いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感

投稿日:2021-04-25 更新日:

いじめる、いじめられる子どもに共通してるのは自己肯定感
いじめた子といじめられた子、「どっちが悪い?」と、子ども達に意見を聞くと、いじめる方が悪いという子がほとんどですが、いじめられる子も悪いという子もいます。

そもそも、どうしていじめは起きてしまうのか。

実は、いじめる子といじめられた子どもには、共通した事があるのです。

「羨ましかった」という気持ちからいじめに発展したケースも多い

私が見てきた子ども達の中に、分かりやすい「いじめ」がありました。K君(いじめた側)とT君(いじめられた側)です。共に、小学三年生です。

K君は、いつもT君の家に遊びに行きます。
T君のゲームで遊び(本人には遊ばせない)、T君の分のおやつも食べる更に、T君に宿題をやらせ、K君はそれを写すだけ。

ひどい時は、T君の宿題や学校の教科書を近くの公園の砂場に埋めたりしていました。おとなしいT君は何も言わないので、ほぼ毎日のようにそんなことが続いたそうです。

ある日、T君の母親が異変に気付きます。最初は話さなかったようですが、少しずつ涙ながら話をしたそうです。ずっと小さな胸中で我慢してきたと思うと、母親は胸が締めつけられる思いだったそうです。その後、学校を通して両家で話し合いをし、いじめはなくなったそうです。

驚いたのはK君は、いじめの意識はなかったそうです。楽しかったし、T君も笑っていたから喜んでいるのかなと。逆にT君は、毎日が苦痛の連続、学校が終わるのが怖かったと。

K君は、毎日母親が家にいて、おかえりと迎えてくれ、おやつも出して貰えるT君が最初は羨ましかったというのです。そして、好きなゲームを買ってもらい、自由な時間を楽しめるT君に段々とイライラしてきたそうです。

自分は、毎日夜までひとりで留守番し、更に、父親からは〇〇大学にいけ。と、90点のテストを見て「100点じゃないのか」と言われる日だったそうです。きっと心にストレスを抱えている状態だったのだと思います。

いじめる、いじめられる子どもに共通してるのは自己肯定感

K君は、※1.自己肯定感が少なかったのでしょうね。だから、他人を攻撃する事で、自分の心を守っていたのだと思います。

そして、T君は、いじめれたことで、時間とともに自己肯定感が少なくなってしまった可能性が大いにあります。

いじめは子ども達の心に大きな傷を残します。

一見、いじめられた子の心の傷ばかりに目がいってしまうのですが、いじめた側の心にも大きな傷があります。しかも、いじめた側は、いじめる前から傷ついている場合がほとんどです。

子ども達の自己肯定感を育てるに、遅すぎる事はありません。気づいた今はそのチャンスです。

では、日々忙しい親たちは、どうやって自己肯定感を育てていけばいいのでしょうか?それは、また次回!

※1.自己肯定感
自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

白砂糖とは?

白砂糖は私たちの体にどんな影響を与える!?知られざる白砂糖の恐怖

ちょっと疲れたときに、チョコレートや飴を口にしたり、コーヒーの砂糖をいつもより多めにして、脳に糖分を補給! なんてことをしいませんか? でもそれ、実は錯覚なんだそう。体の疲れも気分の落ち込みも脳が支配 …

実態調査:離婚したいと思ったことってある?<アンケート結果発表>

いつまでも仲良くラブラブな夫婦でいたいと思って結婚したけれど、いつの間にか我慢の日々……なんてことはないですか? 夫婦の危機に直面したことのある人なら、誰でも一度くらい離婚を考えたことってあるのではな …

小学生女の子反抗期

発達障害の小5の娘の反抗期が凄すぎる!対処法はたったコレだけ!?

「この子に反抗期が来る日はあるのかな?」 長女が小さい頃、ふと考えたことがありました。当時から言葉の発達は遅めでしたが、天真爛漫な自由人だったので、「反抗期」がこないまま大人になるのではないかと本気で …

2歳になっても抱っこ紐が中心の子の生活はこうなっている

最近、いろいろ使いやすい抱っこ紐が増えてきましたよね。 子育て中のママの生活に欠かせないものとなってきています。 私も、子どもが小さい頃は抱っこ紐が大活躍! ベビーカーは嫌がっても、抱っこ紐は嫌がらな …

子どもにはママからは「安心」、パパからは「社会」を与えることが必要!

子どもにとってママとパパは、とっても必要な存在です。我が家の子どもは、幼い頃は「ママ、ママ!」と、私から離れませんでした。 が、ある年齢になると「パパ、パパ!」と、パパが大好きになり、あんなにママがい …