子どものやりきる力を育てる3つの環境づくり

投稿日:2019-09-16 更新日:


子どもには色々な可能性があります。

ちょっとした言動で「もしかしたら、この子は天才なんじゃないか」と思わせてくれます。

いわば、「親バカにさせる天才」が子どもなのかもしれません。

今回の「やりきる力」とは、子どもがこれからの長い人生で必要となる、「目標に向かって歩んでいく力」を育てるために、我が家で実践している環境づくりをご紹介します。

スグに出来る環境づくり

1.今日やるスケジュールを立てる

まず「今日やる事」のスケジュールを立てます。朝の起床の時間も計画に入れるなら、前夜にやっておくのも良いですね。

子どもが幼い頃は、細かいスケジュールは書かなくても、大きなイベント(公園に行く)などのみでも大丈夫です。

参考例

7:00 起床
7:30 朝ごはん
10:00 公園へお出かけ
12:00 昼食
18:30 夕食
20:00 就寝

こうしてスケジュールを立てていくと、「10時に公園にいくためには何をしなければいけないのか」という事が後々考えられるようになってきます。
ママの効率もグンと上がります。

10時に公園に行くためには、それまでに洗濯と掃除を済ませる。

など、時間の整理もついてきます。

2.無理のない程度で繰り返す

習い事などが始まると、やらなければいけない事が増えてきます。

一気にやってしまいたいという気持ちもありますが、大切なのは「楽しく、飽きる事なく続ける。」という事です。

一日5分、一日1ページなど。

お勉強や絵本の読みきかせなど、子どもにとって無理のない程度で継続し、その時間は親も一緒につき合うようにしましょう。

3.親も一緒にやる。

特にはじめのうちは「親も子どもと一緒になってやってみる事」が、子どもにとっても親にとっても良い効果を生み出すと思います。

手がかかり、骨が折れる事もあるかもしれませんが、そのうち一人ですすんで出来るようになるはずです。

また、親の応援を喜ばない子どもはいません。

一緒にやったその時間は、子どもの励みとなり、力となっていきます。

大切なのは「親も一緒」にやること。

我が家では、スケジュールを立てる「今日やるノート」というのを作り、子ども達は、前夜に、明日の予定を書き込んで寝るようにしています。

親はそのノートを見て、そのために自分は何が出来るかを考える事が出来るので、非常に効率も良く
また、子どもがどんな事を考えているかわかるので非常に役に立っています。

是非、やってみて下さい。おすすめです。


子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-ライフスタイル
-,

関連記事

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく泣 …

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。 知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。 え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子ども …

【魔法の言葉がけ】子どもが気持ちをうまく表現できるようになる!

大人になっても難しい「自分の気持ちを表現し伝えること」。 小さな子ども達はうまく自分の気持ちを伝えることができないため、つい手が出てしまうことがあります。 うちの子も、おもちゃを取られてついお友達をパ …

男女の発達の違い男の子叱り方

子どもの遊びに潜む危険…安全に体験させる方法とは?

最近は、自由に遊びたいだけ遊ぶ子どもが減ったような気がします。 公園を出ればスグ道路。昔のように自由に遊べる田んぼや空き地は減少。 子ども達を見守る地域の人との繋がりも減少。 そして遊び方も変化してい …

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

しつけのため? 言うことを聞かないから? 頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。 一方で、育児支援の世界的なモ …