子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?

投稿日:

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?
子どもに頼るママ。
何事も完璧なママ。
私はそんな2人に出会ったことがあります。みなさんは、どちらのママですか?

ママが子どもの先回りをして完璧にこなした結果

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?
数年前、なんでも完璧にやってくれるママに出会いました。

子どもがやる前に全て用意する。

子どもは何もしなくても、服や靴下だけでなく、持っていくものが準備されているんです。

「凄い!」と思いました。

こんなに先回りをして子どもが行動しやすいように準備出来るママは素敵だなと思ったんです。

しかし、その子どもは、忘れ物も遅刻も多い小学生になりました。

「なんでもやってくれるママなのに、どうして?」

私は疑問>に思っていました。

子どもに頼るママの場合、子どもはどうなったか

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?
同じ時期に、子どもに頼るママにも出会いました。

なんでも子どもに頼るママ。

「ママ、スグに忘れてしまうから、明日はこれを持っていく事を覚えておいて」

「〇〇ちゃんがしっかりしているから、ママ、とっても助かるわ!」

そのママはニコニコしながら子どもにお願いごとをしていました

子どもは…というと、
「わかった!」
「ママは忘れんぼうさんだもんね」
と、とても嬉しそうにしていました。

子どもに頼るママと完璧なママ。2人のママの違いとは?

子どもに頼るママと完璧なママ。2人のママの違いとは?
そうです。

自分ひとりでやるのか、子どもと一緒にやるのか、という事です。

一見、子どもの行動を先読みして、ママが準備などをしてあげる。それもすごく大事なことだと思いますが。
しかし、子どもの成長を考えた場合、後者のママが断然、良いのではないでしょうか。

子どもを信じ、子どもと一緒に成長する

子どもに頼るママの素敵なところは、ママが子どもの上に立ってないという部分。

それが分かり「はっ!」としました。

子どもに頼っていいんだ。
子どもに弱い部分を見せても大丈夫なんだ、と。

さらに、子どもに頼るママと子どもの間に、とても強い信頼関係を感じることが出来ました。

時には、心を鬼にして、子どもを信じてやらせてあげる、挑戦させてあげる。

失敗するのは当たり前で、失敗したら受け入れてあげる事がとても大切だなと感じました。

この2人のママ達は、ほんの一例です。

大切な子どもにとって良い影響がある、そんなママでいたいものですね♪

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

何歳がもっとも危険!?子どもの交通事故死

子どもは小学生になると行動範囲もグッと広がりますよね。 大人が送り迎えをしていた幼稚園・保育園の時とは違い、子どもだけで公園に遊びに行ったり、交差点を渡る機会も増えていきます。 そこでいま一度、考えた …

高齢出産リスク体験談

【実態調査】先輩ママが教える!高齢出産メリット・デメリット<アンケート結果発表>

「高齢出産」と呼ばれるのは何歳からかご存知でしょうか。 日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されています。 近年、芸能人でも高齢出産での妊娠を公表す …

いちご白書 安室奈美恵 月曜ドラマイン

あの人も出演していた!「いちご白書」から「イグアナの娘」まで!懐かしの月曜ドラマ・イン

「月曜ドラマ・イン」とは、90年代にテレビ朝日系列で、毎週月曜20時に放送されていた日本のテレビドラマ枠です。 中高生向けに作られていて、まだ無名だったり、ブレイク前夜の俳優・女優がたくさん出ていまし …

「半分、青い。」の原点がここに?北川悦吏子の90年代ヒットドラマ3選

「半分、青い。」の原点がここに?北川悦吏子の90年代ヒットドラマ3選

なにかと話題の朝ドラ「半分、青い。」を手掛けるのは、脚本家・北川悦吏子。 90年代は高視聴率ドラマを連発し、特にラブストーリ―を得意としたことから、 「恋愛の神様」と呼ばれておりました。 今回はそんな …

姑帰省土産マンネリ

脱マンネリ!うるさい姑もあっと驚く帰省時のおすすめ手土産3選

今年も、帰省の時期が近づいてきましたね。筆者も年末年始は帰省することが多いのですが、いつも悩むのが手土産。 特に主人側の実家に挨拶に行く際はそれだけで数日頭を抱えてしまいます。 筆者はどちらかといえば …