ゴシゴシはダメ! 「まつ毛」のダメージを減らし、抜け毛を防ぐためのポイント

投稿日:2019-11-16 更新日:

目を大きく見せるために、きれいにカールした「まつ毛」は重要な要素。しかし、誤ったクレンジングやビューラーの使い方をしていると、抜け毛などの原因となってしまいます。

ほかの部位よりも抜けやすい「まつ毛」

顔の印象を大きく左右する「まつ毛」。くるんときれいにカールしたまつ毛は目を大きく見せてくれるため、アイメークにしっかり時間をかけている人も多いはずです。しかし、メークをするたびにまつ毛が抜けてしまったり、まつ毛が少なくなったと感じたりすることはありませんか。ひょっとしたら、その原因は普段の何気ない習慣や、ビューラーの誤った使い方かもしれません。

オトナンサー編集部では、まつ毛へのダメージを減らし、抜け毛を減らすために注意したいポイントについて、まつ毛エクステ専門店「アイドットベアー銀座店」の小松爽店長に聞きました。

まつ毛が抜けやすくなる原因

 まつ毛は、毛根が皮膚の下のごく浅い場所にあるため、ほかの部位よりも抜けやすいのが特徴です。たとえば、目がかゆい時にまぶたを強くこすりすぎると、その刺激によって生えてきたばかりの毛も抜けやすくなります。特にクレンジング時は要注意。「アイメークを落とす時にまつ毛の根元をゴシゴシとこすってしまいがちですが、刺激を与えすぎるのはNG。指に力を入れず、まぶたを優しくなでるように洗いましょう。また、シャワーを直接当ててもいけません」(小松さん)。

また、まつ毛を上向きカールさせるために欠かせないビューラーの使い方にも注意が必要です。きれいにクセづけるために、つい力を入れて挟んでしまいがちですが、まつ毛にとっては危険なことだそうです。

「まつ毛はデリケートな毛なので、挟む時に力を入れすぎると毛が抜けたり、切れたりする可能性があります。本来、まつ毛は一定期間で生え変わりますが、ビューラーによるダメージを与えすぎると、新しいまつ毛が生えてくる前にどんどん抜けてしまい、毛の間隔がスカスカになることも。最悪の場合、毛根がダメージを受けて新しい毛が生えてこなくなるケースもあるほどです」

負担の少ないビューラーの使い方

ここでは、まつ毛の負担を少なくするビューラーの使い方と選び方をご紹介します。

【力を入れすぎない】

最も大事なのは、まつ毛を挟む時に力を入れすぎないこと。根元を挟んで一気に持ち上げるのではなく、「根元」「真ん中」「毛先」と3段階に分けて徐々にカールさせるようにすると、まつ毛への負担が少なく、カールも長持ちしやすくなります。

【大量のまつ毛を挟まない】
一度に大量のまつ毛を挟もうとすると、どうしても力が入ってしまいがち。うまく持ち上げられずに何度も繰り返してしまうと、ダメージにつながります。毛量を小分けにして少しずつカールさせるのがコツです。

【こまめにビューラーの手入れをする】
ビューラーのゴムは、マスカラやアイラインなどによって汚れやすい部分。汚れたままにしておくと、目の周辺に炎症などのトラブルが起きることもあります。使用後は汚れをふき取り、清潔に保ちましょう。また、ゴム部分がボロボロの状態だと、まつ毛が切れてしまう原因に。「ゴムの真ん中にくっきりと線や亀裂が入っていたら交換のサイン。見た目に変化がなくても、2?3カ月に1回は交換することをオススメします」。

【自分に合ったビューラーを選ぶ】
自分の目の形や大きさに合ったビューラーを選ぶのも、ダメージを減らすための大事なポイント。日本で販売されているビューラーは日本人の平均的な目の形に合わせていますが、カーブの角度がきついものと緩いものの2タイプがあります。ビューラーを使う時にまぶたの肉を挟んでしまう場合は、カーブがフィットしていない可能性大。顔と平行にした時、目頭から目尻までのまつ毛が一気に挟めるサイズがベストです。

(オトナンサー編集部)

▼家事が楽になる「魔法の家事ノート」アプリはこちら▼
魔法の家事ノート

関連記事

正月太りにも! ダイエットのカギは「食べる時間」にあった

ダイエットは「食事を減らす」ことと思い込んでいませんか。しかし最近の研究では「食べる時間」の重要性も証明されつつあるようです。ダイエットに挑戦中の人、挑戦したい人は参考にしてみてください。 ダイエット …

専門医に聞く、子どもの「便秘」の現状 原因・症状・家庭でできる予防&解消法とは?

子どもの約半数が便秘に悩んでいるといいます。親が気付くためのサインや改善法を、医師に聞きました。 子どもの便秘、原因や改善法は?   子どもの便秘患者が増えているといいます。中には、親が気付 …

理想的な「朝ごはん」のメニュー&レシピ

朝ごはんはよく「毎日食べるべき」と言われます。ここでは、健康にとって朝ごはんが持つメリットを踏まえた、理想的なメニューとレシピをご紹介します。 朝ごはんのメリットとは 「必ず食べたほうがよい」とされる …

「ストレス頭痛」の見分け方と対処法を解説

ストレスが原因で起きる「ストレス頭痛」をご存じですか。特に病気をしているわけでもないのに、頭の痛みが治まらない。そんなあなたはこの辺で、自分の頭痛と向き合ってみましょう。 そもそもストレス頭痛とは 日 …

冷やご飯はNG! おいしい冷凍のコツは「炊きたてを」「ふんわりと」

食べられると思って炊いたのに余ってしまったご飯。後日のために冷凍保存している人も多いと思いますが、そんな人のために、味を落とさずに食べるための保存・解凍方法をご紹介します。 (ご飯をおいしく食べるため …