お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

投稿日:2019-01-12 更新日:

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
今の子ども達は保育園・幼稚園の時から習い事で追われる日々を過ごしています。
英語、硬筆、ピアノ、スイミング…。

どれも子ども達の可能性を考えた習い事。
そして、子ども達の可能性を考えれば考えるほど、お金は出ていく一方。

いくらあっても足りません。

しかし、お金をかけずに家庭で簡単に子供の可能性を伸ばす方法があります。

今回は我が家で実践している3つの方法を紹介します。

四柱推命

お金をかけずに子どもを賢くする方法その1:「今日は何をしたの?」と聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
保育園・幼稚園・学校から帰ってきた子どもに「今日は何をしたの?」と聞いてみましょう。

例えば「砂場で遊んだよ」と答えてきたら

母「どんな事をして遊んだの?」
子「トンネルを作ったの!」
母「誰と作ったの?」
子「●●くんと◇◇ちゃんと作ったよ!」
母「そうなのね!トンネルってどう作るの?」

というように会話形式で質問をしていきます。

この会話、実は自然とその日の復習になっているのです。

また、人に教えることで本人の理解が深まるそうです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その2:絵本を使って聞く

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法
まずは、子どもと一緒に絵本を読みます。
その後、絵本を閉じて子どもにクイズ。「●●をしていた女の子は何人いた?」
「おじいちゃんは何色の服を着ていた?」

この絵本をつかったクイズは、アメリカで高IQを育てたという「絵本を使った記憶遊び」の手法を取り入れています。

子どもの記憶力向上に繋がるだけでなく絵本に対する集中力も変わるそう。

ぐずりがちな移動の時間の遊びにもぴったりな遊びです。

お金をかけずに子どもを賢くする方法その3:生活習慣を整える

お金をかけずに子どもを賢くする3つの方法

大人も子どもも、生きていくための基礎は生活習慣です。

しかし、最近の子どもたちはよく体を動かし、よく食べ、よく眠るという当たり前で必要不可欠な生活習慣が大きく乱れていると言われています。

そこで実践したいことが早寝です。

早寝をすると、朝、保育園・幼稚園・学校に行く時間に普通に起きるだけで、睡眠を十分に摂ることができます。

睡眠は体を成長させるだけでなく、脳を休ませ記憶を定着化させることにも役立ちます。

たっぷり睡眠をとることができれば、日中は元気いっぱい動くことができます。
そして、頭が冴えているため知識が頭に入りやすくもなります。

山吹

以上、3つの方法を紹介しましたが、いかがでしたか?

これらは簡単に取り入れられますし、自分なりに応用できるものばかりです。

お金をかけないこれらの方法、試してみてはいかがでしょうか?


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

関連記事

【人生100年時代の住まい対策】第4回: 賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

人生が長くなれば、「住まい方」についても考え方を変えていく必要があります。 長期的な住まい方、そして終の棲家をどうするかなどについても考えてみましょう。 過去のコラムはこちら ◆【人生100年時代のマ …

発達障害料理苦手

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第4話:料理ができナイ!

私、家事が苦手な女なんです。 ありとあらゆる家事がほぼ壊滅状態ですがw、その中でも第一回では「片付けができない」についてご紹介いたしました。今回は料理について。 私は2017年7月に児童精神科にてAD …

【アンケート】お子さんのために、月にいくら貯金している?

将来、進学するときに必要になってくるお金。 学費の総額は私立・公立どちらを選択するかによって大きく変わってきますが、幼稚園~大学までオール公立を選択しても1,000万円ほど、オール私立だと2,000万 …

密かな人気!個人向け国債の魅力

超低金利時代が長く続き、銀行の普通預金は年利約0.01%、定期預金でも約0.1%です。100万円を1年間預けたとしても普通預金では100円、定期預金でも1000円しか利息がつきません(いずれも税引前) …

資産形成の基礎はインデックスファンドを活用しよう

なんのために投資信託を購入するのか。目的をきちんと考えているでしょうか。 実際に投資を始めると、つい「どんな投資スタイルが有利か」「どの投信が儲かるのか」などに興味が向きがちです。 それが一概に悪いと …