価値観の違い 夫婦生活

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

投稿日:

倦怠期を乗り越える方法

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。

新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。

結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってしまうこと。

「なんか、つまんないな」

こうして始まる夫婦の倦怠期、うまく乗り越えていかないと大事になってしまうかも……。

恋愛ドキドキの賞味期限

恋愛ドキドキの賞味期限

そもそも、人に対してドキドキする恋心って、長続きしない感情だと言われています。

恋心の賞味期限って、どのくらいなのでしょう?

よく聞くのが、3年という期間。

これ、恋愛感情に関わるホルモンなどから導き出された期間です。

たとえば、3年間ほど交際をして結婚した場合、結婚する頃には恋愛感情が薄れているということになりますね。

……短すぎませんか、恋愛感情が保たれる期間(汗)。

どうしても倦怠期はくる

同じ洋服を毎日着ていたら、飽きますよね?

同じ食事ばかり続けていたら、うんざりもするでしょう。

それは、“慣れ”とも言いますし、“飽き”とも言います。

一緒に過ごす時間を多く持つことになる夫婦の関係でも、慣れや飽きは避けられません。

それが倦怠期なのです。

ですから、「倦怠期が来ないようにしよう!」と考えるのはナンセンス。

「倦怠期をうまく乗り越えよう!」と考えるのが、良好な夫婦仲を長く続けるコツなのです。

倦怠期を乗り越えるには?

倦怠期を乗り越える具体策どうあがいても来てしまう倦怠期は、どう乗り越えたらいいのでしょうか?

恋愛感情は、放っておけば3年ほどで消滅してしまいますが、倦怠期を乗り越えるには、やっぱり恋人のときのようなドキドキ感を味わうことは必須!

ドキドキするシチュエーションを、“自分たちで”作り出す努力こそ、倦怠期を乗り越えるポイントです。

では、自分で作り出せる“ドキドキを生み出す努力”の方法をご紹介します!

1:身だしなみを整えることで倦怠期を乗り越える

倦怠期を乗り越える具体策身だしなみチェック

恋人同士の頃は、デートの服に悩んだり、髪型にこだわったりすることもあったでしょうが、結婚生活が進むにつれ、生活に追われて身だしなみが後回しになることがあります。

ですが、やっぱり、配偶者の前では身だしなみを整えておきましょう。

配偶者の好みのファッションをしてみるのもアリですし、自分の好きなテイストを貫くのもアリ。

そんな姿に、配偶者は、言葉にはしなくてもドキドキしていたり、惚れ直したりしているはずです。

2:感謝と思いやりを会話に盛り込むことで倦怠期を乗り越える

倦怠期を乗り越える具体策感謝と思いやり

夫婦になると、「言わなくてもわかって」なんて気持ちがわいてくることも。

阿吽の呼吸、とか、以心伝心、とか、いい言葉はたくさんありますが、そのどれもが倦怠期を呼び寄せるものです。

「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、「お疲れさま」とねぎらいの言葉をかけたりすることから手を抜かないで。

感謝の気持ちを伝えられればうれしくて、気持ちはポッと温かくなります。

ねぎらいの気持ちを聞けば、「味方がいる」「分かってくれている」と思えて、愛を感じるはず。

「倦怠期なんて怖くない!」という関係を保てるでしょう。

3:スキンシップで倦怠期を乗り越える

倦怠期を乗り越える具体策スキンシップ

手をつないだり、ハグをしたり、出勤前のキスをしたりと、スキンシップを怠らないのも、倦怠期を乗り越えるには必要不可欠です。

ケンカをしても、眠るときは手をつなぐ。

なぜかわからないけど、一緒にいることに苦痛を感じるときも、「行ってきます」のキスは欠かさない。

そんなふうに、少し無理やりにでも触れ合いを持ちましょう。

やっぱり、恋愛のドキドキを味わうには、わかりやすく“恋人感”を出すのがおすすめ。

そのために、ハグやキスなどのスキンシップは効果絶大なのです。

怠期を乗り越えてラブラブに

倦怠期が来ても、その時期を乗り越えることができたら、絆はもっと強まります。

いつまでも夫婦仲良くラブラブに過ごしていきましょう!

編集:35style

-価値観の違い, 夫婦生活

関連記事

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな選択肢!?「卒婚」のメリットって?

新たな人生の選択肢として注目を集めている卒婚。 卒婚とは、婚姻関係を維持しながら、夫婦それぞれが新しい道を選ぶ状態をさしています。 旦那さんは旦那さんで別の場所に住み、奥さんは奥さんで新しいことを始め …

実態調査:離婚したいと思ったことってある?<アンケート結果発表>

いつまでも仲良くラブラブな夫婦でいたいと思って結婚したけれど、いつの間にか我慢の日々……なんてことはないですか? 夫婦の危機に直面したことのある人なら、誰でも一度くらい離婚を考えたことってあるのではな …

【実態調査】Q,あなたは夫や彼に言えない秘密はありますか?

あなたは彼や夫に隠し事はありませんか? 実はへそくりをため込んでいる、他に好きな人がいる、結婚前の男関係…などなど、「秘密は絶対墓場まで持っていく!」と決心している方も多いのではないでしょうか。 近い …

男女産み分け35styleサンゴスタイル医師監修

【医師監修】第2子は女の子が欲しい!男女の産み分けって本当に可能なの?

「男の子が欲しい」「女の子が欲しい」生まれてくる赤ちゃんの性別を希望したことがありますが? 最近では産み分け診療を行ってくれるクリニックもあるようです。 ネットショッピングで産み分けゼリーを購入できた …

Q.これってDV?暴言・暴力がひどい旦那をどうにかしたい!

「夫の暴言や身勝手さに耐えられない!」 そんな気持ちを抱え、日々我慢しながら過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、くらしのことなど日頃の「気が …