その食品は大丈夫? 医者や栄養士が食べないようにしている食品3種を公開

投稿日:2018-03-22 更新日:

その食品は大丈夫? 医者や栄養士が食べないようにしている食品3種を公開

私たちの体は食事によって作られています。

だからこそ、少しでも体に良い食材・食品を採ろうと響工夫しています。

しかし、自分の体にいい影響を及ぼすだろうと考えて口にしている食品の中には、医者や栄養士といった専門家が出来る限り食べないように努力しているものもあります。

一体どんな食品があるのでしょうか?

この事実に気がつかなければきっと口にしてしまうだろう食品3種類を紹介します。

1.賞味期限が異常に長い食品

賞味期限が異常に長い食品は口にしない

賞味期限が異常に長いということは、腐らないよう何かしらの対策が取られているということ。

そうです。添加物が多く使われている可能性があるのです。

添加物というと欧米で多く使われているイメージがあるかもしれません。確かにアメリカで許可されている添加物は140種類ですが、日本で許可されている添加物はアメリカの10倍以上となる1500種類もあるのです。

添加物には

  • ガンになりやすくなる
  • 肺炎や肝硬変になりやすくなる
  • アレルギーになりやすくなる
  • 精子や卵子が減りやすくなる

といったデメリットがあります。

面倒に思うこともあるかもしれませんが、可能な限り、賞味期限が短く、買ってきたらすぐ食べてしまうような食品を選びましょう。

2.オーガニック栽培されていないイチゴ

オーガニック栽培されていないイチゴは口にしない

子どもも大人も大好きなイチゴ。食べる機会が多いことでしょう。

皮をむかなくても実をそのまま食べることができる野菜や果物には、非常に量の多い残留農薬や化学肥料がたくさん。

残留農薬……化学肥料……体内に入ったら悪さをしそうなイメージ、湧きますよね?

ですから、イチゴを食べる時には可能な限りオーガニック栽培されているイチゴにしたいところです。

しかし、場合によってはオーガニック栽培されているイチゴを入手できないこともあるでしょう。

イチゴをボウルに入れて5分ほど流水につけておけば大丈夫

そのような時には、イチゴをボウルに入れて、5分ほど流水につけておきましょう。

そして、5分経ったらザルに取って、5回ほど流水でざるを振りながらイチゴを洗って下さい。

さらに、イチゴのヘタは流水で2度洗ったあとに切り取るようにしましょう。

これは、ヘタを落とした部分から農薬などの有害物質が入らないようにするためです。

3.缶詰トマト

缶詰トマトは口にしない

料理で使うことも多いトマト缶。缶の内部にはビスフェノールA(BPA)という成分を含んだ合成樹脂が塗られています。

このBPAは心臓病・糖尿病・肥満をはじめ、体内に取り込まれたBPAは精子の数を減らしたり、卵子を傷つけたりという悪さをします。

特に、幼い子どもの発育にBPAが悪影響を及ぼす危険性が高いので、女性なら知っておきたいところです。

対応策としては、固形のトマトからトマトピューレを自作するか、ビンに入ったトマトを使うようにしましょう。

固形のトマトからトマトピューレを自作するかビンに入ったトマトを使うとよい

 

いかがでしたか?

今後どのような対応をするのか、自分なりのルールを作るきかっけになれば嬉しいです。

【参考】exciteニュース,ウーリスなど


ライター:美郷(misato)
お酒&お肉LOVEの妊活中ライター。2つ年上の旦那と東京で2人暮らし。 毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウを収集中!


紫鶴ゆかりかく元祖縁結び無料占い赤い糸

-グルメ, ライフスタイル
-

関連記事

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

休日の終わりが刻々と近づく日曜夕方。 「やったあ!月曜日ワクワクするなー!」という方はいますか? 大抵は「あーまた月曜日が始まる…仕事かぁ」と憂鬱になる人が多く、筆者の元同僚は日曜の昼から気持ちが沈ん …

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

しつけのため? 言うことを聞かないから? 頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。 一方で、育児支援の世界的なモ …

【キレる子ども】生活の乱れが原因だった!?

子どもが成長を重ねるたびに可愛さが増していきます。 その反面「いつの間にこんな口答えできるようになったんだろう」と思ってしまいます(笑) 反抗期はいつか来る。 しかし「キレやすい子ども」に育たないよう …

8歳女の子ギャングエイジ反抗期

女の子の8歳からのプチ反抗期は育て方を変えてみよう!

8歳といえば、プチ反抗期。今まで、ママの話をよく聞いてくれていたけど、ある日突然の意志発動に、驚き戸惑うママの多いはず。 でも大丈夫。少し関わり方を変えれば、そのプチ反抗期も、これからの未来に良い成長 …

朝ごはん、ちゃんと食べている?学力低下や脳出血のリスクも

みなさんは、朝ごはんを食べていますか? 筆者はなるべく食べるように心がけていますが、忙しさを理由に食べない日も…。 子どもの寝起きが悪い時は、朝ごはんをしっかり食べずに学校へ行く、ということもあるので …