子育て 心のケア

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

投稿日:2018-05-06 更新日:

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…
遠足、行楽シーズン、運動会…

「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。
子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。

親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情なのではないでしょうか。
今回は涙なしでは読むことが出来ない、

両手が不自由なお母さんが息子の為に作り続けたお弁当のお話」

をご紹介いたします。

母が無理して作った「見た目の悪い」お弁当

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。

ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。
でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、とうとう

「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」

と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。”

段々と見た目も味も良くなってきたその時…

“時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。

しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。

不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。”

母の死後、父から聞いた「真実」とは…

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

“弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。

母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい

そして後日、その定食屋に行って見た。
定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。

そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。
それの定食を頼んだ。

そして、それを口にしたとたん、涙がこぼれてきた。

たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。

形は悪いけど、ずっと忘れないハンバーグの味

腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

母さんの弁当はもう食べられない。
でもこうしてそっくりな味のハンバーグを出してくれる定食屋があるのだ。

だから「あの味」を忘れずにすむ。
母さんが懐かしくなると俺はいまでもこの定食屋に来るのだ。”

お母さんは、自分の死期が近いことを感じていたのかもしれませんね。
いつも見た目の悪いお弁当に申し訳ないと思った母が、最後になんとか挽回して息子の記憶へと残してあげたかったのでしょう。

この「ハンバーグ」の味はまさにおふくろの味ですね。

出典:泣ける話 – 母さんのハンバーグ 【おふくろの味】


ゆーみん
結婚5年目のぐうたら主婦ライター。「面倒なことがとにかくキライ」をモットーに くらし・料理・美容にまつわる便利・時短ワザをご紹介。 一方で妊活・子育てに関する情報もじんわり発信していきます。


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-子育て, 心のケア

関連記事

「言葉の離乳食」とも言われる、わらべ歌の驚くべき効果とは?

「わらべ歌」と聞くと何を思い浮かべますか? 昔からの歌や遊びだと思う人もいれば、切なく感じる人、怖い印象を持っている人もいるかもしれませんね。 実は、この「わらべ歌」の中に意外と知られていない子どもへ …

男の子女の子育て方違い

秘密は脳の発達の順序の違い!男の子と女の子の育て方はこうも違う

一般的に、女の子のほうが育てやすく、男の子の育児は手こずる……と言われていますが、それは育児を担う母親目線での話なのかもしれません。 なぜなら、男性と女性とでは、脳の構造に大きな差異があるからです。 …

大人の発達障害遅刻

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第3話:時間に間に合わナイ!

私、時間に間に合わない女なんです。 あなたの周りにも、しょっちゅう遅刻してきたり、いつも時間ギリギリになったりする人っているんじゃないでしょうか。 ADHDタイプの人の中には、ついつい時間ギリギリにな …

人間力を育てる! 子供の成長に必要な父親の子育てとは?

積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す「イクメン」という言葉は、すっかり浸透しました。厚労省は、男性の育児休暇取得率を2017年度には10%、2020年度には13%に引き上げることを目標とし …

【まさか私が毒親?】モラ母が子供を不幸にする3つの特徴

女友達と一緒にランチをする時には、彼女の子供も一緒という機会が増えています。 自分の命よりも大切な大切な、我が子。 そんな思いで子供のために毎日頑張っている彼女たちのことを、私は尊敬しています。 一方 …