私は悪い親?子育てのタブー「5K」かも【チェック!】

投稿日:2019-06-06 更新日:

子育て5Kゴケー
抜いだ洋服を片付けない、宿題をなかなかやらない、忘れ物が多い…
なんだか子どものやることすべてがきちんと出来ていなと気になる!!

そんな思いをしたことありませんか?

もしかしたら、皆さんは子育てのタブー「5K」に足を踏み入れているかもしれません。
これって干渉しすぎなの?それとも放置しずぎ?と気になった方は、いい機会なのでチェックしてみてください。

子育てのタブー「5K」とは?

子育て危険毒親5K

  1. 過保護
  2. 過干渉
  3. 過期待
  4. 過放任
  5. 過許可

と言われています。

1:過保護

親が子どもに対して手をかけ過ぎ、子どもの自発性を奪うことです。

親が過保護すぎると、子どもは自分から積極的に行動しなくなり、依存心の高い人物に成長する可能性があります。

2:過干渉

「5時までに帰ってきなさい」「おやつは宿題が済んでからにしなさい」など、親が先回りをして口に出し、子どもの行動を支配することです。

親が過干渉すぎると、子どもは何事も他人のせいにする指示待ちな人物に成長する可能性があります。

3:過期待

親が子どもに対して期待をかけ過ぎることです。

親が期待をかけ過ぎると、「何かと人のせいにする人物」や、誰かに頼らなければ生きてけないような自信のない人物に成長する可能性があります。

4:過放任

親が過度に放任することです。

親が放任しすぎると、寂しい気持ちを抱えた乱暴で冷淡な自分勝手な人物に成長する可能性があります。

5:過許可

子どもが望む以上の物・金銭、許可を親が与え過ぎることです。

親が過許可渉すぎると、子どもはすぐキレる人物・我慢できない人物に成長する可能性があります。

いかがでしたか?
5K」に当てはまっていませんでしたか?

しかし、子どもが可愛く心配で、どうしても口や手が出てしまうケースもあるでしょう。

そんな時には次の5つを意識しましょう。

子どもが伸びる親の接し方5つ

子育て接し方心のケア

  1. 自分の経験を話す
  2. 分からないことは調べる
  3. 子どもにチャレンジさせる
  4. 子どもに自信を持たせる
  5. 子どもと一緒に本を読む

この5つの接し方をすることで、子どもは

  • 自分はどうか考える
  • 調べることは恥ずかしくない
  • 現実は思い通りにならない
  • 挑戦することは大切だ
  • 色々な物の見方・考え方がある

などを知り、体感できるようになります。
子どもにとって、私たちが良い「道しるべ」でありますように…

編集:35style
出典:ママニティ


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

関連記事

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

子供と過ごす時、絵本はとても手軽に楽しめます。 たった1冊でも、ほんの数分でも、読んでいる間だけはその絵本の世界に旅をして、再び現実に戻ってくるような満足感があります。子供にとっては発見の連続。 好奇 …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

パパと子どもには「第三者」の言葉を借りて「貼り紙」で伝える

家族との共同生活は、家の中をキレイに保つことがとても困難ではないですか? ママが掃除好きかどうかにもよりますが、一人一人のほんのちょっとの心掛けである程度スッキリするはずなのに、みんながやらなければ何 …

流産死産体験談

つらい体験をしたのはあなただけじゃない…497人が語ってくれた流産・死産の体験談

流産の頻度がどのくらいかご存知でしょうか。 日本産婦人科学会のデータによると、医療機関で確認された妊娠のうち15%が流産を経験すると言われています。この数値を見ると消して低い確率ではないことが分かりま …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子供にお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …