お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

投稿日:2020-12-08 更新日:

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
今の子ども達は保育園・幼稚園の時から習い事で追われる日々を過ごしています。
英語、硬筆、ピアノ、スイミング…。

どれも子ども達の可能性を考えた習い事。
そして、子ども達の可能性を考えれば考えるほど、お金は出ていく一方。

いくらあっても足りません。

しかし、お金をかけずに家庭で簡単に子供の可能性を伸ばす方法があります。

今回は我が家で実践している3つの方法を紹介します。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その1:「今日は何をしたの?」と聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
保育園・幼稚園・学校から帰ってきた子どもに「今日は何をしたの?」と聞いてみましょう。

例えば「砂場で遊んだよ」と答えてきたら

母「どんな事をして遊んだの?」
子「トンネルを作ったの!」
母「誰と作ったの?」
子「●●くんと◇◇ちゃんと作ったよ!」
母「そうなのね!トンネルってどう作るの?」

というように会話形式で質問をしていきます。

この会話、実は自然とその日の復習になっているのです。

また、人に教えることで本人の理解が深まるそうです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その2:絵本を使って聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
まずは、子どもと一緒に絵本を読みます。
その後、絵本を閉じて子どもにクイズ。「●●をしていた女の子は何人いた?」
「おじいちゃんは何色の服を着ていた?」

この絵本をつかったクイズは、アメリカで高IQを育てたという「絵本を使った記憶遊び」の手法を取り入れています。

子どもの記憶力向上に繋がるだけでなく絵本に対する集中力も変わるそう。

ぐずりがちな移動の時間の遊びにもぴったりな遊びです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その3:生活習慣を整える

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

大人も子どもも、生きていくための基礎は生活習慣です。

しかし、最近の子どもたちはよく体を動かし、よく食べ、よく眠るという当たり前で必要不可欠な生活習慣が大きく乱れていると言われています。

そこで実践したいことが早寝です。

早寝をすると、朝、保育園・幼稚園・学校に行く時間に普通に起きるだけで、睡眠を十分に摂ることができます。

睡眠は体を成長させるだけでなく、脳を休ませ記憶を定着させることにも役立ちます。

たっぷり睡眠をとることができれば、日中は元気いっぱい動くことができます。
そして、頭が冴えているため知識が頭に入りやすくもなります。

以上、3つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

これらは簡単に取り入れられますし、自分なりに応用できるものばかりです。

お金をかけないこれらの方法、試してみてはいかがでしょうか?



-マネー
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

定期預金は本当にノーリスク? 「お金は安全確実な定期預金で貯めている」 そんな方も多いのではないでしょうか。確かに株は、定期預金のように元本保証されてはいません。新聞で「日経平均急落」などの文字が躍る …

【人生100年時代の教育資金】第2回:これから直面する、こどもの教育資金対策とは

住居費や老後費と並んで「人生の3大支出」に数えられる子どもの教育費。 人生100年時代には、教育資金はどのように備えていけばいいか考えてみましょう。 【人生100年時代の教育資金】1人あたりの教育費っ …

“夢のマイホーム” みんなはいつごろ買ってるの?

いつかは手に入れたい“夢のマイホーム” 漠然とでもそう考えている人は少なくないでしょう。 ですが、具体的に購入を考えていない人たちは、 マイホームってどのタイミングが買い時なのか? みんなはいつごろ買 …

今年はいくら?気になる2017年冬のボーナス事情

待望の冬のボーナス! なかなか景気が回復しないなか、いったいどれくらい支給されるのか? 夫のボーナスも気になるけど、ご近所さんのボーナスも気になる…。 そんな方が多いのではないでしょうか? そこで今回 …

戸建購入無謀30代シングルマザー2児ママ悩み

【FPが回答】戸建て購入は無謀?30代、シングルマザー2児のママさんの悩み

最近では離婚自体が珍しいことではなく、ひとり親世帯も厚生労働省の「全国母子世帯等調査」をみると、年々増えています。 しかし、一方で日本のひとり親貧困率が主要国ワースト1に陥っている現状もあります。 今 …