子どものやりきる力を育てる3つの環境づくり

投稿日:2019-09-16 更新日:


子どもには色々な可能性があります。

ちょっとした言動で「もしかしたら、この子は天才なんじゃないか」と思わせてくれます。

いわば、「親バカにさせる天才」が子どもなのかもしれません。

今回の「やりきる力」とは、子どもがこれからの長い人生で必要となる、「目標に向かって歩んでいく力」を育てるために、我が家で実践している環境づくりをご紹介します。

スグに出来る環境づくり

1.今日やるスケジュールを立てる

まず「今日やる事」のスケジュールを立てます。朝の起床の時間も計画に入れるなら、前夜にやっておくのも良いですね。

子どもが幼い頃は、細かいスケジュールは書かなくても、大きなイベント(公園に行く)などのみでも大丈夫です。

参考例

7:00 起床
7:30 朝ごはん
10:00 公園へお出かけ
12:00 昼食
18:30 夕食
20:00 就寝

こうしてスケジュールを立てていくと、「10時に公園にいくためには何をしなければいけないのか」という事が後々考えられるようになってきます。
ママの効率もグンと上がります。

10時に公園に行くためには、それまでに洗濯と掃除を済ませる。

など、時間の整理もついてきます。

2.無理のない程度で繰り返す

習い事などが始まると、やらなければいけない事が増えてきます。

一気にやってしまいたいという気持ちもありますが、大切なのは「楽しく、飽きる事なく続ける。」という事です。

一日5分、一日1ページなど。

お勉強や絵本の読みきかせなど、子どもにとって無理のない程度で継続し、その時間は親も一緒につき合うようにしましょう。

3.親も一緒にやる。

特にはじめのうちは「親も子どもと一緒になってやってみる事」が、子どもにとっても親にとっても良い効果を生み出すと思います。

手がかかり、骨が折れる事もあるかもしれませんが、そのうち一人ですすんで出来るようになるはずです。

また、親の応援を喜ばない子どもはいません。

一緒にやったその時間は、子どもの励みとなり、力となっていきます。

大切なのは「親も一緒」にやること。

我が家では、スケジュールを立てる「今日やるノート」というのを作り、子ども達は、前夜に、明日の予定を書き込んで寝るようにしています。

親はそのノートを見て、そのために自分は何が出来るかを考える事が出来るので、非常に効率も良く
また、子どもがどんな事を考えているかわかるので非常に役に立っています。

是非、やってみて下さい。おすすめです。


子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-ライフスタイル
-,

関連記事

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …

夫婦同寝で制約増加

新婚初夜のすれ違いトラブル。妻が家出。夫は・・・。

私は、二週間という超スピード婚でした。そんな新婚初日のお話です。 入籍した日は嬉しくて、ウキウキの止まらない私は、昼間から手の込んだ料理を作り始めた所からスタートします。 自分の気持ちを押し付け過ぎた …

子どもにはママからは「安心」、パパからは「社会」を与えることが必要!

子どもにとってママとパパは、とっても必要な存在です。我が家の子どもは、幼い頃は「ママ、ママ!」と、私から離れませんでした。 が、ある年齢になると「パパ、パパ!」と、パパが大好きになり、あんなにママがい …

イヤイヤ期突入! 子供と上手に付き合う簡単な方法

実は早いと生後6か月から始まっているとも言われている、子供のイヤイヤ期。 毎日忙しく頑張っているママにとっては、イヤイヤが始まると「ここできたか……」と悲しい気持ちになったり、ストレスを感じたりするこ …