みんなのお金事情 子育て 教育・制度 教育資金

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

投稿日:2019-01-12 更新日:

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
今の子ども達は保育園・幼稚園の時から習い事で追われる日々を過ごしています。
英語、硬筆、ピアノ、スイミング…。

どれも子ども達の可能性を考えた習い事。
そして、子ども達の可能性を考えれば考えるほど、お金は出ていく一方。

いくらあっても足りません。

しかし、お金をかけずに家庭で簡単に子供の可能性を伸ばす方法があります。

今回は我が家で実践している3つの方法を紹介します。

四柱推命

お金をかけずに子どもを賢くする方法その1:「今日は何をしたの?」と聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
保育園・幼稚園・学校から帰ってきた子どもに「今日は何をしたの?」と聞いてみましょう。

例えば「砂場で遊んだよ」と答えてきたら

母「どんな事をして遊んだの?」
子「トンネルを作ったの!」
母「誰と作ったの?」
子「●●くんと◇◇ちゃんと作ったよ!」
母「そうなのね!トンネルってどう作るの?」

というように会話形式で質問をしていきます。

この会話、実は自然とその日の復習になっているのです。

また、人に教えることで本人の理解が深まるそうです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その2:絵本を使って聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
まずは、子どもと一緒に絵本を読みます。
その後、絵本を閉じて子どもにクイズ。「●●をしていた女の子は何人いた?」
「おじいちゃんは何色の服を着ていた?」

この絵本をつかったクイズは、アメリカで高IQを育てたという「絵本を使った記憶遊び」の手法を取り入れています。

子どもの記憶力向上に繋がるだけでなく絵本に対する集中力も変わるそう。

ぐずりがちな移動の時間の遊びにもぴったりな遊びです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その3:生活習慣を整える

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

大人も子どもも、生きていくための基礎は生活習慣です。

しかし、最近の子どもたちはよく体を動かし、よく食べ、よく眠るという当たり前で必要不可欠な生活習慣が大きく乱れていると言われています。

そこで実践したいことが早寝です。

早寝をすると、朝、保育園・幼稚園・学校に行く時間に普通に起きるだけで、睡眠を十分に摂ることができます。

睡眠は体を成長させるだけでなく、脳を休ませ記憶を定着化させることにも役立ちます。

たっぷり睡眠をとることができれば、日中は元気いっぱい動くことができます。
そして、頭が冴えているため知識が頭に入りやすくもなります。

山吹

以上、3つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

これらは簡単に取り入れられますし、自分なりに応用できるものばかりです。

お金をかけないこれらの方法、試してみてはいかがでしょうか?


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-みんなのお金事情, 子育て, 教育・制度, 教育資金
-

関連記事

東京と地方の貧困、悲惨なのはどっち?

ここ数年、貧困の問題が大きくクローズアップされています。 実際、貧富の差は広がっており、優雅な暮らしを楽しむ富裕層が増えた反面、約6人に1人が貧困層という現実もあります。 しかし、これはあくまでも平均 …

【藤田保先生が解説】2020年、小学校で英語が必修科目に!授業はどう変わる?

2020年度以降の小中学校の教育内容を定めた学習指導要領の改定に伴い、小中学生の授業が大きく変わります。 その中で一番大きな変化が「英語授業の必修化」ではないでしょうか。 それに伴い、中学・高校・大学 …

身体も財布もホクホクに!冬の電気代を簡単に節約できるコツ8選

寒い季節、あなたはどんな暖房器具を使っていますか? 暖房機器にはさまざまな種類がありますが、それぞれ暖め方に特長があります。 温風や赤外線で部屋全体を暖めるタイプは消費電力は高いものの、家族で暖をとる …

ADHDじっとしていられない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第7話:じっとしていられないナイ!

私、じっとしていられない女なんです。 ADHDってひとくくりに言っても、いろんな人がいるわけですが、それをざっくり3分類にしたのが、以前もご紹介した 「不注意優勢型」「多動性・衝動性優勢型」「混合型」 …

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …