが、赤ちゃんの心の中にある理由のわからない感情が抱かれることで落ち着き、安心するようです。

2:気分を変えてあげる

家の外に出て空気感が変わるだけで泣きやむこともあります。

うちの息子は車好きなので「あ!車が見えるね」など気持ちが他に向くようにしてあげると気持ちが車に集中し、自然と落ち着きました。

3:赤ちゃんがやる前提で準備

食事などの場合、赤ちゃんが自分で食べる事を前提で少ない量を準備します。

おかわりの場合も、準備をしていた量と同じくらいの量をあげると、赤ちゃんは飽きることなく最後まで食べきることが出来ます。

4:ママの心の持ち方を変える

息子の場合は一度泣き始めるとベビーカーに乗ってくれません。

このような時にはママである私が自分の気持ちを切り替えるようにしていました。

「抱っこできる時期は、たくさん抱っこしてあげよう!」
赤ちゃんの反抗期対処法
このように心の持ち方を変えることで、自分のモヤモヤもスッキリしました。

子育ては大変です。
しかし、子どもが大きくなれば1つ1つが、かけがえのない思い出です。

赤ちゃん反抗期。ちょっとした工夫で楽しく乗り越えていきましょう!

赤ちゃんの反抗期対処法
四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-しつけ, 子育て, 心のケア
-

関連記事

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

家族との共同生活は、家の中をキレイに保つことがとても困難ではないですか? ママが掃除好きかどうかにもよりますが、一人一人のほんのちょっとの心掛けである程度スッキリするはずなのに、みんながやらなければ何 …

【プロに聞く】子どもの自転車デビューは何歳がいい?

我が家では子どもが1歳の頃に、義両親が自転車を買ってきました。 小さい子ども用ですから、子どもは座るだけ。 ほぼ大人が押しています。 小さい頃から自転車に慣れるという事は大切だと思います。 とはいえ、 …

【子供の偏食】簡単に改善できる3つの方法

「きゅうりキライ!」 「ピーマン嫌い!」 「トマト食べたくない!」 「ニンジンもイヤ!」 「お魚じゃなくてお肉がいい!」 子供の偏食に悩まされているママ、本当に多いですよね。 そんなママのお悩みが3つ …

ADHD工夫対策

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第1話:片付けができない

片づけられない、忘れ物や落とし物が多い、時間や期限に間に合わない… あなたはそんな自分を「自分がだらしないから」「性格に問題があるんだ」と責めていませんか?もしかしたら、別の原因があるのかもしれません …

子育て中のママに聞いた!イヤイヤ期の乗り越え術10選

2歳頃に突如としてやってくるイヤイヤ期。 今となれば笑顔で話ができる思い出ですが、その当時の私はイライラが爆発しそうなこともありました。 「やろう!」と言えば「やらない!」と言い、「じゃあ、やらない! …