【第8回】結婚相談所にはどんな人が入るの?

投稿日:2020-09-06 更新日:

東京都世田谷区でカフェをしながら結婚相談所で仲人業もしている戸村真琴です。
ステップファミリー再婚離婚経験結婚相談所世田谷

世の中がざわざわし始めると、急に家族を作ろうとする人間の本能的部分が動き出すのか、結婚相談所へのご入会がとっても増えているこの時期。

「どんな人が相談所にいるんですか?」
「どんな人に出会えるんですか?」
「やばい人しいかいないイメージなんですが普通の人もいるんですか?」

最初にご相談の時に、だいたいの方にこの質問をされます。

わたしの回答としては一つ。
「あなたみたいな方が相談に来てくれてる時点で、同じような素敵な人がいっぱいいますよ。」

結婚相談所にはヤバイ人しかいないというイメージは大間違い!!


「結婚」というタイミングが「今」だった人がご入会されてる、ただそれだけで誰とも結婚できなかったやばい人の集まりなんじゃないかと、思うのは大間違いなのです。

・ただ単に、今まで本当に出会いがなかった人。
・仕事が忙しく、がむしゃらに頑張ってきた素晴らしく真面目な人。
・大好きだった人と結婚できなかったから気持ちを切り替える為に入ってきた人。
・結婚に全く興味がなかったけど誰かの言葉をきっかけにハッとしてすぐ結婚に興味を持ち駆け込んできた人

いろんな方がご入会されています。

もしわたしが次の結婚するタイミングがあれば必ず相談所で探すだろうし、今から相手を探したい人には、腕を引っ張ってでも入会してほしいのが本音。

普段の生活をしていたらまず出会えない数の人の中から、相手を探すことができるなんて最高だし、
結婚したい!と思っている人しかいない安心感があります。

そしてその”結婚したいタイミング”が奇跡的に”今”という人に出会うことができるって素晴らしい。

そして身元情報もしっかりしていて安心安全で、使わない理由はないんじゃないか??と思っています。

自分の魅力ある部分に気付いて欲しい


恋人を作るのも友人も作るのも、自分自身の情報をどのように出して、相手に知ってもらうか。

知ってもらい、という感情からら新しい関係が始まるわけですが、結婚相談所に来る方々は、割と自分の良い部分を出すのが苦手だったり、口下手だったり、自分の魅力ある部分に気が付いていない方が多い気がしています。

とにかく女性も男性も優しい穏やかな方が多いのが私の印象です。

この方々の良い部分、おすすめ部分をわたしが全力でプッシュしていくぞ!という気持ちで仕事をしています。

苦手な部分は仲人にフルサポートしてもらえばいいし、そして少しずつ自身を付けて素敵な結婚へ向かて行ってほしい。

婚活することで、結婚へ向けてだけじゃなく、新たな自分と向き合うことで沢山の学びがあり今後の人生に学んだ事は気が 付いた事を活かしていけると思っています。

もはや婚活とかお見合いとか相談所へ相談に行くことは恥ずかしいことではないし、大きな一歩を先に踏み出したか勝ち組。
幸せになる一歩を踏み出しているんです。(今はオンラインでの相談などもありますし。)

まだまだ根強く残る、「相談所にいくなんてよっぽど困ってる人みたいで恥ずかしい」のイメージを吹っ飛ばしていきたいなと私は思っています。

いつも読んでくださってありがとうございます。
世田谷区役所の近くにカフェがあるので、お近くにお立ち寄りの際は、是非遊びに来てくださいね♪

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
戸村真琴
プロの歌手を目指して20歳で上京。夢破れ24歳で結婚し母になり、結婚の良さや家族のカタチもわからないままに28歳で離婚。シングルマザーに。

結婚って本当に最高!と心から思えたのは、今のパートナーに出会い子連れで結婚をして新しい家族になった瞬間。

血の繋がらないステップファミリーという家族のカタチ。

普通の結婚も普通じゃない結婚も、どちらも経験したからこそお伝えできる家族の豊かさやあたたかさがわたしにはあります。

世田谷でカフェも経営しています。
美味しいコーヒー を淹れますのでまずは気軽に会いに来てください。

関連記事

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …

発達障害がある子どもとの接し方

発達障害は“障害”ではない!?「発達障害がある子どもとの接し方」【Part2】

前回の発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」【Part1】では、発達障害を持つ人たちがどうしてその「障害」を感じさせず、成功をできたのか?という点について説明しましたね。 そ …

小1、学校でおもらしが不安…「もう行きたくない」をこう乗り切った!

ある日、深刻な顔で相談に来たお母さんがいました。 話を聞くと、娘さんは小学一年生。授業中にトイレに行きたくなったが、先生に伝える勇気が無く、椅子に座ったまま…。Sちゃんの周りは小さな池が……な状態。 …

大人の発達障害特徴サンゴスタイル

【大人の発達障害】アスペルガー・ADHDの症状・特徴

近年ではメディアでもよく大人の発達障害がよく取り上げられています。 人間関係がうまく気づけない、仕事で何度もミスを繰り返す、空気が読めない、集中力が続かない…など社会生活を送る上での生きにくさや困難さ …

いじめたといじめられた子どもに共通してるのは、〇〇感

いじめた子といじめられた子、「どっちが悪い?」と、子ども達に意見を聞くと、いじめる方が悪いという子がほとんどですが、いじめられる子も悪いという子もいます。 そもそも、どうしていじめは起きてしまうのか。 …