お金が貯まらない理由は嫌われているから!?お金に好かれる人の特徴

投稿日:2021-02-16 更新日:

お金に好かれる人の特徴
世の中には、なぜかお金が集まってくる人とそうでない人がいます。お金が集まってくる人は使ってもその分は行ってくるのに、そうでない人は出ていく一方です。

なぜ自分はこんなにも金運に恵まれていないのだろう……と悩んでいる人は、もしかするとお金から嫌われる習慣が身についてしまっているのかもしれません。今回はお金に好かれる人(=お金が貯まる人)と嫌われてしまう人の特徴をお話ししていきましょう。

お金に好かれる人はお金が好き

お金に好かれる人はお金が好き
人間でも自分が嫌いだなと思っている相手から、一方的に好きになってもらうのは難しいですよね。それはお金も一緒で、お金に対してポジティブなイメージを抱いている人の元には、自然とお金が集まります。

例えば「お金があったら家族で旅行をしたいな」と考えていたり、「こういうファッションに挑戦してみたい」と想像していたりと、楽しいイメージを抱いているのが特徴です。逆お金に嫌われている人はお金を稼いだり、物買ったりすることに悪いイメージを抱いているでしょう。

そして身近にいるお金持ちに対して「どうせ〇〇だろうと」決めつけて嫉妬するといった、ネガティブな感情がついてくるのが特徴になっています。

お金に好かれる・貯まる人はお金を大切にしている

お金に好かれる人はお金を大切にしている

お金に好かれる人は、決して無駄使いはしません。ときにはストレス発散のために美味しい食事や買い物をすることもあるでしょう。

しかし、一時的なストレスを発散するためにギャンブルをしたり、似合っていない高価なブランド品を衝動買いしたりといった行動はしません。お金の価値を知っているからこそ、どんなときでもムダな使い方はしないでしょう。

逆にお金に嫌われる人はストレス解消や自分へのご褒美を言い訳にして頻繁にコンビニに立ち寄るなど、後先考えず散財して後悔するといった、お金の使い方が雑な傾向があります。

お金に好かれる・貯まる人は自己投資が上手

お金に好かれる人は自己投資が上手

自分のスキルアップのため、勉強や習い事をスタートさせる機会も多くなります。お金に好かれる人はそういった自己投資をする際、きちんと目的とゴールを決めているのが特徴です。

例えば「一人で海外旅行がしたい。だからそれに対応できる英語力を身につける」といった、目的とゴールをしっかりと立てます。

しかしお金に嫌われている人は、「とにかくこれからの時代、英語ができた方が良いだろう」といった曖昧な目的からスタートし、ゴールを決めずにズルズルと続けてしまう傾向があります。そうなるとゴールが見えないためなかなか身につかず、ムダなお金を払い続けることになってしまうかもしれません。

お金に好かれる・貯まる人は家も財布の中もキレイ

お金に好かれる人は家も財布の中もキレイ

お金に好かれる人の財布の中は、常にきちんと整理整頓されており、ムダなポイントカードやレシートが入っていることはありません。それどころかお札の向きもそろえられており、今いくら持っていると把握しやすくなっているでしょう。

その他にも家も整理整頓されており、部屋の隅もきちんと掃除をしたり、トイレのフタも閉めたりと細やかな部分まで目が届きます。逆にお金に嫌われる人は、クジャクシャになったレシートや使わないポイントカードが溜まっており、自分でも財布の中にいくら入っているのか把握できません。

また部屋も散らかっており、家事全般において雑な傾向があります。

お金に好かれる人・貯まるは少数派になることを恐れない

お金に好かれる人は、とにかく好奇心が旺盛です。何か気になったことがあるのであれば。自分一人でも行動を起こしていくでしょう。

こうした孤独を恐れないといった姿勢は、お金を稼ぐ上で大切なことです。なぜかというと、人と同じことをしていても大金を得ることが難しいためです。

他の人と違ったことができるというのは、一つの物事に対して、まだ誰も見ていない視点から見ることができるということです。逆にお金に嫌われる人は他人に流され、一人で行動できない人が多いでしょう。むしろ一人で行動している人に対して、否定的な言葉を口にすることも多いのが特徴です。

お金に好かれる・貯まる人は周囲への感謝を忘れない

お金をもたらしてくれるのは、周囲にいる人です。お金に好かれる人は、他人が自分にチャンスをくれるからこそ、お金を稼ぐことができるということを無意識に理解しているでしょう。

そのため、日々のさまざまな出来事や出会った人に感謝の心を持っています。飲食店を出るときにもスタッフに「ごちそうさま」と声をかけるのも、お金に好かれる人に多い行動です。

逆にお金に嫌われる人は、自分のことばかりを考えています。自分にお金が巡ってこないのは、周りの人のせいだと考えているため、感謝するどころか恨みや嫉妬心を抱いているケースも多いでしょう。

飲食店のスタッフに対しても「こちらは客だ」「金を払っているのはこちらだ」と考え、横柄な態度を取りやすい傾向もあります。

まずはお金に好かれる・貯まる人の習慣を真似してみよう

貧乏を引き寄せる思考中古品型落ちNG

今回ご紹介したお金に好かれる人の特徴のほかにも、自分の周りにいるお金持ちの言動をチェックすることも大切です。それらを真似するだけで絶対にお金持ちになれるといったわけではありませんが、良い習慣は取り入れて損をするものではありません。

自分の目標としている人の言動をチェックしていけば、お金に好かれるヒントを見つけられるかもしれませんね。

-マネー
-, ,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

<祝・貯金成功!>誰でも簡単にできるお金を貯める3習慣

待ちに待った給料日! 生活費に子どもの習いごとに……とお金を振り分けていったらもうお金が足りない! と嘆く女性が少なくないでしょう。 また、お金を貯めようと無駄遣いをしないように頑張っても、なかなか貯 …

【夫のお小遣い】いくらが妥当?

月末になると、申し訳なさそうに「今月ちょっとピンチで…」と、お小遣いの不足を訴えてくる夫。非常によく聞く話ですが、みなさんはどうでしょうか? 家計を預かる妻としては、「会社の付き合いなどもあるのはわか …

【必見】消費・浪費・投資の違いを知れば節約できる!

マイホーム購入のため、将来の子供の学費など、家計のやりくりをしてがんばって節約し、貯蓄をしている方がほとんどだと思います。 しかし、思ったように貯まらない、これ以上節約できないと嘆いている方もいるので …

老後資金お金

【FPが回答】旦那に先立たれるたら……私の老後資金はどのくらい必要?

人生100年時代と言われる、今。 「老後資金2,000万円問題」という言葉を聞いたことも多いと思います。 はたしてそこまで老後資金は必要なのでしょうか? 今回の相談者は「子なし共働き夫婦、将来の老後資 …

投資先を分散させると、どうしてリスクは低くなるのか

分散投資はリスクを低減するための有効な手段の一つだ、と前回書きました。 今回はその理由について少し説明していきます。基本の考え方がわかれば、その後自分なりに応用していくことも可能になってくると思います …