【パターン別】子供の嘘を常習化させないママの対応法

投稿日:2018-03-20 更新日:

【パターン別】子供の嘘を常習化させないママの対応法

先日、3歳の息子をもつ友達とランチをしていた時のこと。

「うちのコ最近、嘘つくようになったのよね……」

と、ため息交じりに話をしていました。

子供の嘘つき常習化を防ぐママの対応法

ママにとって子供の嘘は「うちの子にかぎって」という思いが強く、厳しく注意したくなるものですが、ちょっと待って!

ママの対応を間違えてしまうと、嘘をつくことが子供にとって当り前になってしまう可能性もあります。

そこで今回は、子供がつく嘘のパターン別に、子供の嘘つき常習化を防ぐママの対応法について、見ていきます。

「子供の嘘」の内容を見極める


子供がつく嘘は、大きく分けると、

  • 空想と現実の間にある嘘
  • 願望からくる嘘
  • 周囲から注目されるための嘘
  • 自分を守るための嘘

の4つが考えられます。

パターン1:空想と現実の間にある嘘

空想と現実の間にある子供の嘘
「お人形が話しかけてくれた!」という嘘です。

空想と現実の境目がはっきりしてくれば、このような嘘はつかなくなります。

特に強く注意することはなく、ママとしては子供が豊かな想像力を披露してくれているんだと楽しむくらいの気持ちでいれば大丈夫です。

パターン2:願望からくる嘘

パターン2:願望からくる子供嘘
予定はないのに「今度、新幹線に乗るんだ~!」といった、子供の願望からくる嘘です。

悪意をもって誰かを騙そうとしているわけではありませんので、強く注意するのではなく「今度ね」と、子供の気持ちに寄り添うひとことをかければ大丈夫です。

パターン3:周囲から注目されるための嘘

パターン3:周囲から注目されるための子供の嘘
ママはもちろん、周囲から褒められたい時や寂しさを感じている時に嘘をついてしまうケースです。

子供がこのような嘘をつく時には、いつも以上に子供を抱きしめたり話を聞いたりと、コミュニケーションにかける時間を多くとるように心がけてみてください。

そうすることで、このタイプの嘘は自然と少なくなります。

パターン4:自分を守るための嘘

パターン4:自分を守るための子供の嘘
「自分じゃなくて弟がやった!」など、人に押しつけるような嘘です。

子供にしてみると「本当のことを言ったら叱られる」という思いが強いために、つい、口にしてしまうのです。

このような場合は、強く注意しては逆効果。

「嘘をつかれるとママは悲しい」
「本当のことを言ってくれる方がママは嬉しい」

と伝え、子供が正直に打ち明けられる環境をつくることが大切です。

環境が整えば「お茶碗さん壊れちゃったね」と話しながら片付けているだけで、子供は自然に「ごめんなさい」と謝るようになります。

 

いかがでしたか?

どのような嘘のパターンであっても、心に余裕をもって子供の話に耳を傾けるということが、ママが対応をする上での重要なポイントです。

そして、嘘は人の信用を失う「ルール違反」になることもあるのだと、時間はかかってもしっかり教えたいものです。

 

【参考】ママニティ大百科, 大阪市ホームページより


ライター:美郷(misato)
お酒&お肉LOVEの妊活中ライター。2つ年上の旦那と東京で2人暮らし。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子供を妄想しつつ世界各国の育児ノウハウを収集中!


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

関連記事

物を大切にする子どもの育て方とは?

我が家には、おもちゃが溢れています。 私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。 理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。 いつでも買って貰えるこの環境。 物を大切にしない。 …

非行の種は3歳までに植えられる!? 防止策は……

「イラっ」とした時、ついつい表情に出してしまうことってありませんか? そんな時、よく「ひと呼吸おいて笑顔にすると気持ちが落ち着く」と言われます。 …が、イライラしてる時はイライラする! マ …

何歳がもっとも危険!?こどもの交通事故死

子どもは小学生になると行動範囲もグッと広がりますよね。 大人が送り迎えをしていた幼稚園・保育園の時とは違い、子供だけで公園に遊びに行ったり、交差点を渡る機会も増えていきます。 そこでいま一度、考えたい …

子どものやりきる力を育てる3つの環境づくり

子どもには色々な可能性があります。 ちょっとした言動で「もしかしたら、この子は天才なんじゃないか」と思わせてくれます。 いわば、「親バカにさせる天才」が子どもなのかもしれません。 今回の「やりきる力」 …

男の子は小学3年生まで「おたまじゃくし」?

うちの息子は、良く言えば、好奇心旺盛で元気。 悪く言えば、落ち着きがない。 娘の方が落ち着いています。一般的に、男の子は手がかかり、女の子は育てやすいと言われています。 もしかしたら、男の子の子育ては …